Let's shorten your Marathon Time!
(レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム!)


そう!

直訳いたしますと、皆さまご存知!!

「あなたのマラソンタイムを短くしましょう!」

・・・となります。

が、しかし、本来は、

「4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのフルマラソンタイムを
短縮させるお手伝いを致しましょう!
(^o^)/」


・・・を意味させたかったのですが。。。(^_^;


ランニング情報、マラソン情報、そして自らの拙い体験談、
・・・等々を提供して参ります。

それ等により、
現在、フルマラソンを4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのそのモチベーションをより高い位置へ、
そして、3〜4時間で走破出来るような

『フルマラソン・マインド・セット』

を養成する事が出来ましたら、これ幸いでございます。



末永く宜しくお願い申し上げます。m(__)m




らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。>_<)ノ
By らんたろう













『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
〜SB新書〜


●出版社:SBクリエイティブ
●頁  数:176頁
●著  者:津田 誠一(つだ せいいち)
       元学習院大学陸上競技部監督



<著者プロフィール:講演時の講師紹介>
 









『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本

〜一番やさしい42.195Kmの教科書〜』


●出版社:カンゼン
●頁  数:144頁(ソフトカバー)
●著  者:鈴木 莉紗(すずき りさ)
       アートスポーツ契約ランナー

<著者プロフィール・1984年生まれ>





2015年01月01日

2015年 おめでとうございます。

2015年 おめでとうございます。

さぁ〜♪
2015年の幕開けです。

昨年、
ご自分の力を遺憾無く発揮されたかたは、その栄光に浸らず、おごらず、
一方、
怪我・故障などに悩まされ、思う様な戦果を挙げられなかったたかも
出口の無いトンネルは無い!
『焦らず、慌てず、諦めぇ〜ず(3A〜スリー・エー)』
の精神で、
気持ちを新たに、また一から身体を鍛え直し上げ、
地道にトレーニングを再開して参りましょう♪
(・・・と言いつつも、只今、シーズン真っ只中ですが。。。
 後者のかたの為に。。。)

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m


2015年 1月1日(木) 乙未



posted by らんたろう at 20:33| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年!1年間ありがとうございました。

2014年!1年間ありがとうございました。

早いもので、早くも2014年が終わろうとしていますが、
皆様方に取りましては、この1年間、如何だったでしょうか?

目標達成出来た方も居らっしゃるかも知れません。
怪我・故障に悩まされた1年間だったかも知れません。
大復活ならずも、復活された1年間だったかも知れません。
・・・

皆々様、それぞれだったかと思いますが、
来年1年間。
元気にランニングライフを送る事が出来ると良いですね。
お祈り申し上げます。

この1年間、ありがとうございました。

来年もまた宜しくお願い申し上げます。



posted by らんたろう at 21:05| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

最後の女王!田中智美選手!〜横浜国際女子マラソン〜

最後の女王!田中智美選手!〜横浜国際女子マラソン〜


過日、10月22日に、
『財政難を理由に2014年の第6回大会をもって終了する!』
複数のメディアが報じ<ご参考記事>
実際、翌23日に日本陸上競技連盟が正式にその事を発表した

第6回横浜国際女子マラソン大会
兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/中国・北京)代表選手選考競技会
兼 第98回日本陸上競技選手権大会女子マラソン

が、本日11月16日、横浜・山下公園発・着の
日本陸上競技連盟(日本陸連)公認コースで開催されましたね。

レースの見所は、
日本勢は、
昨年、本大会で日本人トップになりながらも、
今秋のアジア大会代表を逃した
野尻あずさ選手(32歳:ヒラツカ・リース)
が、雪辱を果たすか否か?(名前クリックで写真表示)

又、昨年の名古屋ウィメンズで、
初マラソンながらも2時間26分5秒の好記録で走破した
田中智美選手(26歳:第一生命)
が、その記録をどの位まで縮めて来るか?
(名前クリックで写真表示)

更には、
昨年12月に、
ハーフマラソン日本ジュニア最高記録となる1時間9分45秒を樹立させた
岩出玲亜〜いわで れいあ〜選手
(19歳、来月8日に20歳:ノーリツ)
が初マラソンに挑戦。
何処迄、粘走出来るか?(名前クリックで写真表示)

一方、外国勢は、
2012年ロンドン五輪女子マラソン金メダリストの
ティキ・ゲラナ選手(先月22日で27歳:エチオピア)

共にケニア出身で、共に2時間23分22秒の自己記録を持つ
フィレス・オンゴリ選手(28歳)
キャロライン・ロティッチ選手(30歳)

上記、主な選手が絡み合い、どう!もつれるのか?
見所ではないでしょうか?

そうした顔ぶれの元、
12時10分!号砲が放たれました!

【速報】は、下記。
       
 順位選手名所属/国記録  
 優勝田中智美第一生命2:26:57  
 2位フィレス・オンゴリケニア2:26:59  
 3位岩出玲亜ノーリツ2:27:21(※1) 
 4位キャロライン・ロティチケニア2:27:32  
 5位野尻あずさヒラツカ・リース2:28:54  
 6位ティキ・ゲラナエチオピア2:29:13  
 7位アリーナ・プロコペワロシア2:29:18  
 8位オレーナ・シュルクノウクライナ2:29:26  
       
(※1) 20歳未満(10代)の日本人最高記録
     従来迄の記録は、
      2000年4月に開催された
      『長野オリンピック記念 長野マラソン』で、
     堀江 知佳(ほりえ ちか)選手(当時19歳)が記録した2時間29分12秒。
     今回のタイムは、それを1分51秒短縮!



レース展開は、
35Km以降は、ロティチ、田中、岩出、フィレスの4人に絞られる。

残り約5Km辺りの37Km付近から、初マラソンの19歳岩出が遅れ出す。

約39Km辺りでは、ロティチ、田中、フィレスの3人が並走。

40Km過ぎ、ロティチが突如、嘔吐!集団から遅れる。
優勝争いは、田中、フィレスの2人に絞られる。

山下公園の最後の直線に入っても、差が付かず。
お互い、ラストスパート!
一瞬、フィレスが前に出掛けたが、
田中が最後の最後に抜き返し、そのままフィニッシュ!

初マラソンの19歳岩出選手は、
40Km過ぎに嘔吐して、失速したロティチをも抜き去り、
3位でフィニッシュ!<シーン>


田中智美選手!
初優勝おめでとうございました。
最後の大会で、初の女王!おめでとうございました。
更なる、飛躍を目指して、ぐわんばて下さい。p(^o^)q

岩出玲亜選手
初マラソン!日本女子ジュニアマラソン最高記録樹立!
おめでとうございました。

岩出選手は、何でも、
帝京大学医療技術学部教授で且つ、
ラグビー大学選手権、只今、5連覇中の帝京大学ラグビー部監督も務める
岩出雅之さん(56歳)を、オジに持つようですね。
(岩出雅之さんから見ますと、玲亜さんは、姪(めい))
玲亜さんにも、勝負強さのDNAは、備わっていますね!?

ほか、参戦された方々、大変お疲れ様でございました。
充分、静養後、また照準大会へ向けて、始動されます事をお祈り致します。


それにしましても、
今大会で、終了!と言うのも寂しい話しですね!?

財政難を理由に。。。って、
主催者の一つは、朝日新聞社、特別後援者は、読売新聞社。

ん〜。新聞業界は、やはり、IT業界(インターネット)に押されてしまい、
苦戦を強いられているのでしょうか?

今の20代(大学生)は、新聞を殆ど読みませんよね!?
30代前半の方々も新聞を購読されないのではないでしょうか?
そうしますと、新聞の読者層は、ザックリ下記?

30代後半
40代
50代
60代
70代前半
これ以降の年代になりますと、
今度は、老眼などで、新聞を読むのが億劫になる、
ひいては、新聞購読を諦めるかたも増えて来るかと思われます。

更には、上記年代層の中でも、
“紙”媒体から“電子データ”媒体へ移行されているかたも増えつつ有るかと思います。

新聞読者数が減れば、
新聞に入れている折り込みチラシを入れてもあまり意味が無い!
と考える企業・会社も多くなり、
仕舞いには、企業・会社なども一切チラシを入れなくなる。
そうしますと、新聞社も広告費が入って来なくなり、財政が逼迫(ひっぱく)する。。。
・・・と言った具合でしょうか?

まぁ!単純に上述だけではないかとも思いますが、
新聞業界が苦しい台所事情だと言う事は事実だと思います。


読売巨人軍終身名誉監督である
長島茂雄さん(78歳)
は、現役引退セレモニーのスピーチで、
「我が巨人軍は永久に不滅です!」
と言う言葉を残した事は有名ですが、
このぶんで行きますと、
現在の40代の方々が70代になる約30年後!
新聞読者数が殆ど居なくなり、
新聞業界もホント危うくなって来るのではないでしょうか?

ひいては、
「読売巨人軍も永久に不滅!」ではなくなってしまうのでは?
滅びてしまうのではないでしょうか?
風前の灯火〜ふうぜんのともしび〜状態になってしまうのではないでしょうか?
と勝手ながら空想・杞憂しておりますデス。


一先ず、参戦された方々、大変お疲れ様でございました。

ちなみに、今年で第6回目を迎えた
横浜国際女子マラソンは、今大会で、生憎、終了してしまいますが、
名称や若干の趣向を変えて、埼玉県・さいたま市にて、
引き継がれる事が検討されているようであります。











posted by らんたろう at 20:36| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

銀&銅〜男子マラソン〜

銀&銅〜男子マラソン〜


今朝ブログしました
第17回アジア競技大会
最終日!
陸上競技の花&華!
男子マラソン!
ニッポン勢は、やってくれましたね!?

銀!(準優勝!)
まつむら こうへい
松村 康平選手(三菱重工長崎・27歳)
2時間12分39秒!

 
銅!(3位!)
かわうち ゆうき
川内 優輝選手(埼玉県庁:27歳)
2時間12分42秒!
松村康平選手と3秒差!
Topと4秒差!

因みに、優勝は
アリ・ハサン・マハブーブ(バーレーン)
2時間12分38秒!
松村康平選手は、たったの1秒遅れ!(>_<
 

レース展開は、
最初の5Kmの入りが、15分50秒で、キロ3分10秒ペース!
(彼等にしてみれば、気持ち遅い?感じ?か?)

5Kmから10Kmのラップが、15分29秒!、
キロ3分10秒を切る3分06秒にペースアップ!

10Kmから15Kmのラップは、15分44秒で、
また、若干、ペースが落ちる。

15Kmから20Kmのラップは、16分07秒!と
また更にペースが落ちて、16分台に!

20Kmから25Kmのラップは、15分59秒で、
ペースは、全然、上がらない!
川内優輝選手が、耐えきれず?25Km過ぎ先頭を牽引!
松村康平選手も勿論!集団に居る!

が、しかし、
25Kmから30Km迄の5Kmのラップタイムが、
15分34秒!とペースアップ!
集団もバラける。
30Km通過地点で、集団は5人!
ニッポン勢2人(川内優輝選手と松村康平選手)も
勿論!脱落していない!!

30Kmから35Kmのラップは、15分44秒!
集団5人は、縦一列に!

35Km過ぎ、松村康平選手が、
スパートをかけ?先頭に踊り出る!
1人の選手が脱落し、Top集団は、4人に!

35Kmから40Kmのラップは、15分42秒!
Top集団は、依然、4人!
誰もスパートを掛けない!
勝負は、残り2.195Kmに!

41Km付近の上り坂で、川内優輝選手がペースアップ!
1人の選手が付いて行けず脱落!
優勝争いは、
川内優輝選手
松村康平選手
マハブーブ選手
3人に絞られる!

41.5Km
マハブーブ選手が前に出る!
川内優輝選手
松村康平選手
は、負けじと追走!
勝負は、トラックにもつれ込む勢い!

最後のトラック勝負で、
川内優輝選手がやや遅れを取り、
マハブーブ選手と松村康平選手の一騎打ち!


マハブーブ選手が1着でフィニッシュ!
たった1秒遅れで、松村康平選手フィニッシュ!
それから、3秒遅れで川内優輝選手もフィニッシュ!


ニッポン勢!
(何でも)28年振りの金メダル獲得ならず!
だそうです。

レース後のコメントで、川内優輝選手は、下記を言われていました!

(今回、金メダル獲得をもし逃したら、
 世界選手権選考レース自体を辞退するかもしれないと話されていましたが。。。)
『はい。そうですね。タイムを狙って、もっと戦える足と力、タイムを付けて、
 もう一度この舞台に戻ってこられたらいいなと思います。 云々』

・・・だそうです。
今朝ブログした通り、会見でのコメント通り、
世界選手権選考レースを辞退する模様!
男に二言は、有りませんね!(^^)


でも、ニッポン勢は惜しかったですね!
只、優勝された
バーレーン国籍のアリ・ハサン・マハブーブ選手は、
元々の国籍は、『ケニア』ですからね〜。
(昨日優勝された女子マラソンの
 ユニス・ジェプキルイ・キルワ選手
 と全く同様、国籍変更された選手の一人です。
 同じパターンですね!)

やはり、ケニア/エチオピアのアフリカ勢には、
ニッポン勢は、勝る事は不可能なのでしょうか?

因みに、
そのニッポンから国籍変更されて、カンボジア国籍を得た
猫ひろしさん(本名:滝崎邦明さん:37歳)
は、カンボジア代表として、今大会出走!

2時間34分16秒で無事走破されましたが、
完走者14人中14番目のフィニッシュだったそうです。



松村康平選手!
銀メダル獲得!おめでとうございました!
と言うべきか?
はたまた
金メダル獲得!惜しかったですね!
と言うべきか?
まぁ!
又、次回へ向けて、日々ご精進されます事を心よりお祈り申し上げます。

取り敢えず、
お二方とも(+猫一匹!?(^^))お疲れ様でございました。





posted by らんたろう at 11:35| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ男子マラソン〜アジア大会〜 いよいよ男子マラソン〜アジア大会〜

いよいよ男子マラソン〜アジア大会〜

昨日もブログしましたように
本日3日(金)は、
只今、韓国は仁川(インチョン/ジンセン)にて開催されている
第17回アジア競技大会
最終日!
陸上競技の花&華!
男子マラソン!
の日ですね!

号砲は、9:00ですので間も無くです。(^^)

代表選手2人については、
皆さまご存知かと思いますが、
一応、確認の為に記しますとー。。。


一人目は、
日本最強の公務員ランナー&市民ランナー!
川内 優輝〜かわうち ゆうき〜選手(埼玉県庁:27歳)

昨日も記しましたが、
30日(火)、仁川での会見時、
下記のような事を話されていましたね!(^^)

「今大会は北京世界選手権(2015年)の選考会。
 今回、金メダルを取れなければ、
 他の選考会に出ないことに変わりはありません。」

『確固たる決意!』と言いますか、
『悲壮な決意!』と言いますか、
自分で自分を追い込むのが得意な選手!かと思いますが、
万が一!億が一!!
金メダルを本当に獲得出来なかったら、
本当にもう世界選手権の選考レースには、出走しないのでしょーかー?
そうなれば、もう世界選手権代表選手への道が、
完全に閉ざされてしまう事になりますが。。。


2人目は、
松村 康平〜まつむら こうへい〜選手(三菱重工長崎・27歳)

今年2月23日に開催された
第8回東京マラソン
(本アジア競技大会・男子マラソン代表選考会)に出走し、
2時間8分9秒の自己Bestタイムで走破し、8位入賞!(日本人選手Top)
代表選手に選出された選手!

身長176cm
体重 59Kg
なる体型は、まさしく、私σ(^_^;) と全く同じ!
(マラソン走破タイムは、全然、松村選手の方が速いですが。。。(ーー; )


2時間06分44秒!なるアジアナンバーワン!最速!の記録を持つ
シュミ・デチャサ選手(バーレーン)
の名前が、スタートリストに無い模様!

優勝候補が出走回避した事で、
ニッポン勢のワン!・ツー!フィニッシュ!も有り得るかも知れませんね!

川内優輝選手!松村康平選手!
どちらの選手も、粘走して頂きたいです。

ぐわんばれ!ニッポン!p(^o^)q




posted by らんたろう at 08:38| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

銀メダル!木ア良子選手〜アジア大会女子マラソン〜

銀メダル獲得!木ア良子選手
〜アジア大会女子マラソン〜


今朝ブログしました
アジア競技大会女子マラソン!

レース展開は、
最初の5Kmの入りが18分49秒で、
(彼女達からしてみますと)比較的、遅いペース!
(私からしてみますと、結構、速いペースですが。。。(ーー; )

その後、10Km手前辺りから、
出場選手中、最速の持ちタイム(2時間21分41秒!)の
ユニス・ジェプキルイ・キルワ選手(バーレーン)
が、急速・急激にペース・アップ!

その時点では遅れを取った
木ア良子選手(29歳:ダイハツ)も、
17.5Km過ぎ辺りで、
キルワ選手に追い付き、そのまま並走!

時偶、先頭が入れ変わったりもしましたが、結局、並走!
時偶、両者とも引き離しに掛るが、決定的なスパートにならず、やはり依然並走!
が、しかし、
36Km過ぎ、キルワ選手が、再々度の引き離しに掛る!
木ア選手も必死に喰らい付こうとするが、徐々に徐々に遅れ出す。
38Km手前で、約6秒差!
40Kmでは、約22秒差!

Finishは、
優勝! ユニス・ジェプキルイ・キルワ 2:25:37
準優勝 木ア良子                  2:25:50
3位    リシャン・ドゥラ・ジェムジュ バーレーン  2:33:13 
4位   早川英里                       2:33:14


木ア選手!
13秒差(≒ 60m差)で、涙を飲んでしまいました!(ToT)(IoI)(ioi)


一方、
早川英里選手(32歳:TOTO)は、
約6Km過ぎには、先頭を引っ張るなど、
一時、積極果敢なレース展開をされましたが、
約11Km過ぎから、ジワジワと後退!
(いや!後退ではなく、自分自身のペース堅守に努めた!?)

一時は、9位迄、落ち込んだ早川選手でしたが、
持ち前の粘走で、一人づつ拾って行き、
4位迄順位を上げて、Finish!

Finish直前、3位を走る
リシャン・ドゥラ・ジェムジュ(バーレーン)
が、フィニッシュラインを間違えて、一旦、足を止めるハプニング!
その時、一瞬だけ、早川選手は、3位になりましたが、
直ぐさま、ジェムジュは早川選手を抜き返し、事無きを得る!
早川選手は、結局、4位でフィニッシュ!)


日本勢!
健闘・善戦はしましたが。。。やや残念っ!(>_<)
・・・と言った所が本音でしょうか?
皆さま如何思われます?

やはり、
ユニス・ジェプキルイ・キルワ選手は、
現国籍は、『バーレーン』と言えども、
元々は、『ケニア』出身の選手ですからねぇ〜。
母国、ケニアでは、
(他に速い選手が山程居る為、)代表選手に選出されないが故に?
国籍を変えての出走ですから、速いのも頷けますね!
(日本で言えば?カンボジアで言えば?、男子の猫ひろしさんのような。。。)

こうした『国籍変更!』での出走についても、皆さま如何思われます?



さて、明日3日(金)は、
アジア競技大会最終日!
陸上競技の花&華!
男子マラソン!
号砲は、今日と同じく9:00!

代表選手の一人
川内優輝選手(27歳:埼玉県庁)
は、30日(火)、仁川での会見時、下記のような事を話されていましたね!(^^)

「今大会は北京世界選手権(2015年)の選考会。
 今回、金メダルを取れなければ、
 他の選考会に出ないことに変わりはありません。」

真面目!と言いますか
悲壮な決意!と言いますか
気持ちだけが空回りしなければ良いですが。。。

必ずや!やってくれる事を祈って、明日を待ちましょう!♪

もう一人の代表選手
松村 康平選手(三菱重工長崎・27歳)
の走りにも期待いたします。





posted by らんたろう at 11:40| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあ!いよいよ女子マラソン〜アジア大会〜

さあ!いよいよ女子マラソン〜アジア大会〜

本日10月2日(木)は、
只今、韓国は仁川(インチョン/ジンセン)にて開催されている
第17回アジア競技大会
の種目の中の
女子マラソン
の日ですね!

号砲は、9:00!ですので、間も無くです。
(因みに、韓国と日本との時差は、有りません。
 韓国の時刻 = 日本の時刻)

日本代表選手2人については、
皆さま勿論!ご存知!!かと思いますが、
一応、念の為/確認の為、下記致します。

一人目は、
木ア 良子(きざき りょうこ)選手( 29歳:ダイハツ)
    崎 ではないそうです。 ×


主な戦績を下記しますとー、
2012年8月
 ロンドンオリンピック16位、2時間27分16秒
 (日本女子では最高順位)

2013年3月
 名古屋ウィメンズマラソン優勝!2時間23分34秒
 (自己最高記録にて走破! → 世界陸上モスクワ大会代表!)
同年
2013年8月
 世界陸上モスクワ大会4位入賞!2時間31分28秒

そして、今年、
2014年3月
 名古屋ウィメンズマラソン3位!2時間25分26秒で、
 アジア競技大会代表!


自己Bestである『2時間23分34秒!』は、
出場選手17人中2番目に良い持ちタイム!

1番良い持ちタイムの出場者は、
ユーニス・キルワ・ジェプキルイ(バーレーン<ケニヤから国籍変更>)の
Eunice Kirwa JEPKIRUI
2時間21分41秒!(2012年10月21日 アムステルダムマラソン)

ですので、
『メダル獲得!』は、勿論!ベストカラーの『金メダル獲得!』
夢のお話しでは無く、充分可能性が有るかと思われます。


そして、二人目はー。。。
早川英里(はやかわ えり)選手(32歳:TOTO)

今年3月に開催された
名古屋ウィメンズマラソン
にて、フィニッシュ直前迄、
上記の木ア良子選手と一緒に
日本人Top争いを演じた現在32歳の遅咲きランナー!
日本代表選手として初めて走るレース!

主な戦績ー。
2003年12月14日
 ホノルルマラソン女子の部 優勝!2時間31分57秒
 (マラソン初優勝!当時の自己記録!ホノルルマラソン日本人初優勝!)

2004年12月12日
 ホノルルマラソン女子の部 準優勝! 2時間28分11秒(当時の自己記録)

2005年10月9日
 シカゴマラソン女子の部 5位 2時間28分50秒



2007年位から2010年位迄、故障/体調不良中の早川英里選手!

2011年1月から、
元トライアスロンの選手だった山本光宏さんより、
パーソナルトレーニング指導を受け始め
コンディションが回復に向かう。

2012年4月
 TOTO陸上競技部に所属

2013年3月10日
 名古屋ウィメンズマラソン 5位 2時間26分17秒(当時の自己記録)

今年
2014年3月9日
 名古屋ウィメンズマラソン 4位 2時間25分31秒(現在の自己記録)
 アジア競技大会代表!    本持ちタイムは、
<ご参考記事>         出場選手17人中3番目に良いタイム!



マラソン10年で始まったアスリート人生!
遅咲き早川英里、初のアジア大会へ
<ご参考記事>


以上より、
有名&エリートコースを歩んで来られた
木ア 良子選手!

無名&遠回りコース&辛酸をなめたコース!を歩んで来られた
早川 英里選手!

実に対称的なお二人ですが、
共に、メダル獲得!ひいては、
ワン・ツー フィニッシュ!の可能性も無きにしも非ずですね!?

お二方のご快走・ご健闘をお祈り致します。
祈(^人^)願

尚、本大会で、『優勝!』しますと、
2015年に、中国は北京にて開催が予定されている
世界陸上競技選手権大会(/世界陸上)
代表に内定します。

どちらも、ぐわんばれ!(^^)


明日10月3日(金) アジア競技大会最終日は、
陸上競技の花&華
『男子マラソン!』

号砲は、本日女子マラソン同様9:00から!


 
posted by らんたろう at 06:54| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

【世界新!】ベルリンマラソン・男子!

【世界新!】ベルリンマラソン・男子!


毎秋、9月の最終日曜日に、
ドイツの首都ベルリンにて開催されている

ベルリンマラソン!

今年も約4万人のランナーが参加したようですが、
無事開催されましたね!
今年で第41回目!

殆どフラットなコースに加え、気象的好条件も揃う
本ベルリンマラソン!

毎年、世界新記録など好記録が樹立されている大会ですが、
今年2014年も世界新記録が樹立されました!
人類史上初!
2時間03分の壁ぶち破り!
驚異の

2時間02分57秒!
w(゚o゚)w
!驚速!



走者は、
デニス・キプルト・キメット
(Dennis Kipruto Kimetto)
(ケニア:30歳!)

昨年2013年2月24日に開催された
東京マラソン2013
では、
2時間06分50秒!なるコースレコードで走破!
勿論!優勝!!
<ご参考写真>

その約半年後!
2013年10月13日に開催された
シガゴマラソン(米国)
では、
当時、世界歴代3番目(/3位)の記録であった
2時間03分45秒で走破!
勿論!優勝!!

そして、今回2014年9月28日
ベルリンマラソン
で、
世界新!
史上初!2時間03分切りの
2時間02分57秒!

速っ!
人間ではないっ!!
ネ申ワザ!


ちなみに、従来迄の世界記録は、
昨年の本ベルリンマラソンで、
ウィルソン・キプサング・キプロティチ(同ケニア:32歳)が、
樹立させた
2時間03分23秒!

今回、デニス・キメット選手は、本記録を26秒更新!


いやぁ〜。。。しかし。。。
このぶんで行きますと、
人類がフルマラソンを1時間台で走破する日も見えて来ましたね!?
2020年の東京オリンピックの時には、
達成されている!?かも??


自分自身の世界記録を何度も塗り替えて来た
ハイレ・ゲブレセラシェ選手(エチオピア:41歳)
が、
人類史上初めて2時間04分を切ったのが、
2008年の本大会ベルリンマラソン!
(2時間03分59秒!)

あれから、たったの6年で約1分も短縮!

マラソン走破タイムは、
単純な比例計算で弾き出す事は不可能ですが、
仮に、比例計算してみますと。。。

 6年で、約1分短縮!
12年で、約2分短縮!
18年で、約3分短縮!

18年後!即ち、2032年には、
フルマラソン走破タイムが人類史上初の1時間台!
に突入するかも知れませんね!?これ!
(・・・となりますと、2020年東京マラソンでの
 1時間台走破!は、少々、困難!?)

         デニス・キメット選手!
2分台走破を見事!キメットましたね!
アッ!痛ッ!へ(_ _へ)☆\(^_^;)ペンッ!
ドテッ!

一方、日本勢は、
男子が、

外丸 和輝(とまる かずき)選手 (トヨタ自動車:27歳)が
2時間11分25秒で10位に入ったのが最高。

女子が、
みちのくの爆走娘の愛称を取る
福士 加代子選手(ワコール:32歳)
が、期待されましたが、2時間26分25秒で6位が最高順位でした。

まぁ!何れのタイムも、我々凡人ランナーから見ますと、
至極、速いタイムで申し分有りませんが、
世界のTopレベルから見ますと、凡タイムなのですねー!?


<別件>
只今、韓国は、仁川(じんせん)にて、
第17回アジア競技大会が開催されておりますが、
マラソンの日程は、
女子が、10月2日(木)
男子が、10月3日(金)

代表選手は、皆様ご存知かと思いますが、
一応、下記しますと、

<女子2名>
●木崎 良子選手(ダイハツ:29歳)

早川 英里選手(TOTO:32歳)

<男子2名>
松村 康平選手(三菱重工長崎・27歳)

川内 優輝選手(埼玉県庁:27歳)

です。
ご快走!粘走!をお願い致します。
(^人^)祈

またブログします。




posted by らんたろう at 18:39| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

間も無く、24時間マラソンスタート!

間も無く、24時間マラソンスタート!


毎夏(8月の最終土・日)、恒例になりました
日テレ系列で放映される
「24時間テレビ37 『愛は地球を救う!』」
        ↑ 今年で37回目
の企画の一つ
『24時間チャリティー・マラソン』
のスタート時刻が迫って参りましたね!

今年のランナーは。。。
。。。
そう!皆様方ご存知!!
本ブログでも、5月25日にアップ<ご参考>しました
男性アイドルグループ、ロックバンド
『TOKIO』
のリーダー
城島 茂(じょうしま しげる)さん(43歳)
です。

走行距離は、101Kmの予定!
ジャニーズ最長距離!



43歳と言う年齢ですから、
まぁ!若くは無いとは思いますが、
まだ凋落する年齢でもないと思いますので、
完走(/完歩?)は、大丈夫だと思われます。

只、『放映時間内に!』と言う条件が付くと、
???マークが点灯するのではないでしょうか?

何れにしましても、
この3ヶ月間の練習の成果を
遺憾無く存分に発揮して頂きたいと思います。
p(^o^)q


そして、明日31日は、
これまた恒例!
毎夏8月の最終日曜日開催!!

北海道マラソン
兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)
女子マラソン代表選手選考競技会

の日ですね!

注目の選手は。。。

2013年1月 勝田全国マラソン優勝!  (2:46:55)初マラソン!
2013年4月 米国・ボストンマラソン19位(2:38:21)自己ベスト!
2014年2月 東京マラソン9位       (2:31:34)自己ベスト!
・・・と、成長著しい
 かみたにだ    まなみ
上谷田 愛美選手<クリックで画像表示>
(23歳:日立製作所女子陸上競技部主将)
ではないでしょうか?

是非、2時間30分を切って、
またまた、自己ベスト更新の走りをー。
(気温が高く暑いから、少々、キビシイ?かな?)

号砲は、明日31日(日) 朝9:00!

【速報】が判り次第、又、ブログします。






posted by らんたろう at 17:56| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

<更なる、更なる続き>【Final】

<更なる、更なる続き>【Final】



以上、
4記事に分けてブログさせて頂きました。
『内容の文字数が長過ぎます』
 なるエラーが表示され、保存出来ませんでしたので、
 4記事に分けてブログさせて頂きました。


今年は、過去最高の141チームがエントリー!
その内、上述の通り、139チームが走破!


レースまえは、
初の2連覇を目指す鹿児島・国分自衛隊か!?
いや!
2連覇を阻止し優勝奪還する地元御殿場・滝ヶ原自衛隊か!?
が、見所だったと思いますが、
鹿児島・国分自衛隊が、
見事!初の2連覇!を達成されました!
おめでとうございましたぁ〜
\(^o^)

ここに、最近5年間の
双方の結果(順位と走破タイム)表を掲載致します。
ご参考願います。
20140805 滝ヶ原自衛隊と国分自衛隊との最近5年間の結果比較表.JPG

上表の通り、
国分自衛隊は、2010年から3年間!
走破タイムが2分 → 10分と悪くなっており、
それと連鎖して、順位も必然的に落ちて来ていますね!
が、しかし、
昨年2013年から前年のタイムを
一気に17分縮めての
初優勝!
そして、今年2連覇!

今年の走破タイムは、昨年のそれよりも、若干、悪いものの、
それでも、昨年2位の滝ヶ原自衛隊のタイムよりは、
気持ち、良いですね!

2年間、2位に甘んじてしまった
滝ヶ原自衛隊は、走破タイム的には、然程、悪くはないものの、
3時間40分!
3時間40分を切る39分台!で走破した時と比較しますと、
若干、悪いのですね!


何故、国分自衛隊は、
富士登山駅伝の雄!滝ヶ原自衛隊を2年間も抑えて、
連覇出来たのでしょうか?

全くの推測・憶測に過ぎませんが、下記してみます。
ご一読・ご参考頂ければ。。。

昨年から、富士登山駅伝の監督さんが変わった!?とか?
それ故、今迄の練習方法を一変させた!?とか?
鹿児島・国分自衛隊近辺に在る霧島山は、
標高1,700mの韓国岳(からくにだけ)

標高1,574mの高千穂峰(たかちほのみね)

その周辺に山々が連なって山塊を成している事で有名ですね!
こうした山々を拠点として、練習に練習を重ねたとか?

又、実際、現地:富士山へ乗り込んで練習したとか?
酸素希薄さに慣れる為に。。。
ゴロゴロしている火山灰の塊に慣れる為に。。。
ジャリジャリしている火山灰に慣れる為に。。。

そうして、山(登り)に適した選手を抜擢させ、
富士登山駅伝競走に送り込んだとか?

又、各区間の選手の年齢を確認してみますと、
国分自衛隊は、1人だけ34歳のかたが居ますが、
残りの5人は全て20代!
ヴァイタリティが充溢している
血気盛んな年頃ですね!

一方、滝ヶ原自衛隊の選手の年齢は、
20代は2人のみで、
残りの4人は、30代ですね!

平均年齢が、
国分自衛隊が、 26.8歳!
滝ヶ原自衛隊が、32.2歳!
平均年齢が約6歳程、若い、国分自衛隊に、“分(ブ)”が有ったか!?

最も、平坦なロードレースを走る通常の大会とは違って
山岳部も走るレース、しかも、往路&復路同じ選手が走りますので、
一概に、『若ければ良いっ!』とも言い難いとも思いますが。。。
実際の経験・体験がモノを言う場合も有りますし。。。

まぁ!
これで、連敗を喫してしまった滝ヶ原自衛隊も
練習方法を変えるなり、
選手を変えるなり
して、又、来年挑んで来るかと思われます。

来年の滝ヶ原自衛隊の走りを鶴首して待ってみましょう!♪



 







posted by らんたろう at 20:30| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。