Let's shorten your Marathon Time!
(レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム!)


そう!

直訳いたしますと、皆さまご存知!!

「あなたのマラソンタイムを短くしましょう!」

・・・となります。

が、しかし、本来は、

「4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのフルマラソンタイムを
短縮させるお手伝いを致しましょう!
(^o^)/」


・・・を意味させたかったのですが。。。(^_^;


ランニング情報、マラソン情報、そして自らの拙い体験談、
・・・等々を提供して参ります。

それ等により、
現在、フルマラソンを4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのそのモチベーションをより高い位置へ、
そして、3〜4時間で走破出来るような

『フルマラソン・マインド・セット』

を養成する事が出来ましたら、これ幸いでございます。



末永く宜しくお願い申し上げます。m(__)m




らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。>_<)ノ
By らんたろう













『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
〜SB新書〜


●出版社:SBクリエイティブ
●頁  数:176頁
●著  者:津田 誠一(つだ せいいち)
       元学習院大学陸上競技部監督



<著者プロフィール:講演時の講師紹介>
 









『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本

〜一番やさしい42.195Kmの教科書〜』


●出版社:カンゼン
●頁  数:144頁(ソフトカバー)
●著  者:鈴木 莉紗(すずき りさ)
       アートスポーツ契約ランナー

<著者プロフィール・1984年生まれ>





2006年05月31日

日記



光陰→の如しですね。

もう5月も終わりです。
そして、2006年も5ヶ月が過ぎ去ってしまいました。

ついこの間、
室温が、2℃だぁ〜3℃だぁ〜 と喚いて凍死していた(※_※)と思いましたら。。。

年頭に掲げたであろう目標に向かって邁進しつつありますか?

私、すっかり駄目です(><)



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば

posted by らんたろう at 04:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

ゴミの日



ちょっと一息。
(マラソン関連のお話しでは有りませんが。。。)

今日は、ゴミの日です。

   ゴ ミゼロ
そう!5月30日 の日でっす!(o^^)b♪


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば

posted by らんたろう at 04:56| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

フルマラソンよりキツイ登山。どう思われます!?



フルマラソン完走なんかより、(<==“なんか”と書くと叱られる!?)
摂取食糧が限られている&酸素希薄&寒いなど標高が高くなればなる程、
断然厳しい条件になる登山
皆さんどう思われます。

★<両足義足で初の登頂成功 エベレストにNZ登山家>
共同通信

★<エベレスト最高齢登頂 鎌倉の荒山さん、70歳7カ月と13日>
産経新聞

★<男性救助せず登山続ける エベレスト登頂めぐり議論>
共同通信

★<エベレスト 豪の登山家、実は生存 登頂後に死亡とされ>
共同通信



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 05:28| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

にぼし&牛乳でカルシウム摂取



左手首骨折中の

松井秀喜外野手(31:ニューヨークヤンキース)

が、
にぼしや牛乳といった骨を形成するカルシウム製品を積極的に摂取している事が、
わかったそうです。

カルシウムには、

身体活動量を増やす働きがあり、それに伴って筋肉量も維持され、

骨折の早期回復に効果があるそうですので、
骨折をしていない我々ランナー/運動選手も積極的に摂取したいですねっ!

<関連記事>
サンケイスポーツ



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 05:49| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

日記



一寸、これから約一週間くらい、本ブログをお休みするかも知れません。

一寸、この一週間仕事が立て込む予定で、根つめてやらなければならない状態になりました。。。
(一寸、こもります。)

もし、記事がアップされていましたら、

「なんや!そーは言うても、結構、時間有るんやん!」

と思って下さいね。(^.^)

或いは、

「無理して、何とかアップしている。。。」

と言う見方も出来ますが。。。
(この場合、
文章を推敲していませんので、支離滅裂な文章になっている恐れも有りますが、
ご了承願います。。。
 最も、現時点でも支離滅裂ではありますが。。。 (ーー;) )


・・・と言う事で、少々、お休み致しますね。ZZZZzzzzz.....
(昨日のブログの有森さんではありませんが、「休養宣言!」。。。)



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 05:28| ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | ニ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

有森祐子さん現役引退表明



ご存知
バルセロナオリンピック銀メダリスト並びに
アトランタオリンピック銅メダリストの

有森祐子さん(39:ライツ、リクルートAC)

が、この度、今季限りで正式に現役引退を表明されたようですね。

2001年の東京国際女子マラソンに出場時、

「暫らく休養します!」

宣言をしてから早5年。

1月23日にもブログしました通り、
女子マラソン・世界記録保持者である

ポーラ・ラドクリフさん(32:英国)

と誕生日が同じ12月17日生まれ。
(有森さんは、1966年の丙午、ラドクリフさんは、1973年生まれ)

今年で四十路の大台に乗ってしまうのですねぇ〜。
体力的にも精神的にも、丁度、一区切りを付けるのに良いご年齢でしょうか?


そして、その時同様にブログしました通り、
予定通り今秋9月に開催予定のベルリンマラソンを走り、
その後、来春2月に開催予定の来月18日から申し込みが始まる

第一回東京マラソン

をラストラン(引退レース)にする模様。

ベルリンマラソンは高速レースで有名ですから、
1999年にボストンマラソンにて樹立させた自己ベスト2時間26分39秒の更新を目指す為、
本レースを選ばれたのかも知れませんね。

本ベルリンマラソンには、先日20日、出走の意思表明をした

野口みずきさん(27:シスメックス)

を始め、

渋井陽子さん(27:三井住友海上)

も出走が囁かれていますし、
その他、実業団は引退してしまいましたが、市民ランナーとして、今、尚ハイレベルの記録で走っている

小川ミーナさん(31:アミノバイタルAC)

も出走予定だそうです。

日本の女子トップランナーが数名、今秋ベルリンに集結するのですねっ!


有森さんには、

“初のプロマラソンランナー”

として、日本のマラソン界を牽引して頂き、
その後、藤村信子さんや高橋尚子さんなど続いた事を考慮しますと、
有森さんの当時の考え

「(私だけの)特例ではなく、(マラソン界での)前例を作りたい!」

なる目的は、多少なりとも達せられたのではないか?と思います。

お疲れ様でした。と同時に(新たな道を切り開いて頂き)
有り難うございました。とも言うべきでしょうか?
(しかし、やはりこれで、
「丙午の女性は(ちょっとやそっとでは、屈服しない)強い人!?」
が証明されたっ!?)


2001年の東京の時の“休養宣言”と言い、
今回の“引退宣言”と言い、やはり、きっちり意志表明する所は、流石プロですね!
(自然消滅は、やはり良くないですよね!)

引退後は、子作りに専念するのでしょうか?
マラソンをやっていて、体力的には充分あるでしょうから、
(40歳を過ぎると一般に高齢出産と言われていますが、)心配無用と思われます。

ベルリンでの走りが楽しみです!

<関連記事>
読売新聞



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:12| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

映画「リトルランナー」鑑賞&感想



3月4日にロードショーされてから、約2ヶ月後のゴールデンウィーク中に鑑賞して来ました。

遅れ馳せながら、その完走を。 いや 感想を。
(観たくてもまだ観ていない人に取りましては、概要が多少なりとも解ってしまい、
実際、観た時の感動と興奮が、若干、下がる?恐れも有るかも知れませんので、
ご興味の有るかたのみご一読願います。(^.^))


それでは、取りとめもなく、書きます。


父は戦死、
最愛の母は昏睡状態になってしまい、
医者からは、
「奇跡が起きない限り、お母さんは目覚めない!」
と宣告された主人公ラルフ君。

元オリンピックのマラソンランナーで、今は神父さんでもあるヒバートさんに、
「君がボストンマラソンで優勝する事が奇跡だ!」
と言われ、ボストンマラソン出走!そして、優勝を目指す
14歳の清純?無垢、純情?可憐なひたむきな少年〜ラルフ君〜のストーリー。

今、“清純?”、“純情?”とハテナマークを付しましたのは、
冒頭からシモネタが出て来て、所々にもそれが顔を出す為。

まぁ!14歳と言う多感な年頃、思春期ですので、
致し方無いと言えば、致し方無いとも言えますが。。。

そして、
こうしたランニングをテーマにした映画には、必ずの付き物なのでしょう!

「雨中トレーニング!」

昨夏、ロードーショーされた韓国映画「マラソン」の中にも
今回のような雨中トレーニングのシーンが有りました。

只、今回は、その「雨中トレーニング」に
「月夜の晩での森林トレーニング」も加わっていて、
単なるトレーニングのみならず、ハードトレーニングの雰囲気が尚一層、醸し出されていました。

月夜の晩の森林〜街灯・外灯なんて無し。月の光のみ。〜
その月光が雨に濡れた木々の葉を照らし出す。

いかにも、“ハードトレーニング敢行!”と言う感じが存分に出ていました。


只、“神様”が、通常の赤白服を着用した“サンタクロース”
・・・と言う設定はどうなのでしょうか?(派手過ぎない?)

“イエス・キリスト”のような渋い感じの?影が有る感じの?
設定の方が良かったようにも思えました。

或いは、
サンタクロースを用いるのであれば、
モノクロ映像の方が、“神様”の雰囲気がより近かった様にも思えました。
(最も、“神様”を見た事有りませんが。。。 (ーー;) )

小糠雨の中、月の光だけを頼りにアップダウンの森林をトレーニングする
ラルフ君のひたむきさには、心動かされました。

練習の指導をしていたヒバート神父さんも雨がひどくなって来ましたので、
一度「練習終了!帰る!」なる事を口走りますが、
ラルフ君が、「最初に決めた距離を走り切る!」・・・と言うので、
結局、最後まで自身もそこに居て、タイム測定をする辺り、
神父さん自身もラルフ君のひたむきさに心動かされたのでしょう!
(自分の現役時代を思い出しダブらせていたのでしょう!)

レース前に、ラルフ君の家が火事になってしまい(火事にしてしまい?)、
大切にしていた家族とのスリーショット写真が焼き焦がれてしまった。

この事件/事故を持って来たのは、
ラルフ君が、
落胆し、
走る意欲をも無くし、
レースでは意気消沈して惨憺たる結果。。。
・・・なる事を鑑賞者へ推測させる為のシーンでしょうか?

しかし、
・煙草を吸う!等校則を破る悪がき!
・異性に興味を抱き始める多感な年頃!
・自分の家を燃やしてしまう(でもあれは、自然な成り行きか?)お間抜けな部分
・・・等々
ラルフ君は、人間味もあり、実際、現実味もあって良かったと思います。

そうした手に負えない一人の少年が、
米国三大マラソンの一つ〜ボストンマラソン〜に出走する!
しかも“優勝”と言う最高峰/栄冠を目指すそのアンバランスさが、
又、一層興味を引くものと思われます。

後半の実際のレースシーンでは、
親友のチェスター君が放送室を陣取り、誰も入れさせず、
校内にマラソンレース中継模様をラジオで流す。
友情を感じました。
(その直前まで、ひょうんな事から、二人は喧嘩状態だったので。)

最初、チェスター君のこの行動に猛反対していた校長も、
ラルフ君がトップ争いを演じ、好レースを展開している放送が流れるにつれて、
聞き入ってしまい、思わず、
“勝て!”
と呟いてしまう辺り、感情推移、人間味を感じます。

看護婦のアリスさんも、
昏睡状態のラルフ君のお母さんにレース模様を聞かせようと
ラジオ放送を病室で流す。

教会では、ラルフ君が好意を抱くクレアちゃんがレースの成功を祈る。

そして、
チェスター君が流しているレース模様の校内放送を聴き入っているクラスメート達。

ラルフ君の周囲の人達全員が、一丸となってラルフ君を応援するその設定に感動しました。

レース中も、神様扮する赤白のサンタクロースが出て来て檄を飛ばす&喝を入れますが、
やはりモノクロ映像のイエス・キリスト風のような人物のほうが、
よりリアリティが有って良かったような。。。


参加賞であるメダルのひもの部分〜黄色と青色などの色彩〜は、
実物とソックリな色合いでしたね。
(実物と似せていて細部にまで凝っていましたね。)


さて、
心動かされたシーンは、下記。

・小糠雨の中での森林(アップダウンが在る)&月夜の晩(月の光だけ/外灯なんて無し!)での
ハードトレーニング。
走る前に決めた距離をどんな環境のもとでも最後迄走り切る!
・・・と言う練習へ取り組むひたむきな姿勢。

・レース中、トップ争いをして、デッドヒートを繰り広げるシーン。

・喧嘩中と思っていた友人のチェスター君が学校の放送室を陣取り、鍵を掛け、
 校長先生をシャットアウトして、ラルフ君のレース模様をラジオで校内放送する行為。
 ひいては、ラルフ君の周囲の人達全員〜当初、ラルフ君を小馬鹿にしていたクラスメート含む〜
 が、一丸となってラルフ君を応援するその設定。

などなど。


もう一度観てみたいですね。
そうしますと、一回目の鑑賞で見えなかった部分も見えて来て、
言動の意味やその背景も、より解るようになって来ると思うのです。。。

因みに、本ストーリーは、『フィクション!』だそうです。

      



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば


posted by らんたろう at 06:53| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | エ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

独り練習とブループ練習 U



昨日に引き続き、今日はグループ練習

独り練習ではやり方に不安が有るとか、
走りのレベルをよりアップしたいと思うかたは、
やはり、グループ練習を取り入れてみるのが良いと思います。

自分の練習のやり方に不安の有るかたは、
グループ練習に加わる事により、
自分の周囲に居る人、皆がコーチで、走りかたや、キックの仕方、腕振り、呼吸法などなど、
何かしらアドバイスを頂けると思います。
そのアドバイスを100%鵜呑みにするのは良くないと思いますが、
充分参考にし、自分なりにアレンジメントして、自分なりに吸収していくのが良いかと思います。

走りのレベルをアップしたいかたは、
インターバルトレーニングやペース走、はたまたビルドアップ走など、
自分より走力のあるランナーにペースメーカーなどになって貰うのが、
一番効果的ですね。

独り練習ですと、これらの練習に対して、どうしても“妥協”が入ってしまい、
生易しい練習になってしまうと思うのです。

「真剣にタイム追求をしたい!」、「走力のレベルをアップしたい!」
と言う時には、自分より走力の高いランナーと一緒に練習するのがベストですね!

とりわけ、ペース走など、正確なペースを刻んでくれるペースメーカーを得られれば、
そのペースでのリズムやフォームを身に付ける事に専念出来ますね。

但し、インターバルトレーニングなど、自分より速いランナーと一緒に走ろうとすると、
フォームを崩す場合も有りますので、要注意です。

「相手と競走する!」的、考えを持たないほうが良いですね。
“りらぁ〜くす”した状態で走る事が絶対条件となろうかと思います。


独り練習、グループ練習。
それぞれ、メリット、ディメリットが有ると思いますので、
自分なりに工夫して、ないまぜてみて下さい。



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:09| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

独り練習とブループ練習 T



今日と明日で、

“独り練習”と“グループ練習”

について、簡単にブログして行きたいと思います。

今日は、独り練習について。

思いますに、スポーツを分類しますと、大きく下記に分類されると思います。

       ┌ 対戦競技(柔道、剣道。。。)
       │
スポーツ  ┼ 集団競技(バレーボール、バスケットボール。。。)
       │
       └ 個人競技(ランニング。。。)


上記の中で、
我々が行っているランニングのような個人競技においては、
練習方法も独り独りを練習の単位とする事が基本と思います。 

そして、この独り練習で、
個々人の目標や技術・体力のレベルにマッチしたトレーニングを
いかに実施出来るかによって、その成果も大きく変わって来るかと思います。

例えば、ペースとフォームの関係で考えてみますと、
ペースが変われば、当然、フォームも変わって来ますね。

普段、キロ7分ぺースのジョギングを楽しんでいるジョガーが、
フルマラソンをキロ5分のペースで完走しようと思いましたら、
そのペースで楽に走れる事の出来る自分にあったフォームを習得していく事が
大切と思います。

又、ペースの変化をフォームの変化として、確実に身に付けるには、

「他人にとらわれない走り」

を練習時から心掛ける必要があるかと思います。

レース中は、同じペースでも前半と後半とでは、フォームが変わって来ますね。
距離表示もそう頻繁に小刻みにある訳ではありません。

ですので、
独り練習(トレーニング)中で、
自分の走っているペースとそのフォームの変化について、
正確に判断出来るようになる事が大切かと思います。

これには、やはり、他人に頼らず(グループ練習に頼らず)、
独り練習にて試行錯誤を重ねて身に付けていくしか方法は無いかと思います。

しかし、グループ練習にもメリットは有りますので、明日はグループ練習について。。。




ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:58| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ロードを走る時の交通安全



皆さんの中にロードを走る際、
タイムを気にするが為に、信号無視などをされるかたは、いらっしゃいませんか?

ちょっとした心の油断が、不慮の事故に巻き込まれてしまう恐れも有ります。
そうなってしまってからでは、手遅れです。

そこで、今日は、
ロードを走る際に注意したい交通ルール(交通安全)を、徒然なるままに記したいと思います。
ご参考下さい。


1.信号が“赤”なら絶対止まる!
@信号が青に変わる迄、その場で足踏みや屈伸などして、青に変わるまで待つ。
A信号が青に変わる頃を推測して、今、来た道を数100m後戻りする。
B横断歩道があればそれを利用する。(階段ダッシュにもなって良いですぞぉ〜。)

2.車と車の間の走り抜けをしない!
渋滞中の車と車の間の走り抜け(横断歩道を使わない道路の横断)は行わない。
中央分離帯をJogで渡ったまでは良かったものの、
反対車線から走って来る車にはねられる/ひかれるケースが有りますよ。
(以前、私有りました。。。(ーー;) )

3.道路の右側を走る
(白線のみの区分けも含め)歩道と車道の区別の無い所は、
道路の右側を走るようにしたほうが良いと思います。
前方から車が来た事がいち早く解りますし、
又、ドライバーとランナーが目と目でお互いの状況を確認出来るように、
対面して走る事が良いと思います。

4.標識の意味の理解
標識の意味を理解し、実施するように努めたほうが良いと思います。
@歩行者の横断禁止場所
A歩行者通行止め
B車輌通行止め
C一時停止(標識、地面の白文字、交差点の手前の足形。。。)

5.車のない所を走る
何はともあれ、
皇居(一周約5Kmと言われていますね。)や公園の周回コースなど、
信号機が無い場所や車などが通らない場所を選定して走れば、
交通事故に遭遇する事は有りませんねっ!


交通事故には呉々もご注意願います!


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 10:58| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

野口みずきさん!ベルリンマラソン出走表明!



お馴染みアテネ五輪女子マラソンゴ−ルドメダリストの

野口みずきさん(27:シスメックス)

は、この度、今秋9月24日に開催が予定されている

2006 ベルリンマラソン

に出走する事を正式に意志表明したそうです。

野口さんのコメントは下記。

「一度走っていてコースも把握しているし、(検討していたシカゴより)ベルリンで走りたい。
(日本記録を)もう一度狙ってみたい。
 昨年みたいな20度を超す暑さのための体力の消耗がなければ(可能)。
 涼しいベルリンなら(可能)」

「昨年は『もう少しで18分台だった。』という気持ちを残した。
 もっと速いペースで走り、2時間18分台を狙っていきたい。
 再来年の北京五輪に向けて、ベルリンで速い記録で走って自信をつけたい。

2007年大阪世界選手権への挑戦回避に関し、
「アテネ五輪を経験して、暑いところでの自分の体調が気掛かりな為。。。」

連覇を狙う北京五輪の選考レースに関しても、
「慎重に考えるが(優勝経験のある)大阪、名古屋にもう1つ東京を加えられれば」
と07年の出場大会まで言及した。


<今後の予定&青写真>

・5月末から長野・菅平で高地トレーニング合宿

・7月2日 札幌国際ハーフマラソン

・海外(スイス)での高地トレーニング

・9月24日 ベルリンマラソン(正式意思表明)

・2007年11月 東京国際女子マラソン → 北京五輪代表

・北京五輪金メダル獲得(五輪連覇達成!).

<関連記事>
スポーツ報知


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:17| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子10000m。福士加代子さん優勝!



陸上競技の

第50回 関西実業団選手権大会

の第1日目は19日、徳島・鳴門総合運動公園陸上競技場にて開幕された模様。

女子の10000m決勝は、

福士加代子さん(24:ワコール)が

アテネ五輪マラソン金メダリストで昨年覇者の

野口みずきさん(27:シスメックス)

を抑え、32分30秒69で2年振り2度目の優勝を果たしたそうです。
(ちなみに、2位はその野口みずきさんで、32分48秒51。)

5月15日にもブログしましたが、
福士さんは、今、乗りに乗っている最高の状態と思います。

●4月3日福岡で開催された

第34回 世界クロスカントリー選手権

にて、女子ロングの部(8Km)で日本人選手トップの総合6位入賞!

●5月14日

第16回 仙台国際ハーフマラソン大会

を1時間11分27秒にて優勝!

正に、
向かう所ところ敵なし、飛ぶ鳥を落とす勢い。。。と言った状態ですねっ!

そして、いつもの笑顔が、ますます笑顔になってしまいますね。

今後ともがんばって下さい。(((((^o^))))) Egao!


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:05| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

国立競技場が売却!?



皆さんは、

国立霞ヶ丘競技場

にて、競技をされた事はありますか?

私は今の今迄、一度も無いのですが、
夢であった「東京国際マラソン」へ出場出来た際に叶えようか?な。。。?
と思っていました。

しかし、今やその東京国際マラソンもなくなってしまいました。(泣)

それでは、コースや規模など変更にり名称も「東京マラソン」となったそのコースで、
一部、国立競技場も含まれるかと思いきやそれも有りませんでした。。。

ですので、
(国立競技場のスタンドには何回も足を運んだ事は有るのですが、)
国立競技場内へは一度も踏み入れた事が無いのです。

そんな、(ランナーとして競技する事が夢!?の)国立競技場が、
この度、売却されるという、最悪のシナリオが現実になる恐れもあると言うそうです。

何でも、
サッカーくじの『toto』を運営する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」は、
現在約230億円もの累積赤字を抱えているそうです。

そして、
その振興センターは、国立競技場や代々木体育館などの資産を管理・保有しているそうです。
そのセンターの役員の中には、
国立競技場などを担保にカネを借り、赤字を埋めればいいと話している人まで居るとか居ないとか。。。


国民の財産を天下り官僚の資金繰りミスによる穴埋めの為に売却云々。。。なんて話しは、
許される筈が有りません。

“悪”が、はびこるような世の中にはしてはならいのですが、
どういう訳かこういう人達に限って、美味しい汁を吸い続けるのですよねーっ!全く!

<関連記事>


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:52| ⛄| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

高橋尚子さん。東京国際女子マラソン出場意思表明!



18日、
シドニーオリンピックゴールドメダリストでお馴染みの

高橋尚子さん(34:ファイテン)

が、
来年2007年大阪にて開催が予定されている世界選手権代表選考会を兼ねる

第28回 東京国際女子マラソン(11月19日開催予定)

に出場する事を意志表明したようですねっ!(^^)

同大会への出走は、
アテネ五輪選考レースを兼ねた03年(2位)
右ふくらはぎ筋幕炎を押しての復活優勝!なる劇的カムバックを果した05年(優勝)
に続く3回目。

高橋尚子さんは、
「世界選手権は(マラソンで)1度も走っていないし、日本で行われることにも意味がある。」
との事。

そう言われてみますと、
1999年のセビリア世界選手権では、代表選手に選ばれながらも、
足の故障で、スタート数日前に棄権されましたらねぇ〜。
世界選手権出場への想いは、ひとしおと思われます。


「レースまで半年。十分練習を積める時間がある。」
と、
米コロラド州ボルダーでの高地合宿に向けて、同日出発した成田空港にて出走理由を説明。


例年より約1カ月早い渡米だそうで、
11月上旬の帰国迄、高橋さんご自身、最長期間となる約半年間の合宿を敢行する模様。

「スピード練習やウエートトレーニングを取り入れ、体のケアもしっかりしたい。
どういう条件のレースでも対応できるたくましい体を作りたい。」


との事。

これで、
  東京国際女子マラソン:2時間26分を切って日本人トップ →
→ 世界選手権の代表に内定! →
→ 日本人トップでメダル獲得 →
→ 2008年北京五輪代表

なる青写真が、確実に出来上がったと思いきや


「(北京出場まで)できたらいいが、先を考えるよりまず東京を全力で走り勝ちたい。」


と、着実な取り組みを強調。


高橋尚子さんご自身、恐らく、最後の挑戦になるであろう五輪出場!→ 金メダル獲得
なる最大で最後の目標に向け、
同じ30代として、同じマラソンランナーとして、(レベルの差こそあれ)
エールを送らせて頂きます。p(^o^)q

<関連記事>
時事通信

成田空港出発前の写真


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:31| ⛄| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

世界最高峰〜エベレスト〜登頂に際して思う



マラソン競技と同じ心肺機能の強さが、比較的重要視される登山。

しかもその山の標高が高くなればなる程、その重要性は高まって来るかと思われます。

世界最高峰のエベレスト(8,850メートル〜中国名:チョモランマ〜)登頂に成功する人達の
心肺機能はどのくらい優れているのか?調べてみたい気もしますが。。。


何でもこの時期(ゴールデンウィーク前後)は、
そのエベレスト登頂に一番アタックし易い時期だそうで。。。

それに伴ない、この度、
その世界最高峰に世界最高齢の70歳で登頂に成功したかたが居ます。
荒山孝郎さん(70:経営コンサルタント)だそうです。

<関連記事>
読売新聞

従来迄は、今年初めに逝去されました三浦敬三さん(101)の実のお坊ちゃま

三浦雄一郎さん(73:プロ冒険スキーヤー)

で、
今回の記録は、3日だけ上回ったそうです。 w(゚o゚)w ビ・ビックリ!

しかし、三浦雄一郎さんは、
2008年の北京五輪に併せて、再度、2008年に登頂を計画しているそうで、
成功すれば、75歳での登頂となり、また今回の記録を塗り替える可能性が有りますね。


そのエベレスト登頂に関し、もう一つ世界記録を達成されたかたが居ます。
もう3日前になってしまいますが、

マーク・イングリスさん(47:ニュージーランドの登山家)

この方、両足義足での登頂成功だそうです、こちらも世界初!w(゜o゜)w ビ・ビックリ!

<関連記事>
共同通信

イングリスは、12歳から登山を始め、18歳でプロの登山家になったそうです。
しかし、
1982年、ニュージーランドの最高峰クック(アオラキ:3,754メートル)の頂上付近で、
嵐のため氷穴に2週間閉じ込められ、凍傷にかかってしまい、
両足の膝から下を切断しざるを得なかったそうです。


いやしかし。。。

70歳のかたにしろ、両足義足のかたにしろ。。。
皆さん、非常にバイタリティ溢れるかた達ばかりで。。。

五体満足で30代の私は、一体全体、何をやっているのだろう!?
生易しい、ぬるま湯に浸った人生を送り過ぎか!?


・・・と、考えさせられる出来事が立て続けに続きます。



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 08:19| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

野菜ジュ−ス



皆さんは普段、水、代わりに飲む飲料は何ですか?

私は野菜ジュースが比較的多いです。
(練習後は、スポーツドリンク)

ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜ジュース。

一昔前迄は、野菜ジュースと言うと、“苦い”、“マズイ”と言ったイメージが強く、
(実際、苦かったですが、)
中々、すんなり飲みにくかったと思います。

しかし、最近の市販の野菜ジュースには、果実汁も含有されていて、
砂糖ではない甘味も程よく有り、とても飲み易く美味しいですね。

私が愛飲している野菜ジュースは下記。(取り敢えず、今回は2種類)
皆さんもご存知ですね!?


●充実野菜 緑黄色野菜ミックス
充実野菜 緑黄色野菜ミックス ペット930g*12本

15種類の野菜と3種類の果実 (りんご・レモン・ぶどう)がミックスされており、非常に飲み易いです。
砂糖・食塩無添加が良いですね。

【原 材 料】
果実(りんご、レモン、ぶどう)
野菜(人参、ほうれん草、レタス、赤ピーマン、インゲン豆、セロリ、ブロッコリー、
    ケール、南瓜、ピーマン、アスパラガス、白菜、小松菜、明日葉、パセリ)
香料

【栄養成分表】
(100g当たり)
エネルギー 34kcal 
たんぱく質 0g 
脂質 0g 
糖質 8g 
食物繊維 0.2〜0.6g 
ナトリウム 7〜39mg 


【内容成分表】
(100g当たり)
ビタミンA 408ug 
β-カロチン 2.1mg 
ビタミンC 14mg 
カリウム 150mg 
葉酸 3〜12ug 
ショ糖 2g 



●緑の野菜 モロヘイヤ&果実ミックス
緑の野菜 モロヘイヤ&果実ミックス ペット930g*12本

主原料であるモロヘイヤは、非常に栄養価の高い野菜と言われていますね。
充実野菜同様に砂糖・食塩無添加。
又、普段なかなか摂取し難い、ミネラル(マグネシウム、亜鉛、マンガンなど)を摂取出来るのが良いですね。

【原材料】
果実(りんご、ぶどう、グレープフルーツ、レモン)
野菜(セロリ、ほうれん草、モロヘイヤ、にんじん、グリーンピース、インゲン豆、ピーマン、
   アスパラガス、白菜、あしたば、ケール、小松菜、パセリ、クレソン、キャベツ、
   ラディッシュ、三つ葉)
香料
クロレラ抽出液
クチナシ色素

【栄養成分表】
(100gあたり)
エネルギー 36kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 8.7g
ナトリウム 2-9mg
リン 8mg
カルシウム 4-15mg
カリウム 100mg
マグネシウム 3-8mg
亜鉛 0.01-0.1mg
マンガン 55μg
ショ糖 0.8g



んー。
実際、挙げてみましたら、
純粋な野菜ジュースではなく、果実もミックスされていますね!
(まぁ〜!細かい事は気にされずに。。。 (^^; )

しかしー。
市販の野菜ジュースは高価!
自らジューサー/ミキサーに諸材料などを入れて、自作の野菜ジュース!

と言うかたも、いらしゃっるかも知れませんね。

それはそれでまた良いかと思います。
(手間が掛かるかも知れませんが。。。)


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:32| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

超初心者ジョガーか、それ以前の方へ



ジョギングをつい最近始めたばかりの超初心者のかたや
これから走りたいと思っているかたが、
もし、本ブログを読んでいらっしゃいましたら、

何はともあれ、先ずは少しでも体を動かす事から始めてみて下さい。

・・・と、推奨致します。

一番、手っ取り早いのが、やはり

歩き(ウォーキング)

と思います。

しかし、いきなり、

“60分歩こう!”

なぁ〜んて、意気込んでしまっても長続きしないと思いますので、
朝のラジオ体操をするような感覚で、気軽に気楽に、早朝にでも

ぷらぁ〜っ!

と、街中を歩いてみるのが良いと思います。

今の時期の早朝は、暑くもなく、寒くもなく、丁度過ごし易いです。

朝の新鮮な空気を吸って、うっすら汗をかいて、ちょっと喉が渇いたかな?
と思えるくらいが、丁度良いのではないでしょうか?

決して、最初から、

“○○十分歩く!”

等と意気込まないほうが、
細く長く牛の涎の如く継続させて行くには良いかと思います。

早朝などにウォーキング時間などを特に取れないかたは、
日常生活の中で少しでも体を動かす時間を設ける/見付け出すのが良いと思います。

例えば、
通勤時に、奥さんに駅迄マイカーで送って貰っていたものを歩いて駅迄行くとか。
その逆でも良いですね。
帰宅時に奥さんに駅迄迎えに来て貰っていたものを来て貰わず、歩いて帰宅するとか。

駅迄、比較的距離があるかたは、
途中迄、奥さんにマイカーで送って貰い、途中から降りて、歩いて駅迄行くとか。

「迎えに来てぇ〜!」
と電話連絡してから、歩いて家まで向い、途中で拾って貰うとか。。。

又、
駅構内のエスカレーターも利用せず、階段を利用するとか。。。

会社内のエスカレータ−も利用せず、階段を利用するとか。。。
会社構内の建てやを移動する時も自転車を利用せず、歩いて/小走りで移動するとか。。。

日常生活の中で、ちょっとした事で構いませんので、
体を動かす事を身に付けてしまえば、もうこっちのものです。

体を動かす事が、当たり前田のクラッカー(<== ・・・って、ご存知ですか?(笑))
体を動かす事が、当たり前になってしまい、
体を動かさない事が、逆に気持ち悪くなって来るようになれば、もうしめたものです。

そう!
習慣化ですね。

就寝前に歯を磨かないと、なんとなく気持ち悪いですよね!?

それと同様に、体を動かす事を習慣化してしまい、
体を動かさない事が気持ち悪くなって来るようになれば、
知らず知らずの内に体を動かしている事と思います。

そして、その内、体を動かす(歩く)速さでは物足りなくなり、もう少し速いペースの

駆け足/スロージョギング

になって来ると思われます。

ですので、先ずは、
日常生活の中でちょっとした事で構いませんので、体を動かしてみて下さい。
頭の片隅に常に体を動かす!と言う事を常に置いて過ごしてみて下さい。


走る事は歩く動作の速くなったもの!

と、良く言われますので、ジョギングをするには、
何はともあれ、先ずは、時間を見付けて歩いてみる事で、
そして、それを習慣化する事が大切と思います。


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:22| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

仙台国際ハーフマラソン



5月14日(日)、
仙台市の宮城陸上競技場スタート、仙台市役所前ゴールのワンウエイコースにて、

第16回 仙台国際ハーフマラソン大会

が開催されましたね。

当大会、3年前迄は、

仙台ハーフマラソン

と称し、3月の第2日曜日に開催されていたのですが、
一昨年より、今の大会名に変わると同時に7月開催になり、
今年は、5月開催になりましたね。

3月では、積雪もあり寒いので、7月にしたところ、
今度は暑過ぎて、5月にしたのでしょうか?

真相真意は判りません。(?_?)


3月開催の頃は、北上し何回か出走していた事もあったのですが、
ここ数年は、すっかり御無沙汰してしまい、No Entryです。(=.=)


さて、本大会にハーフマラソンアジア&日本記録(1:07:26)保持者の

福士加代子さん(25:ワコール)

が出走し、スタート直後から先頭に立ち、後半は、2位の選手

キャサリン・ヌデレバさん(33:ケニア)

をも引き離し、1時間11分27秒で優勝したそうです。\(^^)/

これで、福士さんは、2月の丸亀ハーフマラソンでの初ハーフからハーフ2連覇っ!

先月、福岡で開催されました
第34回 世界クロスカントリー選手権
の女子ロングの部(8Km)でも日本人選手トップの総合6位入賞!

今、一番乗りに乗っている時期かと思われます。

ヌデレバさんは、33秒遅れの1時間12分00秒。

何れも記録的には(彼女達に取りましては、)凡タイムのようですが、強風が影響したようです。


福士さん!これからも、日本陸上界を背負って立って下さいねぇ〜。(^−^)
ぐわんばっ! p(^o^)q

<関連記事>
時事通信



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:16| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市橋有里さんの近況



近況と言う程、大袈裟なものではありませんが。。。(ーー;)


昨日、ブログしました通り、

第26回 鹿沼さつきマラソン大会

へ行って参りました。(100%観戦)

天候は、当初の予測が外れ、
午後に近付くにつれ、徐々に徐々に晴れ間も見えて気温が上昇。
マラソンを走るには、少々暑い感があったと思います。

ゲストの

市橋有里さん(28:テレビ朝日)

は、10Kmの部に出走しており、40分前後で走破されていました。

走行写真を(銀塩カメラにて)撮影しましたので、現像出来次第、アップしたいのですが、
私、本ブログを開設して以来、今の今迄、一度も写真をアップした事が無いのです。(ーー;)
(やり方どーやんの? ・・・って、全くの大馬鹿っ! (><))

それから、50名分の色紙にサインを書いていました。

サインのド・アップ写真も300ミリ望遠レンズを装着して撮影しましたので、
アップしたいのですが。。。

  いちはしあり

を続けて(一筆書き風に)書いていました。(全部平仮名)


このブログに写真が既にアップされていました。)


北京五輪の話しを持ち掛けてみたのですが、
現時点では、まだそう言うレベルではないので、何とも言えないが、
来年の

2007 大阪国際女子マラソン

へ向けて、トレーニングを再開するとの事です。

体型は、
セビリア世界陸上やシドニー五輪に出場した時と同様にホッソリしていました。
(全然、太っている感じはしませんでした。)

身長も157cmで不変と思います。(最も、28歳にもなれば、身長はもう伸びない!?)

色白も不変。

所属もテレビ朝日で不変。

セビリアやシドニーの頃は、“おすまし”の少々お高い(?)感じの形容が、
似合っていたようにも思えましたが、あれから7年の歳月が経ち、圭角がとれて(?)、
サイン書きや写真撮影応対時には、時偶、柔らかい笑みも見受けられました。


・・・と、こんな所です。

現在まだ28歳。
(1977.11.22生まれA型 〜いいふーふ〜・・・“良い夫婦”の日ですねっ! (^^; )
来年の大阪では29歳ですから、まだまだ落ちぶれる年齢では無いと思います。

22歳で世界選手権、23歳で五輪・・・と、非常に若い内に世界のトップレベルの大会を
体験してしまい、その後は目標を見失っていたかと思われます。

目標がしっかり定まれば、また、底力を発揮してくるのではないでしょうか?


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 05:39| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

鹿沼さつきマラソン



本日14日(日)
ここ栃木県は、鹿沼(かぬま)市にて、

第26回 鹿沼さつきマラソン大会

が、開催されます。

私は当初より、エントリーしていませんので、出走はしませんが、
1999年セビリア世界陸上にて銀メダルを獲得し、
2000年シドニーオリンピック代表になった

市橋有里さん(28:テレビ朝日)

が、ゲストランナーで来られる為、会場へは足を運ぼうと思います。

写真撮影&ツーショット、可能で有れば、サインGet!、(<==ミーハー)
そして更に可能であれば、近況もお聞きして来ようと思いまっす!(o^^)b♪

昨年

2005 北海道マラソン

にて、
2002年の東京国際女子マラソン以来3年振りのフルマラソンを完走し、
(2時間44分32秒・・・久々のフルマラソンレースで完走できたせいか?
 レース後、感、極まって涙していたそうです。。。女性らしいですね。)
その後、トレーニングを積んでいるのか否かを。。。
北京五輪を目指すのか否かを。。。

天候は、雨降りが1日早まり、昨日1日中雨でしたので、
今日は、曇りで何とか持ちそうです。

それでは、行って参りまぁ〜す!(^^)/


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:26| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ニ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

低酸素室利用でドーピング違反?



11日、
世界反ドーピング機関(WADA: ・・・決して、和田 と読まないよーに(^^;
World Anti-Doping Agencyの略です。)のパウンド委員長が、
低酸素室の使用をドーピング(薬物使用)違反として禁止行為にするか否かを
13、14日の理事会などで検討することを明らかにした模様。

使用禁止が決まった場合、
使用した選手は、2年間の資格停止処分を受ける事になるそうです。


走友は、

谷川真理さん(43:アミノバイタルAC)

を育てた

中島進さん(56)

が経営する株式会社アチーブメント傘下にある、ハイテクスポーツ塾の塾生なのですが、
そこに在る低酸素室を利用し、週に2回トレーニングをしているそうです。

もし、“低酸素室利用がドーピング違反!”と決まった場合、
やはり、ハイテクスポーツ塾でも使用禁止となるのでしょうかね!?

最も、世界レベル、日本のトップレベルを目指すランナー対象の話しで、
スポーツハイテク塾には、特にそういった選手は通っていないと思われますので、
(<== これは失礼な言い方!??)
そんなに神経質になる事はないのですかね?


昨晩、本件に関し、その走友にメールを入れておきました。

今日明日(土・日)がトレーニング日らしいので、
(中島さんや谷川さんご本人さんから直接は無いにしても)
スタッフさんから何かしらコメント・意見・アドバイスなどがあるものと思われます。

しかし、
エリックワイナイナさんが、アミノバイタルAC所属になった時〜4月5日のブログご参照〜
スタッフさんは、その事を知らなかったそうですので、
今日・明日には、何のコメント・意見・アドバイスもないかも知れませんね。
 
ワイナイナさんの件も走友にお知らせした。 → 
→ 偶々、その日、トレーニグ日(マシン使用日)の電話予約をする所だったらしい →
→ スタッフさんにワイナイナさんの事を走友が聞いた →
→ スタッフさんは、何も知らなかった!
・・・そ〜です。(^^;


私もこの低酸素室について、少し疑問に思う所が以前から有りました。

登山をするように徐々に徐々に標高が高くなるに伴なって、
徐々に徐々に酸素が希薄になっていくのでしたら、
身体も徐々に徐々にその環境に順応していきますので、
それ程、身体に負担・負荷が掛からないと思うのです。

しかし、低酸素室利用の場合、
ドアを開けると(?)、その部屋に入ると(?)、いきなり酸素希薄状態になる。

そして、30分位(?)その部屋の中でトレーニングをこなして、
又、その部屋を出ると、いきなり普通の酸素状態になる。

この“いきなり”という状態が、僅か約30分位の間に2回も続くと、
身体に掛かる負担・負荷は、相当なものでは?
と思っていました。

実際、走友に聞いてみますと、ハイテクスポーツ塾に在る低酸素室は、
凡そ標高1500m位の酸素の薄さと同じとの事。

標高1500m位であれば、富士山の5合目位の高さですので、
観光バスで、観光客が頻繁に出入りしている事も考慮しますと、
それ程、身体にも負担・負荷も掛からないのかな?
とも思うようになっては来ました。

只、走友も低酸素室利用の最初の頃は、
「トレーニング後、低酸素室から出た直後は、若干、めまいがした!」
とも言っていましたので、

「100%完全に身体に悪影響が無い!」とも言い難いとも思われます。


随分、前の話になってしまい恐縮ですが、当時ダイハツに所属していた

浅利純子さん(36:チームミズノアスレティック)

の練習パートナーを努めていた

小鴨由水さん(34:〜現姓:松永さん〜)

が、1992年の大阪国際女子マラソンで、
当時、初マラソン日本最高記録を樹立(2時間26分26秒)させ、
バルセロナオリンピック代表選手になった時の話しです。

当時、高地トレーニングが非常に注目され始めた時で、
小鴨さんもご多分に漏れず、オリンピックに向け敢行しました。

しかし、慣れない海外且つ高地トレーニングで体調を崩し、
予定していた練習期間より早めに帰国してしまったそうです。

しかし、一時でもあれ、高地トレーニングで心肺機能を強化させた身体。
その強化された心肺機能を維持させようと利用したのが、
今日話題の低酸素室でした。

1日に何回かその低酸素室に出入りをしていて、
身体に負荷・負担が予想以上に掛かってたせいか?
結局、オリンピック本番迄、復調しなかったようです。

大会当日は、自身も体調不良を認識していたのでしょう!
ペース配分も何も考えず、スタート直後から猛ダッシュ!
「行ける所迄行く!」なる特攻隊精神だったか?、或いは、
最初だけテレビに映ると言う只単に目立とう精神だったか?
それは、判りませんが、結果的に、2時間58分18秒の29位に終わってしまいました。


話しが逸れてしまいましたが、
こうした背景も知っていましたので、個人的には、低酸素室利用を若干疑うフシも有りました。

ご利用されているかたおりましたら、ご完走を いや ご感想をお願い致します。


まぁ!本日・明日と理事会の出す結論に注目致しましょう!

使用禁止になった場合、アチーブメントさんの経営に悪影響を及ぼす!?
いやいや、
谷川真理ハーフマラソン大会で、ガッポリ儲けているので(?)痛くも痒くも無い!?
(参加費4,000円/人 x 約10,000人 = 4千万円  
 これから諸経費を半分引いたとして、一回の大会で、2千万円の利益!?w(゚o゚)w ビ・ビックリッ!)

<関連記事>
共同通信


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:53| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

が足炎〜がそくえん〜



走友からメールが着信しました。

「(医者に)が足炎と診断されたっ!」

と。

がっ!が足炎!?

勉強不足かな?始めて聞いた言葉でした。(泣)

友人曰く、
「膝の内側の筋肉群が、が足で、その炎症だと。。。」


皆さんは、が足部ってご存知ですか?

調べてみましたら、下記が解りました。

              ┌ 縫工筋〜ほうこうきん〜 
              │
が足を構成する筋肉 ┼ 薄筋〜はっきん〜
              │
              └ 半腱様筋〜はんけんようきん〜


上記、三つの筋肉の腱が、
膝の内側側副靭帯のけい骨付着部の上方部にて、
水鳥のガチョウの足のように3つに分かれて、けい骨に付いている事から、
命名された組織
だそうです。


が足炎とは、
走り過ぎなどで過度のストレスが加わり、
上記3つの筋肉の付着が、骨と擦れて炎症を起こしたものらしいです。


が足炎と判断された時には、
先ずは何と言っても、
膝の内側にストレスを加えないようにする事が第一だそうです。

痛みがある時には、
ストレッチングも一種のストレスになるので、ほどほどにして下さいとの事。

(太モモ裏側をストレッチングすると、半腱様筋が伸ばされ、
 太モモ前側をストレッチングすると、縫工筋が伸ばされるそうです。)


治療法としては、

 ・通常の投薬(内服、湿布薬)
 ・局所ステロイド注射
 ・理学療法

などをしながら、
支柱付きサポーター
(両サイドに金属製の支柱がついていて、膝の左右のブレを防止するもの)
で、膝の掛かるストレスを下げ、ランニングを暫らく控えましょう。。。との事。

ランニングの代わりに水泳、水中歩行、サイクリングなどは良いとの事です。 


友人は、暫らくランニングを中止しざるを得ずに泣いていましたが、
ひどい場合には、手術もしなければならないようで、
幸いそこまで至っておらず、安堵の胸をなで下ろしていました。(^.^)



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:33| ⛄| Comment(8) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

献血によって血液状態を知りましょう!



関連記事によりますと、

献血未経験者で、献血を知らない16歳〜29歳は、4人に1人も居るらしいです。
(今年1月〜2月、献血経験者と未経験者各5000人を対象にインターネットで実施した結果。)


私は年1回献血をしていますが、皆さんはどの位の割合で献血されていますか?

「自分の血液がこの世の誰かの役に立つ!」と考えますと、とても嬉しい事ですし、
それと同時に「血液の状態が判る」のと言うのも、とても実利的と思います。

身体を動かす元になっているこの「血液の状態」
我々ランナーは、特に把握しておく事は、競技をして行く上でもとても大切かと思います。

ですので、今日は、献血について少しブログしたいと思います。

献血には、幾つか種類が有ります。

一回で400cc(牛乳ビン2本分)、200cc(牛乳ビン1本分)の採取のほかに、
成分献血と言うのも有ります。

これは、血しょう、血小板のみの採血で、赤血球は元に戻してくれるというものです。
なんとなく、「身体に優しい献血」・・・って感じがしませんか?


先程、「実利的」と記しましたが、それは、
「400cc献血」と「成分献血」者には、
生化学検査のほかに、血球計数検査を行ってくれ、それを献血者(本人)迄、通知してくれるのです。
(200cc献血者には、生化学検査のみ)


生化学検査には、下記の7項目が有ります。

・AST(GOT)・・・心筋梗塞、急性肝炎やアルコール性肝障害などで数値が上昇。
・ALT(GPT)・・・脂肪肝(肥満)や慢性肝炎などの目安になる。
・γ-GTP・・・・・・肝、胆道、膵、腎などに多く含まれる酵素。
・総タンパクの量
・アルブミン
・アルブミン対グロブリン比
・コレステロールの量

一方、
血球計数検査では、下記8項目の検査

・赤血球数
・ヘモグロビン量
・ヘマトクリット値
・平均赤血球容積
・平均赤血球ヘモグロビン量
・平均赤血球ヘモグロビン濃度
・白血球数
・血小板数


本ブログをお読みになられているかたの中には、
「献血なんて知らなぁ〜い!」
と言うかたは、いらっしゃらないかと思います。

かと言って、そう頻繁に献血を行わなくとも良いと思われますが、
年に一回位は献血をして、体内を駆け巡っている血液の検査結果を把握しておく事は、
とても大切かと思います。

特に献血でなくとも、健康診断などで採血依頼し、血液状態を調べて把握しておく事を推奨致します。

ご参考と致しまして、
ご自宅・ご自身にて血液を採取し、郵送後、検査結果が返送されて来ると言う

血液検査セルフチェック

なる検査キットをご紹介致します。
(最も、本キットは、ガン総合検査セルフチェックですが。。。)

・男性用がん総合検査セルフチェック

・女性用がん総合検査セルフチェック


<献血関連記事>
読売新聞


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 08:41| ⛄| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

モンゴルマラソン



皆さんは海外でマラソンを走られた事は有りますか?

私は今迄、2回だけ(2回も!??)出場した事が有ります。
  米・ボストンマラソン大会(招待)
  豪・シドニーマラソン大会(当選)
です。

ですので、海外マラソンには、詳しくないのですが、
むしろ、井の中の蛙、大海(大会?(笑))を知らず状態で、疎いのですが、
今日は、申し込み締め切り日が近付いて参りました

第10回 モンゴル国際マラソン大会

について、少し。。。

何でも、本大会、
ボランティアが取り持つ縁で実現し、今年で10回目を迎えるそうです。

どこまでも続くモンゴルの大草原を走るマラソン大会。

爽快な風も受け、何となく気持ち良さそぉ〜(良さ走)ですね!?

先日、ブログしましたL・S・Dなぁ〜んて、持って来いの場所ではないですかね?
(何処迄行っても草原なので、却って飽きる!?)

柔軟やストレッチング、筋トレなんかも広々とした草原の柔らかい?草の上、
さんさんと輝く太陽のもとで行えば、気持ち良くないですかね!?

本大会の詳細につきましては、
関連記事をご一読頂き、下記に大会概要を記しておきますね。


●開催日:7月23日(日)

●開催地:モンゴルの首都ウランバートルの郊外ウンドルドブ草原

●種  目:1Km、3Km、5Km、10Km、ハーフ

●参加費:1万円(参加賞、記念Tシャツ、草原パーティの費用込み)

●参加資格:健康な人なら誰でも参加可

●申し込み締め切り日:5月31日(水)

●ハーフ優勝者男女:馬1頭贈呈

●モンゴルマラソン日本事務局:TEL06・6941・2266
  モンゴル観光を兼ねたツアー(7月21〜28日迄。大人22万円)など有るそうです。


気付いたのですが、ハーフの部優勝者男女に馬1頭贈呈。。。って、
もし、仮にGet出来たとしても、どうやって持ち帰るのですかぁ〜?(笑)
船で運搬?運搬費も持ってくれるのかしらんー?

無事、日本に持ってこれたとしても、どうやって飼育するんですかぁ〜?(笑)

売り飛ばしてお金にする?
それなら、モンゴル現地で売り飛ばせば、運搬費は掛からない?
現地は物価が安いので、やはり日本で売るほうがお金になる???(?_?)

嬉しいような悲しいような賞品ですね!(^o^)
(最も、優勝すれば。。。のお話しですが。。。)

以上、第10回 モンゴル国際マラソン大会のお話しでした。
ご興味の有りますかたは、上記、日本事務局さんへ。。。

<関連記事>
産経新聞

<大会詳細Web>



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:52| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

カルシウム



昨日、牛乳について調べていましたら、カルシウムについても、少し詳しくなりましたので、
今日は、カルシウムについて少々。。。


皆さんは、骨粗しょう症と言う病気をご存知ですね。

“しょう”は、漢字で“鬆”と言う文字をあてて、
大根や牛蒡などの芯に生じるス(穴)の意味が有るそうです。
骨の量が減少し、スが入った大根のように骨がスカスカになってしまう病気です。

大分前になりますが、マラソン解説者でお馴染みの

増田明美さん(42:日本陸上競技連盟理事 〜現姓:井脇さん〜)

が、現役引退時、その骨密度を調べてみましたら、
「70歳過ぎのお婆さんの骨密度と同じだった!」
と言う衝撃的事実をお聞きして、ビックリしました。

この背景には、ランナーとして走り過ぎていたと言う事の他に
やはり、

 ・カルシウム摂取不足
 ・摂取しても体外への流出

が挙げられるかと思われます。

30代を過ぎると、年齢と共にカルシウム吸収能力が低下し、
同時に、骨から流れ出す速さもスピードアップするらしいです。

ですので、30代、40代ランナーは、カルシウムを積極的に摂取し、
流出を防ぐよう努める事が肝要らしいです。


では、カルシウムが豊富な食品には、どういう物があるか?
ご存知と思われますが、一応、記しますと、

牛乳、小魚、海草、野菜。。。

只、体内への吸収率と言う話しになりますと、

小魚は、25〜53%しかなく、
野菜に関しては、5〜27%と消化吸収し難いそうです。

その点、牛乳は、
カルシム含有量は、小魚より少ないものの、
吸収率は、70%前後と高い値を示しているようです。

この背景には、牛乳には、タンパク質が含まれているからだそうで、
カルシウムを骨に沈着させるには、タンパク質を同時に摂取する事が肝要だそうです。

更に、
活性化ビタミンD
もカルシウムを効率良く吸収し、骨に沈着させるのに重要な役割を果たしているそうです。

主な食品に、干しシイタケ、キクラゲ、サンマなどが挙げられます。


今年初めにご逝去されましたプロスキーヤーの三浦敬三(101)さんや、
2008年度北京五輪に合わせて、再度エベレスト登頂を目指している
敬三さんの息子さん〜三浦雄一郎(73)さん〜
も小魚(カルシウム)と一緒にキクラゲ(ビタミンD)を摂取しているお話を本で読みました。


それから、
ビタミンDは、人間の皮膚の下でも合成されるそうです。

皮膚の下には、プロビタミンDと言う物質があり、紫外線に当たるとビタミンDに変わる。
このビタミンDが、肝臓や腎臓の働きによって活性型ビタミンDに変わり、カルシウムの骨への吸収を助けるそうです。

また、走ったり、歩いたりと言った適度な運動もカルシウム吸収率を良くするらしいです。
我々、ランナーには無縁な話しですが。。。(^^)

<まとめ>
 ・カルシウム摂取には、吸収率が約70%前後と高い牛乳が効率的。

 ・カルシウム摂取と同時にタンパク質も摂ると、骨に沈着し易くなる。

 ・活性型ビタミンD(干しシイタケ、キクラゲ、サンマ)も同時に摂ると、骨に沈着し易くなる。

 ・太陽の下(紫外線〜1日15分位日光浴〜)での適度な運動で、
  体内に活性型ビタミンDが生成。


<関連Web>



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:36| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

牛乳とコレステロールの関係



牛乳には、
タンパク質を始めとするカルシウムなどのミネラルやビタミンなど
身体に必要な栄養素がバランス良く含まれている食品(飲料)と言われていますね。

私も、大概、毎日飲んでいるのですが、
いつだったか?下記のような事を聞いた事が有りました。

「牛乳を飲むと、コレステロール(脂肪)が高くなるので、健康に良くない!」と。

そこで、色々調べてみました。

その結果、関連Webによりますと、上記の事は誤解で、
様々な面から、やはり、牛乳は健康維持には望ましい飲料と言う事が再認識できました。

牛乳には、確かにコレステロールが含まれているそうですが、
その量は、 乳脂肪の中に0.25〜0.4%程度しかなく、
たとえ1日に2本(400ml)飲んだとしても、摂取するコレステロールの量は、
44mgにしか過ぎないそうです。

この量は、
食事や飲料からのコレステロール摂取量が、一日約300mg程度迄可能な成人からすれば、
血中コレステロールの値には影響が無く、健康を害する量とは言えないそうです。

また、コレステロールは低ければ良いと言うものでもなく、
身体の細胞膜の構成成分として、ホルモン材料にもなるそうで、
適度な量(※)の高さを保たなければ長生き出来ないそうです。

(※)目安として、
   血液100mlあたりのコレステロール値が120〜150mgを下まわらないよう、
   又、250〜300mgを超えないように心掛けるのが良い。
   (最も、血液100ml・・って、普通の生活の中で簡単に調べられないと思いますが・・・(ーー;))

ですので、
普通に牛乳を飲んでいる分には、コレステロールの事を気にする事はないそうです。


質の良い食品(飲料)から、適量なコレステロールを摂取する事が、
健康な身体作り・維持の上でも必要なんですね。

ちなみに、牛乳をコップ一杯飲んだとしますと、
エネルギー摂取量は、約120Kカロリーで、
ハンバーガー1個摂取した時のそれの、約5分の2位の量だそうです。

特に太る事も有りませんね。(^o^)

<関連Web>



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:00| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

L・S・Dについて Z



「L・S・Dが良いよ。」

と推奨致しますのは、
安全で尚且つトレーング効果が有るから。。。 と言うだけでは有りません。

今迄の人生の中で、
私達は、“ゆっくり走る”事を教えて貰う機会が無かったように思えるのです。

学校での体育の時間や部活動の時など、チンタラ、チンタラ走っていようものなら、
「何やってんだっ!」
と、体育教師や部活動の顧問の先生、先輩などにどやされたかと思います。

それ故、

“走る=速く走る=競走”

なる図式が暗黙の了解のうちに出来上がってしまっていたかと思うのです。

そこで、この図式なるイメージを覆す為にも、

“ゆっくり走る”

を敢えて推奨するのであります。

記録更新を目指し、スピードや素早い動きを身に付ける為に、
はたまた、心肺機能強化の為に、スピードをガンガン入れて、
インターバルトレ−ニングをこなす。それこそ、競走しているかのようにこなす。

その練習も、勿論、良いでしょう!

その一方で、
L・S・Dなるゆっくりとしたスピードで充分なる距離を踏む練習を敢行し、
時には、歩いている人にも悠然と抜かれる。
何ものにも捕らわれず、周囲の景色や風景などを楽しみながら、
時には、走友との談笑をも楽しみながら、ゆっくり走る事を身に付ける事で、
ランニングライフが、
より豊かに、より充実したものに、そしてよりエンジョイ出来るものになるのではないか?と思うのです。
(が、皆様如何思われますか?)


ゴールデンウィーク中、即ち、比較的、練習時間が取れ易い時期に、
ゆっくり時間を掛けて距離を踏むトーレニング

L・S・D(Long Slow Distance)
和訳して、
長い距離をゆっくりのスピードで距離を踏む

について、
徒然なるままに綴って参りましたが、多少はお役に立ちましたでしょうか?

一先ず、L・S・Dについては、一区切りさせますが、
また、何か思い立ちましたら、ブログするかも知れません。

今後とも宜しくお願い致します。



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:13| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

高橋尚子さん誕生日



お馴染みシドニー五輪ゴールドメダリストの

高橋尚子さん(ファイテン)

が、本日5月6日、34歳のお誕生日を迎えられました。

おめでとうございまぁ〜す。\(^o^)/
(本日は、代々木・チビリンピックでのゲスト出演かな?(?_?))


3月に開催されました名古屋国際女子マラソンでは、37歳の

弘山晴美さん(資生堂)

が、見事優勝していますし、
マラソンランナーとして、脂が充分に乗っている年齢と思われます。

2年後の2008年北京五輪代表 → ゴールドメダル獲得

なる夢を是非実現させて頂きたいです。

もし、五輪出場が実現すれば、その時、36歳と3ヶ月。
2004年8月アテネ五輪で、女子10000メートルに出場した先の弘山晴美さんが、
35歳と11ヶ月(1968.9.2生まれ)。

この為、日本陸上界女子では、史上最年長での五輪出場になるのではないでしょうか?

五輪で初のゴールドメダル獲得!
   や
初の2時間20分切り!
なる記録で、日本陸上界女子に新風を巻き起こして来た高橋尚子さん。

北京五輪出場が決まれば、
またまた、その日本陸上界女子に新たな一頁を刻む事になるのですねぇ〜。

高橋Qちゃぁ〜ん!ぐわんばってぇ〜(^^)/



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 10:22| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

サハラマラソン テレビ放映



先月、4月9日〜15日迄、北アフリカはモロッコにて開催されました
世界一過酷な自給自足ウルトラマラソン

サハラ砂漠マラソン(一週間で約250Km前後走) ・・・ 開催年毎に若干、変動
(4月13日にも概要をブログしました。)

の模様が、
明日5月6日(土)日本テレビ系列で、13:30〜15:30迄、録画放映されます。

フルマラソンも走った事のない二十歳前後の美少女アイドル3人(※1)が、
この一年間トレーニングを積んで、本レースへ挑む&当日のレース模様
と言う番組編成で、

一応、無事

完走(!?)、完歩(!?)、踏破(!?)した事になっているそうです。(笑)・・・意味深

(※1)西秋愛菜(にしあき あいな)さん(19)
    柏木貴代(かしわぎ たかよ)さん(20)
    福井未菜(ふくい   みな)さん(21)
    

ご興味にあるかたは、チャンネルをお合わせ願います。
(今、チャンネルと言わない!? ボタン!? スイッチ!?)


★5月6日、13:30から、実際、VTR見てみました。
みてみました。。。が、
サハラマラソンを初めてご覧頂いたかたに取りましては、

「サハラマラソンって歩くレース?ウォーキングレース?」

と思われたかも知れませんね。(^^)

しかし、トップランナーは、勿論、
砂地の上を走っているとは思えない程、驚速スピードで、全コース走っています。

当然、オーバーナイト2日間レースでは、チェックポイントでの仮眠なんか全くしません。
(驚速スピードで走っていますので、その分、早くその日のビバークポイントに到着してしまいますので、
 仮眠なんぞ取る必要がない!と記したほうが、正確かもしれません。)

最も、参加者全員が、
そのトップランナーのように驚速スピードで走っている訳では有りませんが、
それでも、3分の2以上の参加者は走っているかと思います。

この美少女アイドル3人達は、その3分の1のほうの部類で、
歩く(ウォーキング)がメインで、走る時間が僅かにあった。。。と言う程度でしたね。(笑)

そして、番組編集上2時間内で上手く纏められていますので、

「100%(番組を)鵜呑みにしないように!」

とは、今年、本大会に参戦された走友からのコメント。

ただ、普通の体調で、気分も悪くならなければ、
普通に歩いていれば、その日のビバークポイント迄、無事、辿り着き、
結果、最終ゴール迄、辿り着く事は、辿り着くそうです。
(走らなくとも、完歩で、ゴール迄の到着100%可!)


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 16:53| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L・S・Dについて Y



場所を選ばず、何処でも気軽に気楽に楽しめるのが、L・S・Dの良い所と思います。

時間を目安に走る訳ですから、距離表示も必要有りません。
そして、必ずしも、普段のジョギングコースやロードを走らなくとも良いのです。

ゆっくり低速で走りますので、
例えば、体育館のような屋内でも60分〜90分のL・S・Dを行う事も可能です。

また、敢えて、トラックのような狭い周回コースを走って、“集中力を高める”と言う方法も
無きにしも非ずですが、やはり、少なからず、“飽き”も出て来るかも知れません。
(ちょっと、狭い場所でのL・S・Dをやった事ないもので。。。 (ーー;) )

長時間にわたるL・S・Dですから、精神的に“飽き”が来ない事も大切かと思います。

そう言った意味では、
やはり、周囲の景色が変化に富んだほうが良いですし、そのほうがむしろ楽しいかと思います。
そして、それが、豊かな自然の中でしたら、もう、何も言う事は有りませんね。

可憐に咲く綺麗な花を見付けたり、名も知らぬ昆虫を発見したり、
そして何より空気がキレイで美味しいですね。

これから、若葉萌える季節ですので、自然が傍に在るかたは、
是非、自然の野山でのL・S・Dを推奨致します。

自然が傍に無いかたは、隣町まで、L・S・Dが良いですね。
見知らぬ街をあてもなく、さまよい続ける事は、花や昆虫はいないかも知れませんが、
代わりに興味をそそるお店や奇抜な家など様々な発見があり、とても新鮮で面白いと思います。

また、仮に道に迷ってしまっても、それはそれで良いと思います。
その辺をグルグルゆっくり走っている事が、即ち、L・S・Dになるのですから。。。

その内、また同じ場所を走った記憶が蘇って来たりして、
そして、自分が、今、どの辺を走っているか解るようになる筈です。

最悪、「今、自分は何処に居るか!?」・・・と、
その辺に歩いている人に聞けば良い訳ですから。

ですので、
むしろ、見知らぬ街で迷子になってしまったほうが良いかと思います。
迷子になってしまった事を楽しみ、見知らぬ街並みをも楽しみ、
チンタラチンタラやっている内に、時間の感覚もなくなって来て、
距離やペ−スにとらわれない、最高のL・S・Dが出来ると思います。

<まとめ>
・L・S・Dは、精神的に“飽き”が来ない事も大切。

・自然が傍に在るかたは、野山の中を時間を気にせず、ゆっくりL・S・D。

・自然が傍に無いかたは、隣町、その隣町まで、ゆっくりL・S・D。
 見知らぬ街を楽しみ、迷子になったら、迷子になった事を楽しみ
 距離やペースにとらわれず、ゆっくりL・S・Dが出来れば、それは最高のL・S・D!




ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:13| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

L・S・Dについて X



「L・S・Dをやってますよぉ〜」

と言う声を走友から良く聞くのですが、実際、その走りを見てみますと、

スピードが速いのでは?

と言う印象を受けます。

“ゆっくり走っている”と言いながら、実際には、
レースでのペース走と、本来あるべき姿のL・S・Dとの中間位のペースのように思われます。

L・S・D普及に大貢献した故佐々木功監督さんが、
当時、日本電気ホームエレクトロニクス(NEC・HE)に所属していた

浅井えり子さん(46)
(3/19に開催されました参加者名簿の所属欄を見てみますと、所属クラブ名無記入。)

を指導している時のエピソードにこんな話しが有ります。

L・S・Dで黙々とロードを走るその二人は、歩いている人にも抜かれたと。。。

“歩いている人に抜かれる”。。。と言う事は、
大人が1Kmを普通に歩くのに、約12分〜13分と言われていますから、
それよりも遅いペースだった事が伺えます。

ですので、

「こんな遅過ぎるペースで良いの?」

「遅過ぎるのでは?」

と思える位、遅過ぎるペースが、本来あるべきL・S・Dの姿だと思われます。


実際に、L・S・Dをやられた事のあるランナーならお解りかも知れませんが、
キロ約10分前後でのペースを維持させて、長い距離を走る事は、これは非常に難しい事です。
知らず知らずの内にペースが速くなって来てしまいますから。。。(^^;

簡単そうに見えて、実際行ってみて難しいと感じるのが、L・S・Dと思います。

L・S・Dは、
絶対スピードを高めるトレーニングではなく、スピードの幅を広げるトレーニングと思います。

例えば、日本のトップランナーは、持っているスピードの幅も広いです。
キロ3分前後でレースを走る事もあれば、キロ6分前後のスロージョグもこなしますね。
持ちスピードに約3分の幅がある事になります。

一方、我々、一般市民ランナーは、
キロ3分前後で走る走力を持っているかたは少ないかと思われます。
キロ4分〜5分前後がノーマルな形でしょうか?

こうした一般市民ランナーに、
先程の日本のトップランナーの持ちスピード幅〜約3分〜を当てはめてみますと、
キロ7分前後〜8分前後のペースでのスロージョギングを身に付ける事になります。

“スピードに幅を持たせる”と言う事は、即ち、“ランナーとしての走りの豊かさが有る”
と言っても過言ではないのではないでしょうか?

ですので、我々、一般市民ランナーは、
このキロ8分前後を保って走る事が出来れば(マスター出来れば)、
レースペースの5分との持ちスピード幅〜約3分〜が確立する事ができ、
それは、即ち、日本のトップランナーが持っている“持ちスピード幅”と同じになりますので、
“走りの豊かさ”と言う点では、日本のトップランナーと同じになりますね。

今のこのお休みの時期〜比較的、練習時間が取れる時期〜に
本来あるべき姿のL・S・D〜よりゆっくり、より長い距離〜に取り組まれてみては如何でしょうか?

“走りの豊かさ”を追求しながら。。。

<まとめ>
・L・S・Dは、こんな遅過ぎるスピードで良いの?と思えるスピードで丁度良い。

・“持ちスピード幅〜3分〜”を確立させる事を目指し、
 日本のトップランナーと同じ“走りの豊かさ”を身に付けましょう!




ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 13:10| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

L・S・Dについて W



では、実際、L・S・Dを始めるにあたり、準備・用意するものはあるのでしょか?

特に神経質になる事はないと思います。

この時期であれば、
通常のランパン、ランシャツの上にトレーニングウエア+(プラス)キャップ帽なる格好で充分と思います。
急な天候不順で、雨になった時の為に、ウインドブレーカーもあれば役に立ちますね。

只、20〜30分のL・S・Dでしたら、ともかく、それ以上の時間を掛けて行う場合、
やはり、給水が必要と思います。

予め、500mlペットボトルにお気に入りのドリンクを入れ、それを持参すれば、
随時、給水可能ですね。
500mlx2本もあれば充分と思います。

特に、お好みのドリンクにこだわらなければ、小銭を持参し、
自動販売機やコンビニなどでドリンクを入手し、適度に給水すれば良いですね。

この際、小銭入れとして、ウエストポウチが有れば便利ですね。
(私の場合、ウエストポウチを使用せず、
 500円玉2枚を左右のシューズのベロ上に置き、
 シューズ紐にからまして挟んでおきます。
 ドリンクをあがない、くずれてしまった小銭は、
 レシートにくるめて、バラバラにならないように工夫しています。)

只、何れの場合にも、軽量なバックパックが必要かと思われます。

手にペットボトルを持って、L・S・Dも行えなくはないですが、
走り始めはともかく、時間が経つにつれて、疲労度も増し、握力も低下して来ますし、
掌を常時、“りらぁ〜くす”させる意味でも、軽量なバックパックにペットボトルを入れて
行うのが良いと思います。

自動販売機やコンビニなどで、ドリンクを購入した場合でも、
その場でドリンクを飲み干してしまえば、何等問題有りませんが、
飲み切れない場合、
やはり、ペットボトルなどバックパックに入れて走れば、走り易いと思います。

又、タオル一枚持参し、その中にペットボトルを丸めておけば、
L・S・D中にバックパックの中でペットボトルがあそぶ事も有りませんし、
ペットボトルの冷たい温度を幾分か保温もする事も出来ます。
更に、自分の汗も拭けますので、一石三鳥でっす。(o^^)b♪

それから、シューズは、極力、底が厚目の物を利用するのが良いですね。
長時間走る訳ですから、
なるべく、路面・地面からの衝撃を和らげる役目を果す/機能を持つ厚目の物が良いです。

そういった意味で、
アスファルトなど硬い路面上を走るよりかは、
土や芝生など柔らかい上を走るほうがベターと思いますが、
なかなか、そういった環境が身近に無い場合には、
必ず厚目のシューズを着用しましょう。

それから、携帯電話も持参していれば、
万が一、事故か事件か何かトラブルに巻き込まれてしまった際に、
第三者と、即、交信が取れますね。(^^)/

<まとめ>
格好:
ランパン、ランシャツの上にトレーニングウエア+(プラス)キャップ帽

給水:
(500mlx2本)ペットボトルに入れたお気に入りドリンク or 小銭

持ち物:
軽量なバックパック、タオル
 <有れば役立つ>
  ウエストポウチや携帯電話、更に
  急な天候不順で、雨になった時用にウインドブレーカー

シューズ:
底が厚目のもの


以上です。

★この度、四歳半男児が65KmのL・S・D(?)を敢行した模様。(^.^)〜於:インド〜

<関連記事>
共同通信


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 07:39| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

L・S・Dについて V



ゆっくり走るL・S・Dですから、
開始前に、特に入念なウォーミングアップは必要無いと思います。
L・S・D自体がウォーミングアップをも兼ねると思うからです。

それ故、走り始めは、
何となく、体が重いとか、動きがぎこちないと言ったかたもいらっしゃるかも知れません。

しかし、これは、特に気にする事は無いと思います。

経験上、走り続けている内に、
足の動きも滑らかになり、リズミカルに走れるようになって来ますので。。。

L・S・Dをやられたかたなら体感された事もあるかも知れませんが、
たとえ、最初は調子が悪く、体が重いと感じても、長時間走っていると、

「ある瞬間から急に調子が出て来たっ!」

「まるで、降って湧いたように自分の走りに良いリズムが宿ったっ!」

・・・なる体験をされていると思います。

ですので、走り始めの調子悪さ、動きのぎこちなさ等は、
一切、気にしなくとも良いと思います。


また、普段のランニングトレーニングでは気付かなかった

技術的なヒラメキ

が得られるのも、このL・S・Dの時と思います。

ゆっくりのスピードでも長時間走っていますと、
その動きが熟練されてくる・・・と言うイメージでしょうか?

つまり、その日の練習の中で、走り始めの時より、練習後半のほうが、
ちょっと、走りがうまくなっている・・・と言った感じ。。。

走る時間が長くなればなるほど、知らず知らずの内に、

“少しでも楽に走ろう!”

・・・と言う意識が働き、
最初は、多少なりともバランスの悪いフォームで走っていたとしても、
ひとりでにそのバランスの悪さを良い方向へ良い方向へ修正しよう
という力が働いて来ると思うのです。

それ故、練習後半のほうは、

“何となく走りが良くなったっ!”

と感じるランナーもいるかと思います。


では、
「どの位の時間を走れば良いか!」
が、問題になって来ますね。

本当の初心者に取りましては、20〜30分でも、L・S・Dと言えると思いますし、
ファンラン派の市民ランナーなら、60〜90分で、L・S・Dと言えるかも知れません。
更に、もっと没頭して、120分〜180分、半日掛けなければ、L・S・Dと言えないっ!
・・・と言うシリアス市民ランナーも居るかも知れませんね。

ですので、その人の走歴にもよっても変わって来ると思いますので、
一概に、

「何分走るのが、L・S・Dだ!」

とは、限定し難いかと思われます。

私の場合は、60〜90分、精々、長くとも120分くらいなのですが、
今年は、朝9:00くらいから始めて、15:00位迄・・・と言った
半日コースもやってみようかと目論んでおります。

バックパックには、バナナやビスケット、スポーツドリンクを詰め込んで。。。

<まとめ>
L・S・Dにおいて、

ある瞬間・時期から調子良く、リズミカルに走れるようになって来ますので、
走り始めの調子悪さ、動きのぎこちなさ等は、一切、気にしない。


最初は、バランスの悪いフォームで走っていたとしても、
ひとりでにそのバランスの悪さを良い方向へ良い方向へ修正しよう
という力が働いて来て、フォーム修正にも繋がる。


その人の走歴にもよっても異なってきますので、一概に
「何分走るのが、L・S・Dだっ!」
とは限定し難い。



以上です。



ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 06:19| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

L・S・Dについて U



初心者に限らず、ランナーなら誰しも、ある程度、トレーニングを積んで来ますと、
“より速く”
と言う世界を目指しがちではありませんか!?

しかし、これは、走る速度が上がる為、練習はハードになり、辛くなりがちですよね!?

これが、つまづく(ランニング離れする)要因かとも思われます。

“こんなに苦しい思いをしなければいけないのかっ!?”
と思い始めたら、最後、走る事がストレスになってしまうと思います。

しかも走る速度が上がれば、当然、筋肉や骨格系など体への負担も増し、
怪我や故障の一因ともなりますよね。

走り続けられなくなる最大の原因は、やはり、怪我・故障と思います。

来る日も来る日もタイムトライアルで、
限界近く迄、自分の体を追い込むような練習ばかりしていては、
それはそれで上手く行く場合も有りますが、
それは、学生ランナーで年齢的に若かったり(疲労の回復が早かったり)、
実業団所属選手のように、実トレーニング以外、
ケアやマッサージなどにも充分に時間を割けるランナーが対象と思います。

仕事の合間に、走る時間を捻出している我々一般市民ランナーは、
来る日も来る日もタイムトライアル・・・なる練習は、
やはり、怪我・故障に繋がると思います。

そこで、登場するのが、昨日からブログし始めましたL・S・D。

ゆっくり走ると言う事は、運動強度が低い訳ですから、長時間出来ます。
更に、俗に言われています

“ランナーズハイ”

を惹起し易い状態になります。

ゆっくり、長く走る事によって、

βエンドロフィン

と言う呼ばれる快楽系ホルモンが、血中に多く分泌され、苦痛が柔らぎ、一種の

“気持ちい〜”

状態にさせてくれると言われています。

その“ハイ”の気持ちになると、フワフワした何とも言えない幸せな気分になりませんか?
そうなりますと、いつまでも走り続ける事が出来る感覚になりませんか?

これが、まさしく、L・S・Dならではの醍醐味と言えると思います。

従いまして、
こうした特殊な気分を味わえる事としても、L・S・Dはお勧めなのであります。


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 08:53| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。