Let's shorten your Marathon Time!
(レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム!)


そう!

直訳いたしますと、皆さまご存知!!

「あなたのマラソンタイムを短くしましょう!」

・・・となります。

が、しかし、本来は、

「4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのフルマラソンタイムを
短縮させるお手伝いを致しましょう!
(^o^)/」


・・・を意味させたかったのですが。。。(^_^;


ランニング情報、マラソン情報、そして自らの拙い体験談、
・・・等々を提供して参ります。

それ等により、
現在、フルマラソンを4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのそのモチベーションをより高い位置へ、
そして、3〜4時間で走破出来るような

『フルマラソン・マインド・セット』

を養成する事が出来ましたら、これ幸いでございます。



末永く宜しくお願い申し上げます。m(__)m




らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。>_<)ノ
By らんたろう













『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
〜SB新書〜


●出版社:SBクリエイティブ
●頁  数:176頁
●著  者:津田 誠一(つだ せいいち)
       元学習院大学陸上競技部監督



<著者プロフィール:講演時の講師紹介>
 









『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本

〜一番やさしい42.195Kmの教科書〜』


●出版社:カンゼン
●頁  数:144頁(ソフトカバー)
●著  者:鈴木 莉紗(すずき りさ)
       アートスポーツ契約ランナー

<著者プロフィール・1984年生まれ>





2010年08月29日

【速報】北海道マラソン2010

【速報】北海道マラソン2010




昨日、ブログしました通り、
本日

北海道マラソン2010

が、札幌市・中島公園東側(豊水通)スタート、
大通公園西8丁目(北大通)フィニッシュ!
<昨年2009年よりコース変更>
なるコースにて開催されましたねっ!


速報については、下記。
(男女各々上位5人のみ)

男子
順位 選手氏名(所属)            総合タイム

優勝 サイラス・ジュイ(日立電線)        2時間11分22秒  初優勝!
2位  アルン・ジョロゲ(小森コーポレーション) 2時間13分04秒
3位  メクボ・ジョブ・モグス(アイデム)      2時間16分38秒
4位  高見澤勝(佐久長聖教員クラブ)      2時間18分17秒
5位  西村哲生(YKK)                 2時間18分31秒



女子
順位   選手氏名(所属)               総合タイム

優勝 原裕美子(ユニバーサルエンターテインメント) 2時間34分12秒 初優勝  
2位  宮内宏子(京セラ)                       2時間35分42秒
3位  那須川瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント)  2時間36分07秒
4位  深港千浪(大塚製薬)                    2時間40分28秒
5位  山下郁代(三井住友海上)                 2時間41分19秒






女子については、
ここ栃木県は、足利市出身で、
2009年3月31日付けで所属していた京セラを退社し、
2010年1月26日付けで、
マラソンの名伯楽〜小出義雄(71)さん〜率いる佐倉アスリートクラブの一つ
ユニバーサルエンターテインメントに移籍された
(一寸、前置きが長かったですが(^-^;)

原 裕美子さん(28)

が、約1年半振りのレースにも関わらず、
約32Km過ぎには、単独トップに立ち、
2007年大阪国際女子マラソン以来となる優勝を飾られ、
大復活されましたねっ!


特に、女子のレースについては、
来年2011年に韓国は大邱(テグ)にて開催が予定されている
世界陸上競技選手権大会の代表選考レース
も兼ねていましたので、
原さんは、
その切符の5枚の内の1枚を充分手繰り寄せた感じですね!


原さんは、昨年2009年の
世界陸上競技選手権大会・ドイツベルリン大会の出場切符獲得については、
惜しくも逃してしまったものの、

その前の2007年日本・大阪大会
更にその前の2005年フィンランド・ヘルシンキ大会

の2大会連続で出走していますので、
もし、2011年大会も代表選手に選ばれれば、3大会目の出場となり、
その経験と粘走により、結果が楽しみと思われます。


原さん!
大復活!おめでとうございましたっ!!

Happy smile (((((^o^))))) Egao




ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんばっ!




posted by らんたろう at 15:34| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

いよいよ。。。。

いよいよ。。。。




いよいよ、毎年恒例、日本テレビ系列にて放映されている

「24時間テレビ33 『愛は地球を救う!』」
           今年で33回目


の中の企画の一つ。


24時間チャリティーマラソン!


が始まりますねっ!


そして、もう一つ!
いよいよ、明日29日は、

2010北海道マラソン

が、
札幌市・中島公園東側(豊水通)スタート、
大通公園西8丁目(北大通)フィニッシュ!
<昨年2009年よりコース変更>
なるコースにて開催されますねっ!




前者(24時間チャリティーマラソン!)については。。。

今年のチャリティー・マラソン・ランナーは。。。
そう!皆さまご存知!!
タレントの

はるな 愛さん
(38:サンズエンタテインメント所属のニューハーフタレント、ほか)


はるな 愛さんは、
(声はともかく)容姿を見るからには、もう!完全女性です!
が、しかし、
元々は、『男性!』
(本名:大西賢治〜けんじ〜さん、字幕スーパーでは、賢示 )ですからねぇ〜♪
「完走!」については、大丈夫!と思われますが。。。


ところで、今年は、何Kmの距離を走破する予定なのでしょうか?
走行予定距離が、未だ発表されていない?ような?。。。




後者の北海道マラソンについては。。。

今年の招待選手は。。。

(男性ランナーはともかく)
女性ランナーについては、

昨年、東京マラソン2009にて、
「遅れて来たヒロイン!」
・・・と称されながらゴールテープを切って初優勝を飾った

●那須川 瑞穂さん(30:ユニバーサルエンターテインメント(※1))

(※1)元アルゼ。
   2009年11月1日に「ユニバーサルエンターテインメント」に社名変更。

 

そして、
同じくユニバーサルエンターテインメントに所属する事になった(2010年1月26日)

ここ栃木県は足利市出身の元“京セラ”所属だった

●原 裕美子さん(28)

(一寸、太ってしまった?ような?)
 

更には、
(ご出産時期を除いては)毎年本大会には出走(招待)されていて、
1997年大会では、優勝も飾っている

●田中 千洋さん(40:アスレックRC)


も案の定、今年も招待されていますねっ!

 


女子については、
上記3人の優勝争いが見所では?ないでしょうか?


結果は、24時間後!
。。。は、もう無いですねっ!
約18時間後くらいっ!



はるな 愛さんを始め、
皆さまがた
ぐぅわんばって下さいっ!p(>_<)q




ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんばっ!



posted by らんたろう at 18:35| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

【結果】第35回秩父宮記念富士登山駅伝大会

【結果】 第35回 秩父宮記念 富士登山駅伝大会




少し遅くなってしまいましたが、
過日8月1日に、
御殿場市陸上競技場発・着 〜 富士山頂折り返しの
特設コースで行われた

第35回 秩父宮記念 富士登山駅伝大会

の結果を下記致します。

ご参考願います。



●総合(全117チーム)
順位 時間 チーム名 所属県

1 3:40:09 滝ヶ原自衛隊   静岡

2 3:45:44 国分自衛隊   鹿児島

3 3:46:45 留萌自衛隊   北海道

4 3:49:01 自衛隊35普連   愛知

5 3:49:54 遠軽自衛隊   北海道

6 3:50:03 トヨタスポーツマンクラブ   愛知

7 3:50:31 北熊本42連隊   熊本

8 3:51:30 第1空挺団   千葉

9 3:53:00 板妻34連隊   静岡

10 3:56:41 合志技研RC   熊本

11 3:57:16 練馬1普連   東京

12 4:00:44 大宮32連隊   埼玉

13 4:00:52 第1特科隊   山梨

14 4:01:39 戦車教導隊   静岡

15 4:02:06 兵庫AINA.A.C   兵庫

16 4:02:58 第4施設大隊   長崎

17 4:03:50 第2特科連隊   旭川

18 4:03:55 松本自衛隊   長野

19 4:04:11 清水ランニングクラブ   静岡

20 4:04:18 郡山自衛隊   福島

21 4:04:51 久居自衛隊   三重

22 4:05:19 ハートブレイク   神奈川

23 4:06:13 自衛隊米子   鳥取

24 4:07:43 2戦車上富良野   北海道

25 4:08:44 弘前自衛隊   青森

26 4:10:49 日本郵政   東京

27 4:11:07 トヨタ機械部   愛知

28 4:11:51 見次クラブ   静岡

29 4:12:01 特科教導隊   静岡

30 4:13:10 ランナーズ   東京

31 4:13:29 金山家   東京

32 4:14:45 松戸2高群   千葉

33 4:14:53 横瀬町陸協   埼玉

34 4:15:58 名古屋市役所   愛知

35 4:16:43 DREAM   埼玉

36 4:17:04 スポーツタウンメイセイ   静岡

37 4:17:46 勢多陸競クラブ   群馬

38 4:17:50 三島走友会   静岡

39 4:18:04 横浜中央走友会   神奈川

40 4:18:32 猿投山走友会   愛知

41 4:20:20 航空自衛隊選抜   埼玉

42 4:20:46 駒門陸上部   静岡

43 4:21:02 横浜WIND   神奈川

44 4:22:59 13A2Co   岡山

45 4:23:04 武山自衛隊RC   神奈川

46 4:24:58 青梅若草RRC   東京

47 4:25:38 厚木荻野走友会   神奈川

48 4:26:54 えびの自衛隊   宮崎

49 4:27:08 町田走友会   東京

50 4:27:21 Y・R・C   千葉

51 4:27:55 神戸PIJC   奈良

52 4:28:46 御殿場走友会   静岡

53 4:28:48 市ちゃん家   神奈川

54 4:29:17 さがみTRC   神奈川

55 4:30:04 富士森走友会   東京

56 4:31:21 浜松RC   静岡

57 4:31:46 第1機械化中隊   静岡

58 4:32:03 東北大OLC   宮城

59 4:32:14 十日町・小千谷ファイアマン   新潟

60 4:32:15 日本郵便   東京

61 4:32:49 紅い絆   新潟

62 4:33:39 鏑川クラブ   群馬

63 4:34:12 日本精工   群馬

64 4:34:38 トヨタRRC   愛知

65 4:34:52 トヨタ東富士   静岡

66 4:35:09 大山TRC   神奈川

67 4:35:25 普教連重迫   静岡

68 4:35:25 専修ラン好会   神奈川

69 4:35:57 岩塚ランナーズ   愛知

70 4:37:05 日大生産工OB   千葉

71 4:38:31 チームきびだんご   岡山

72 4:39:05 WindRun   東京

73 4:40:23 チーム野獣   愛知

74 4:40:29 ルネサス   兵庫

75 4:40:44 橋本走友会   神奈川

76 4:40:50 雪枝組   山梨

77 4:40:55 静岡東海大学   静岡

78 4:41:27 専修走好会   神奈川

79 4:41:44 日大理工陸上部   千葉

80 4:42:35 住友ゴム   愛知

81 4:45:20 峯尾工務店   東京

82 4:45:31 常陸走友会   茨城

83 4:46:01 埼玉嵐山走友会   埼玉

84 4:46:24 チームぬまっち   東京

85 4:46:37 日軽RC   静岡

86 4:47:06 勝田マラソン会   茨城

87 4:47:48 埼玉滑川走友会   埼玉

88 4:48:08 JR東海   神奈川

89 4:48:35 地理情報隊   東京

90 4:49:45 inspire   東京

91 4:51:10 Team白樺   長野

92 4:52:22 居酒屋八甲田   神奈川

93 4:52:29 東京地下鉄   東京

94 4:52:38 塚ーズ   東京

95 4:53:25 日本航空電子   東京

96 4:54:07 みやこどりAC   神奈川

97 4:57:35 平成山岳会   千葉

98 4:58:04 青葉会   東京

99 4:58:30 ダークホース   神奈川

100 4:59:11 世田谷区役所   東京

101 5:03:47 川越走友会   埼玉

102 5:04:06 東京大学OLK   東京

103 5:05:39 パナソニック部品   大阪

104 5:05:42 31普連振武会   東京

105 5:09:03 トヨタスキー部   愛知

106 5:09:36 総務省走友会   東京

107 5:12:47 NAS習志野   千葉

108 5:13:30 AMERBegin   東京

109 5:13:37 多摩川クラブ   東京

110 5:14:04 町田いだ天クラブ   東京

111 5:15:20 S.A.C   神奈川

112 5:22:55 出光千葉   千葉

113 5:28:07 団江軍団   千葉

114 5:33:06 ひたちなかJC   茨城

115 5:36:43 おおむらさき   埼玉

116 5:42:52 トーマツランニング部   東京

117 6:06:08 東洋アルミ   東京






●部門別
【1】一般部門:上位8チーム

順位 時間  チーム名   所属県
1 3:50:03 トヨタスポーツマンクラブ   愛知

2 3:56:41 合志技研RC   熊本

3 4:02:06 兵庫AINA.A.C   兵庫

4 4:04:11 清水ランニングクラブ   静岡

5 4:05:19 ハートブレイク   神奈川

6 4:10:49 日本郵政   東京

7 4:11:07 トヨタ機械部   愛知

8 4:11:51 見次クラブ   静岡



【2】自衛隊チーム:上位8チーム
順位 時間  チーム名     所属県
1 3:40:09 滝ヶ原自衛隊   静岡

2 3:45:44 国分自衛隊   鹿児島

3 3:46:45 留萌自衛隊   北海道

4 3:49:01 自衛隊35普連   愛知

5 3:49:54 遠軽自衛隊   北海道

6 3:50:31 北熊本42連隊   熊本

7 3:51:30 第1空挺団   千葉

8 3:53:00 板妻34連隊   静岡





滝ヶ原自衛隊チームは、流石!
地元だけあって?強いですねぇ〜。
今年も優勝です!
2位に5分以上の差を付けて!

私が出走していた頃は、
その滝ヶ原自衛隊チームと
第1空挺団チームとが、毎年、角逐していた
いや!むしろ、第1空挺団チームの数連覇!
の時代だったのですが、
時代は変わりつつあるんですねぇ〜。

第1空挺団チームは、
自衛隊部門では、7位(総合では、8位)迄、
落ち込んでしまっているんですねぇ〜。

来年以降の巻き返しを願う所であります。


監督やメンバーが変わる中、
こうして部門別は勿論、総合でも優勝し続けている
滝ヶ原自衛隊チームに感服致します。


皆さんのご存知のチームは有りましたか?


そう言えば、
ここ『栃木』から出走しているチームは、見当たりませんね!

来年は、自らメンバーを掻き集め
『栃木』からエントリー → 出走しますか!??


志願者は、コメント下さぁ〜い♪(^o^)/



    

ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんばっ!




posted by らんたろう at 16:23| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

本日は、『富士登山駅伝競走大会!』

本日は、『富士登山駅伝競走大会!』


 

本日は、
先月24日にブログしました通り、

秩父宮記念
第35回富士登山駅伝競走大会!


の日ですね!

午前8:00スタート!

・・・ですので、約1時間後にスタートです! 


もう一度、確認しておきますが、
1週間まえの先月24日に開催され、大会結果をブログした大会は、
第63回富士登山競走!

標高約770mの富士吉田市役所まえスタート!
途中、北口本宮冨士浅間神社から吉田口登山道を通り、 
標高3,711mの富士山頂 久須志神社ゴ〜ル!!

たった一人で走る(登攀〜とうはん〜する)大会です!



一方、本日ブログするのは、
第35回富士登山“駅伝”競走大会!

御殿場市陸上競技場をスタートし、富士山頂を折り返し、
再度、御殿場市陸上競技場に舞い戻って来る大会!

こちらは、
たった独りではなく、6人1チームとなって、タスキリレーさせる大会です。

全  長:46.97Km
標高差:3,199m

の日本一過酷な駅伝大会(タスキリレー大会)!

往路と復路。
同じメンバーが時間を置いて2回走る!
(6区については、登り → 山頂 → 休む暇も無く、即!下る)

・・・と言う点も他の駅伝とは異なっていて見所です。


前者は、
富士山のふもと〜頂上迄、たった一人で走り(登り)ますので、
肉体的には、相当キツイですが、
ツラクなったら歩いてしまっても、何等、問題有りません!
(迷惑が掛かる〜ゴールタイムが遅くなる〜のは、自分だけ!)ですので、
精神的には、非常に楽です!

一方、
後者は、
3〜4Kmの走行距離ですので、肉体的には、前者と比較すればラクです。

が、しかし、往路(登り)で、ツラクなっても、
決して歩けません!手を抜けません!速度を緩められません!

タスキリレーが1秒でも遅くなり、
もし、関門にでも引っ掛かっろうものなら、
チームメンバーの今迄の汗と匂いと温もりがしみ込んだ
自チームのタスキが繋がらず、
9区にて繰り上げスタート用タスキを掛けて、
走らざるを得なくなってしまう恐れも出て来るからです。

ですので、精神的には、非常にツライです。



本日の大会
後者(駅伝大会)の事をもうちょっと、詳しく記しますと。。。


1人目:御殿場市陸上競技場スタート
  1区(往路):5.48Km
      
     標高差:184m
2人目:  ↓
  2区(往路):4.64Km
        ↑
     標高差:345m
3人目:  ↓
  3区(往路):4.54Km
        ↑
     標高差:381m
4人目:  ↓・・・4区からロードとお別れ。火山灰道に変わる。
  4区(登り):3.00Km
        ↑
     標高差:654m
5人目:  ↓ 
  5区(登り):4.24Km
        ↑
     標高差:1,017m <== 相当キツイ!
6人目:  ↓ 
  6区(登り):2.46Km
        ↑
     標高差:618m
        ↓
      山頂
山頂に到着したら、そこに居る
富士山頂浅間神社の神主さんからタスキに
(山頂到達の意味の)スタンプを押印して貰う。
そして、直ぐ!即行!今、登って来たコースを下る。
休む暇も無く、即!下る!:2.46Km 
        ↑
    標高差:618m
        ↓
再度、5人目のランナーが走る
 7区(下り):3.66Km

        ↑
    標高差:1,017m <== 砂走り。
        |             天候が良ければ、
       |             火山灰も乾切っているので
          |                       砂けむりを舞い上げながら、
       |              下って来るランナーを
          |                       周囲のランナー並びに観戦者などは、
           ↓                       観る事が出来ます。圧巻です!
再度、4人目のランナーが走る
 8区(下り):2.75Km

       ↑
    標高差:654m
        ↓
再度、3人目のランナーが走る   
  9区(復路):4.54Km

        ↑
   標高差:381m
        ↓
再度、2人目のランナーが走る
 10区(復路):4.64Km

       ↑
   標高差:345m
       ↓
再度、1人目のランナーが走る
 11区(復路):4.88Km

       ↑
   標高差:184m
       ↓
  御殿場市陸上競技場(ゴール!) 



・・・んな感じです。



一番キツイコースは、

 ・酸素希薄
 ・火山灰コースで足がとらわれる(走り難い)
 ・標高差:1,017m(4,000m走る内に1,000m登る)

の5区!
・・・と思われます。



次にキツイコースは。。。
6区でしょうか?

標高差は、

 4区のほうが、654m有り、
 6区のそれは、618mで、

気持ち、4区より緩いのですが、


 ・酸素希薄、
 ・大小の火山岩がゴロゴロ(非常に走り難い。足元を油断すると捻挫の恐れ有り)
 ・登りを終えたら、休む暇なく、即!下り
  (今迄、“登”に対応して来た体が、
   急に/瞬時に、“降”には、対応出来ないっ!)


・・・と言う点を考慮しますと、
4区より6区のほうがキツイ!
・・・と私は思います。



参加チームは、大概、例年120チーム前後。
その中には、自衛隊チームも3分の1前後出場し、
日々の鍛錬の成果を競います。

ゆえ、真夏の自衛隊の大運動会!とも称されています。
(・・・と勝手に私が称している。。。だけ?かな?(^_^;)


しかし、2007年(第32回大会)から、
自衛隊の部
  と
一般の部
とに部門が分かれましたので、
走力は有るが、自衛隊には、毎年、後塵を拝していた
一般の部のチームも優勝の可能性が出て来た事になります。



優勝チームは、
約3時間30分前後で、富士山頂を折り返して、
再度、御殿場市陸上競技場に舞い戻って来ます。


とてもタフなコースですが、
言い方を変えれば、
走り応えのあるコースと言えば、走り応えのあるコースも言えます。


一般の市民ランナー向けの大会ではない!
・・・と言えば、それも、該当するかも知れません。


キチガイ!・モノズギ!
・・・と言えば、それも、又、該当するかも知れません。
(^-^;


只、担当区間を“きっちり”走れるランナーを6人揃える!
しかも、通常のアスファルト道(ロード)ではなく、
火山灰道や岩を登る山の3区間(4区&8区、5区&7区、6区)を
“きっちり”走れるランナーを揃えて出場する!

これは、非常に大変な事です。

なかなかメンバーを揃えるのが難しく、
エントリーするだけでもキビシイ!/難しい!
状況なのではないでしょうか?どのチームも。。。
(出場するだけでも価値が有る!??)



一先ず、本日、間も無く8:00スタート!


生憎、
テレビ放映も2007年(第32回大会)から無くなってしまいましたが。。。


TV局も重い機材を5合目、7合目、8合目、山頂・・・と
運搬しなければならず、スタッフの体力的な面は勿論、
資金面なども工面が大変になって来たのかも知れませんね。



大会結果など判明しましたら、またブログします。




因みに私も本大会へは、過去に8回出場し
1区&11区、4区&8区、6区(山頂区)などを
走った経験が有ります。
(キチガイですた(ーー; モノズキですた(ーー;
 練習では、全区間を走破いたしますたっ!
 全くのおバカさんですたっ! (ーー;×2 )




ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんばっ!




posted by らんたろう at 07:14| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。