Let's shorten your Marathon Time!
(レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム!)


そう!

直訳いたしますと、皆さまご存知!!

「あなたのマラソンタイムを短くしましょう!」

・・・となります。

が、しかし、本来は、

「4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのフルマラソンタイムを
短縮させるお手伝いを致しましょう!
(^o^)/」


・・・を意味させたかったのですが。。。(^_^;


ランニング情報、マラソン情報、そして自らの拙い体験談、
・・・等々を提供して参ります。

それ等により、
現在、フルマラソンを4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのそのモチベーションをより高い位置へ、
そして、3〜4時間で走破出来るような

『フルマラソン・マインド・セット』

を養成する事が出来ましたら、これ幸いでございます。



末永く宜しくお願い申し上げます。m(__)m




らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。>_<)ノ
By らんたろう













『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
〜SB新書〜


●出版社:SBクリエイティブ
●頁  数:176頁
●著  者:津田 誠一(つだ せいいち)
       元学習院大学陸上競技部監督



<著者プロフィール:講演時の講師紹介>
 









『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本

〜一番やさしい42.195Kmの教科書〜』


●出版社:カンゼン
●頁  数:144頁(ソフトカバー)
●著  者:鈴木 莉紗(すずき りさ)
       アートスポーツ契約ランナー

<著者プロフィール・1984年生まれ>





2011年08月06日

明日7日(日)は、『富士登山駅伝競走大会!』

明日7日(日)は、『富士登山駅伝競走大会!』



 

明日7日(日)は、
先月23日(土)にブログしました通り、

秩父宮記念
第36回 富士登山駅伝競走大会!


の日ですね!


只今、9:00頃ですので、
大会安全祈願(神事)
が、御殿場駅まえの
新橋浅間神社にて、行われている頃です!

明日は、
午前8:00 御殿場市陸上競技場スタートです!



ここで、
もう一度、確認・記載しておきますが、
約2週間まえの先月22日(金)に開催され、
大会結果速報をブログした大会は、

第64回富士登山競走!

標高約770mに在る富士吉田市役所まえをスタートし、
途中、
北口本宮冨士浅間神社から吉田口登山道を通り、 
標高3,711mの富士山頂・久須志神社ゴ〜ル!!
・・・なるコースを
たった一人で走る(登攀〜とうはん〜する)大会です!


一方、本日ブログしている大会は、

第36回富士登山“駅伝”競走大会!

御殿場市陸上競技場をスタートし、富士山頂を折り返し、
再度、御殿場市陸上競技場に舞い戻って来る大会!


こちらは、
たった一人ではなく、
6人1チームとなって、タスキリレーさせる大会です。

全  長:46.76Km
標高差:3,199m

の日本一過酷な駅伝大会(タスキリレー大会)!


往路と復路。
同じメンバーが時間を置いて走る!
(6区については、登り → 山頂 → 休む暇も無く、即!下る)

・・・と言う点も他の駅伝とは異なっていて見所と思います。




前者(1週間まえの大会)は、
富士山麓から頂上迄、たった一人で走り(登り)ますので、
肉体的には、相当キツイですが、
ツラクなったら歩いてしまっても、何等、問題有りません!
(迷惑が掛かる〜ゴールタイムが遅くなる〜のは、自分だけ!)ですので、
精神的には、非常に楽です!


一方、
後者(今回の駅伝大会のほう)は、
3〜4Kmの走行距離ですので、肉体的には、前者と比較すればラクです。

が、しかし、往路(登り)で、ツラクなっても、
決して歩けません!手を抜けません!速度を緩められません!

タスキリレーが1秒でも遅くなり、
もし、関門にでも引っ掛かっろう(繰り上げスタートになろう)ものなら、
チームメンバーの汗と匂いと温もりなどがしみ込んだ
自チームのタスキが繋がらず、
9区にて繰り上げスタート用タスキを掛けて、
走らざるを得なくなってしまう恐れも出て来るからです。

ですので、
精神的には、非常にツライです。

明日の大会、即ち、
後者(駅伝大会)の事をもうちょっと、詳しく記しますと、下記になります。


1人目:御殿場市陸上競技場スタート
  1区(往路):5.48Km
      
     標高差:184m
2人目:  ↓
  2区(往路):4.64Km
        ↑
     標高差:345m
3人目:  ↓
  3区(往路):4.54Km
        ↑
     標高差:381m
4人目:  ↓・・・4区からロードとお別れ。火山灰道に突入!
  4区(登り):3.00Km
        ↑
     標高差:654m
5人目:  ↓ 
  5区(登り):4.24Km
        ↑
     標高差:1,017m <== 相当キツイ!
6人目:  ↓ 
  6区(登り):2.46Km
        ↑
     標高差:618m
        ↓
      山頂
山頂に到着したら、そこに居る
富士山頂浅間神社の神主さんからタスキに
(山頂到達の意味の)検印を押して貰う。

そして、直ぐ!即行!今、登って来たコースを下る。
休む暇も無く、即!下る!:2.46Km 
        ↑
    標高差:618m
        ↓
再度、5人目のランナーが走る
 7区(下り):3.66Km
        ↑
    標高差:1,017m <== 砂走り。
        |             天候が良ければ、
       |             火山灰も乾切っているので
          |                       砂けむりを舞い上げながら、
       |              下って来るランナーを
          |                       周囲のランナー並びに観戦者などは、
           ↓                       観る事が出来ます。圧巻です!
再度、4人目のランナーが走る
 8区(下り):2.65Km
       ↑
    標高差:654m
        ↓
再度、3人目のランナーが走る   
  9区(復路):4.27Km
        ↑
   標高差:381m
        ↓
再度、2人目のランナーが走る
 10区(復路):4.64Km
       ↑
   標高差:345m
       ↓
再度、1人目のランナーが走る
 11区(復路):4.88Km
       ↑
   標高差:184m
       ↓
  御殿場市陸上競技場(ゴール!) 



・・・んな感じです。


一番キツイコースは、


 ・酸素希薄
 ・火山灰コースで足がとらわれる(走り難い)
 ・標高差:1,017m(4,000m走る内に1,000m登る)


の5区!

・・・と思われます。



次にキツイコースは。。。
6区でしょうか?


標高差は、

 4区のほうが、654m有り、
 6区のそれは、618mで、

気持ち、4区より緩いのですが、

 ・酸素希薄、
 ・大小の火山岩がゴロゴロ(非常に走り難い。足元を油断すると捻挫の恐れ有り)
 ・登りを終えたら、休む暇なく、即!下り
  (今迄、“登”に対応して来た体が、
   急に/瞬時に、“降”には、対応出来ないっ!)


・・・と言う点を考慮しますと、
4区より6区のほうがキツイ!
・・・と、今迄の体験から私は思います。




参加総チームは、大概、例年120チーム前後。
その中には、自衛隊チームも3分の1前後出場し、
日々の鍛錬の成果を競います。


それ故、
『真夏の自衛隊の大運動会!』
・・・
とも称されています。
(・・・と勝手に私が称している。。。だけ?かな?(^_^;)



しかし、2007年(第32回大会)から、
自衛隊の部
  と
一般の部
とに部門が分かれ、2部門になりましたので、
走力は有るが、自衛隊には、毎年、後塵を拝していた
一般の部のチームも優勝の可能性が出て来るようになりました!


優勝チームは、スタート後、
約3時間30分前後で、富士山頂を折り返して、
再度、御殿場市陸上競技場に舞い戻って来ます。


ここ3年。
地元、滝ヶ原自衛隊が3連覇!
(総合優勝 & 自衛隊部門優勝!)
を成し遂げておりますので、
今年も優勝!4連覇!!
・・・は、固いのではないでしょうか?
(ちなみに、7月22日の富士登山競走で大会新にて優勝された
 宮原 徹さんも、その滝ヶ原自衛隊所属!
 今年は、「5区&7区」に出走!?か?)



とてもタフなコースです。
言い方を変えれば、
走り応えのあるコースとでも言いましょうかぁ。。。?


一般の市民ランナー向けの大会ではないっ!
ファンラン派向けの大会ではないっ!
・・・と言えば、それも、該当するかも知れません。


キチガイ!・モノズギ!の集団!!が行うもの!
・・・と言えば、それも、又、該当するかも知れません。 (^-^;



只、担当区間を“きっちり”走れるランナーを6人揃える!
しかも、
通常のアスファルト道(ロード)ではなく、
火山灰道や岩を登る山の3区間(4区&8区、5区&7区、6区)を
“きっちり”走れるランナーを揃えて出場する!


これは、非常に大変な事です。

なかなかメンバーを揃えるのが難しく、
エントリーするだけでもキビシイ!/難しい!
状況なのではないでしょうか?どのチームも。。。
(出場するだけでも価値が有る!??)



一先ず、明日7日(日)、朝8:00スタート!



生憎、
テレビ放映は、2007年(第32回大会)から無くなってしまいましたが。。。


TV局も重い機材を5合目、7合目、8合目、山頂・・・と
運搬しなければならず、スタッフの体力的な面は勿論、
資金面なども工面が大変になって来たのかも知れませんね。



大会結果など判明しましたら、またブログ・速報いたします。



因みに、私も本大会へは、過去に8回出場し
1区&11区、4区&8区、6区(山頂区)などを
走った経験が有ります。
(キチガイですた(ーー; モノズキですた(ーー;
 大会まえの現地練習では、全区間を走破いたしますたっ!
 全くのおバカさんですたっ! (ーー;×2 )



ここ数年は、
出走する走友へ、
(現地へも行かず)自宅から
応援メールセンダーに徹しておりますが。。。(^_^;

全く、軟弱ヤローになったものデス!

いや!今迄、
キチガイ!モノズキ!!おバカさん!!!
だったのが、正気に戻った!?のかもっ!??




ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんばっ!





posted by らんたろう at 09:11| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。