Let's shorten your Marathon Time!
(レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム!)


そう!

直訳いたしますと、皆さまご存知!!

「あなたのマラソンタイムを短くしましょう!」

・・・となります。

が、しかし、本来は、

「4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのフルマラソンタイムを
短縮させるお手伝いを致しましょう!
(^o^)/」


・・・を意味させたかったのですが。。。(^_^;


ランニング情報、マラソン情報、そして自らの拙い体験談、
・・・等々を提供して参ります。

それ等により、
現在、フルマラソンを4〜5時間で走られている
貴男さま/貴女さまのそのモチベーションをより高い位置へ、
そして、3〜4時間で走破出来るような

『フルマラソン・マインド・セット』

を養成する事が出来ましたら、これ幸いでございます。



末永く宜しくお願い申し上げます。m(__)m




らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。>_<)ノ
By らんたろう













『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
〜SB新書〜


●出版社:SBクリエイティブ
●頁  数:176頁
●著  者:津田 誠一(つだ せいいち)
       元学習院大学陸上競技部監督



<著者プロフィール:講演時の講師紹介>
 









『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本

〜一番やさしい42.195Kmの教科書〜』


●出版社:カンゼン
●頁  数:144頁(ソフトカバー)
●著  者:鈴木 莉紗(すずき りさ)
       アートスポーツ契約ランナー

<著者プロフィール・1984年生まれ>





2005年12月31日

2005年 有り難うございました。



12月の31日を迎え、早くも2005年(平成17年)が終わってしまいますね!
本当に月日の流れるのは、早いものです。

正しく、

光陰→の如し

ですね!(笑)

“この1年”皆様方、色々と有り難うございました。

・・・と御礼の意を表させて頂きたい所ですが、
このブログ、今月の12月にオープンしたばかりなのです。(^^;

ですので、“この1ヶ月”が、正式な言い方ですね。

改めまして、

この1ヶ月、ご訪問(精読・乱読・・・)・コメント書き・TB・リンク
・・・等々して頂きました皆様方、ホントに色々と有り難うございました。
2006年もまた変わらず宜しくお願い申し上げます。


・・・と、ここに御礼・感謝の気持ちを表させて頂きたいと思います。

それでは、皆様方、良いお年をお迎え願います。

By らんたろう(@らんらん 元気かなぁ〜(?_?))
posted by らんたろう at 00:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

12月26日の続き。。。



12月26日の日記で、

ゆっくり走れば、速くなる!

理論について、既に、キロ約4分位以内で走っている市民ランナー、
即ち、もう既に、サブスリーを達してしまっているランナーについて、
私の考えを記しました。


それでは、今日は、キロ約7分前後以上掛かって走っている市民ランナー、
即ち、ゴールタイムが、約5時間以上掛かって走っている市民ランナーについて、
私の考えを記してみたいと思います。


このような市民ランナーにつきましては、

ゆっくり走れば、速くなる!

理論は、間違い無く、100%当て嵌まります。
と言いますのは、下記理由が有るからです。


大人が1Kmを急ぐでもなく、チンタラでもなく、普通に歩くのに、
通常、約12分〜13分掛かると言われています。

この歩く速さよりは速いが、ランニングよりは遅いペース。
それが、1Km約8分〜10分位のペースになります。

この1Km約8分〜10分位のペースでの練習を長時間繰り返していれば、
フルマラソンのゴールタイムも必ず早くなります。

このペースで長時間走る事によって、
先ず42.195Kmを走り切るだけの「足&脚の筋力」が出来上がって来るのです。

現在、ゴールタイムが約5時間以上掛かってしまうランナーは、
42.195Kmと言う全距離を走っていないのです。
途中で、“歩き”が入ってしまっているのです。
ですので、ゴールタイムに多くの時間を費やしてしまうのです。

これは、
42.195Kmを走る「足&脚の筋力」が完全に出来上がっていない為です。

ですので、この「足&脚の筋力」を付ける為に、
1Km約8分〜10分位のペースで、2時間、3時間、4時間・・・と走っていれば、
その内、「足&脚の筋力」が、次第に出来上がって来るのです。


「足&脚の筋力」が出来上がってくれば、しめたものです。

レース途中で、“歩き”は、完全に無くなります。
即ち、5時間以上掛かっていたゴールタイムは、
必ず短縮され、ついには、4時間台に突入します。

正しく、

ゆっくり走れば、速くなる!

理論が当て嵌まるのです。

そして、
この1Km約8分〜10分位のペースで走り続ける事によって、

末端毛細血管が発達して来るのです。

毛細血管より更に細かい血管です。

末端毛細血管が発達して来るとどうなるか?

血管が増える事ですので、今迄、流れていなかった体の隅々にまで、
血液が流れるようになるのです。

血液が流れるようになるとどうなるか?
血液中には、赤血球が含まれています。
更にその赤血球の中には、多数のヘモグロビンが詰まっています。
このヘモグロビンは、肺で酸素と結び付き、体中の各組織に酸素を運搬します。

酸素が体の隅々に迄行き渡れば、体(今ある筋肉)が動いて来るようになるのです。
体(今ある筋肉)が動けば、“歩き”の動作は少なくなり、しまいには無くなり、
ついには、“走り”だけの動作になるのです。

これが、即ち、「スタミナが付いた」と言う事です。



サブスリーランナーは、こうした末端毛細血管が、
(5時間以上掛かってゴールする市民ランナーよりは、)発達しているのです。
ですので、レース途中で決して歩いたりはしません。スタミナも付いています。
従って、ゴールタイムが5時間も掛かる事は決して有りません。

以上の事より、
ゴールタイムが、約5時間以上掛かって走っている市民ランナーについては、

ゆっくり走れば、速くなる!

理論は、充分に当て嵌まるのです。


では、
フルマラソンを1Kmあたり約4分〜約7分前後位掛かって走っている市民ランナー
即ち、ゴールタイムが、約3時間〜5時間位掛かって走っている市民ランナーはどうか?

12月26日で、当て嵌まる人も居れば、当て嵌まらない人も居て、
個人差が有ると思います。
と記しました。

ですので、この1Km約8分〜10分位のペースでの
2時間走、3時間走、4時間走・・・をまだ試していない市民ランナーは、
一度、試してみる価値があると思います、

 足&脚の筋力〜脚筋力〜が付いて、
 末端毛細血管も発達し
て、

ゴールタイムが短縮する市民ランナーも必ずや出て来る筈です。

ご報告をお待ち致しております。


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば

2005年12月29日

20チームの区間エントリー発表〜箱根駅伝〜

この度、来年のお正月2日3日に開催される
恒例の真冬の風物詩&関東学生間における陸上・長距離界のBig Event

第82回東京箱根間往復大学駅伝

に出場する20チームの区間エントリーが発表されましたね。


私はあいにく有名な大学選手をあまり知りませんので、
何ともコメント出来ませんが、
こうして、各区間のメンバーが発表されますと、
全日本大学駅伝や出雲駅伝などで活躍し、
調子を上げて来ている選手などに精通している
「各大学の監督さん」や「同区間を走る選手さん」達は、
尚一層、身が引き締まる思いだと思われます。


また、関連記事によりますと、
こうして発表された選手も
大会当日の朝、レース1時間前までは、メンバー変更が可能なようですね。

私は高校・大学と運動部に籍を置いて活動していませんでしたので、
勿論、箱根駅伝とは無縁でした。
ですので、良く解らないのですが、


大会当日の朝、スタート数時間前にメンバー変更する。


と言うのは、どういう理由のもとなのでしょうかね?

当日、選手にJogなり、流しなりやらせてみて、調子が良さそうな選手に変える
と言う事なのでしょうか?
そんな少しの時間だけ走らせてみて、
20Kmを超える長丁場の走りを読めるものなのでしょうか?

或いは、
当初、選出されていた選手が、どうも緊張して寝不足気味で顔色が良くない!
と判断して当日の起用をやめると言う事なのでしょうか?

まさか、当日の朝から20Kmも走らせて、
タイムの良い、調子の良い選手を抜擢する訳ないでしょうし・・・。

或いは、
元旦迄、脚やアキレス腱が腫れていて、
レース当日になったら、嘘のように腫れがひいたので、使いたかった選手を起用する・・・
なぁ〜んて事が起きるのでしょうか?
起きたとしても、
私が監督でしたら、そうした選手の起用には、一寸、二の足を踏みますね。。。

脚やアキレス腱痛ではなく、
元旦迄、風邪だったのがレース当日になったら、
スッカラカンに完治したっ!・・・ので、起用したっ!
なぁ〜んて事も、まさか有り得ませんよね!?


どういう条件の元、
そんなレース当日のスタート数時間前になって、選手を変更するのでしょうかね?

良く解りません。(?_?)


しかし、どんな理由の元でも、
選ばれた選手は、
悔いる事無く、チームの代表として、精一杯力走して頂きたいと思います。

残念ながら、選外になってしまった選手も、
チームの上位入賞、強いては、優勝するよう
選手をそしてチームを陰ながら支えて頂きたいと思います。


学生の皆さん頑張って下さい。


<関連記事>
スポーツナビ

★<各大学のエントリーリスト>★


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

年末年始は。。。



年末年始は、冬休みに入る事自体は嬉しいですが、
大掃除やら賀状書きやら食材買い込みなどで、とても忙しいと思います。

しかし、箱根駅伝に出場するランナーは、
当然、“冬休み”なぁ〜んてものはなく、最後の走り込み・調整などで忙しいと思います。

1年生であれば、
まだ2年生以降出場の可能性が多々残されていますから、まだ良いとしても、
4年生ともなれば、
ラストチャンスですから、必死と思われます。
(留年すれば、出走可能?ですが。。。
 確か、27歳位迄、出走可能だったよーな。。。)


そんな箱根駅伝も来年から、5区の山登りの距離が伸びるようですね。
従来迄は、「花の2区」が、23.2Kmと最長でしたが、
中継所での交通規制緩和の為、小田原中継所が東京寄りになり、
5区の距離が、23.4Kmの最長になるようですね。

そして、標高差も約30m高くなり、865mとなるそうですね。

丁度、茨城・筑波山(標高:876m)を下から山頂迄登る感じなのですね!


学生のその時期だけしか出場チャンスがない関東でのBig大会ですからね。
沿道に繰り出す応援者数も非常に多く、
(例年、往路・復路の応援者数は、総勢150万人とか。。。)
TVの視聴率も非常高いですね。
(例年、25%以上を誇るとか。。。
     〜国民の4分の1(4人に1人)が観ている事になる!?〜)

正しく、正月の一大イベント・真冬の風物詩ですねっ!

出走する学生の皆さん!
是非、また筋書きの無いドラマで、勇気と感動を応援者・声援者・視聴者へ!

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

宗 茂さんらアドバイザー承認〜福岡市の五輪招致委員会〜



ご存知、陸上競技の名門〜旭化成〜の顧問を務める

宗 茂さん

らスポーツ関係者など7人が、
この度、福岡市の五輪招致検討委員会にて、
招致アドバイザーとして委嘱される事に決まったようですね。

この“招致アドバイザー”と言う任務については、良く解りませんが、

要は、福岡市で2016年以降夏季五輪を招致するにあたり、
名乗りを上げた他国の市よりも
福岡市がより良い条件を備えている、より魅力的であるという事を
極力多くする為に招致検討委員会へアドバイスをする人。。。
と解釈しますが。。。

最も、2016年以降夏季五輪・・・の話しですから、
まだ、10年以上先の事ですね。

2008年の五輪開催地は、中国・北京
2012年の五輪開催地は、英国・ロンドン
その次、以降の話しですからね。。。

まぁ!もし日本で五輪が開催されるとなると、

 1964年の東京五輪(夏季)
 1972年の札幌五輪(冬季)
 1998年の長野五輪(冬季)

に次ぐ、4度目の開催!
夏季大会に関して言えば、2度目の開催になるのですねっ!

・・・と言う事は、
これは、国の威信に関わる世界的Big Eventになる訳ですから、
福岡市としても、当然、熱や力が入るものと思われます。

確か、福岡に留まらず、東京都知事の石原慎太郎さんも、
夏頃、開催都市へ立候補の意向を表明していた記憶がありましたが。。。

まぁ!結果については、鶴首の如く待つ事に致しましょう!

<関連記事>
共同通信


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

ゆっくり走れば速くなる!??

12月20日の日記で、

私がマラソン競技に興味を持ち始めた
80年代〜90年代にかけての“男子”の名マラソンランナーを記しましたが、

“女子”について、未だでしたので記してみますとー。
その頃の

“女子”の名マラソンランナー

と言えば。。。


 ・京セラの荒木久美さん
 ・旭化成の宮原美佐子さん(日本人女性として初めて2時間30分を切ったランナー(*1))
 そして、
 ・NECホームエレクトロニクスの浅井えり子さん
(所属は全て当時)

(*1)1988年大阪国際女子マラソン:2時間29分37秒=当時、日本最高


だったかと思われます。


その浅井えり子さんのコーチ 兼 故・ご主人さま〜佐々木 功さん〜が執筆した

 ゆっくり走れば速くなる―マラソン・マル秘トレーニング

という書籍が当時有名になりました。

この本の内容には、賛否両論あるとおもわれますが、
私なりの考えを記してみたいと思います。

ゆっくり走れば速くなる

このトレーニング方法は、

一部の市民ランナーには当て嵌まりますが、
一部の市民ランナーには当て嵌まらないと思います。

どういう市民ランナーか?

現在、フルマラソンを1Kmあたり約7分前後以上掛かって走っている市民ランナー
即ち、ゴールタイムが、約5時間以上掛かって走っている市民ランナーには、
充分、当て嵌まります。

フルマラソンを1Kmあたり約4分〜約7分前後位掛かって走っている市民ランナー
即ち、ゴールタイムが、約3時間〜5時間位掛かって走っている市民ランナーには、
当て嵌まる人も居れば、当て嵌まらない人も居て、個人差が有ると思います。

現在、フルマラソン約3時間以内(サブスリー)で走っている市民ランナーには、
決して、当て嵌まりません。


と言いますのは、
フルマラソンで、
仮に2時間30分を切ろう!と目標を立てた市民ランナーが居たとします。

42.195Kmを2時間30分を切って走るには、どの位のスピードを維持させて、
走り切らなければならないかお解りですか?

そうです!
1Kmあたり、3分30秒(正確には、3分33秒)のペースをズーッと維持させて、
42.195Kmを走らなければならないのです。

即ち、100m21秒ペースを維持させて、
42.195Kmを走らなければ、達成出来ないタイムなのです。

ここで、「ゆっくり走れば速くなる」理論を持ち出しますと、
例えば、1Kmあたり約6分前後で走る練習しかしていなかったとします。
即ち、100m換算しますと、36秒でのタイムでしか練習していなかったとします。

こうした練習しかしていない市民ランナーが、いざ本番のレースで、
1Kmあたり5分で、4分30秒で、4分で、3分30秒で走れるか?
と言う話になります。

練習で、1Km約6分前後でしか練習していない市民ランナーは、
やはり本番レースでも、悲しいかな、約6分前後でしか走れません。

練習でやっていない事を本番レースで出来る訳がないのです。

マラソンに限らず、野球でもバレーボールでも何でも同じだと思います。

練習で、フォークボールを投げていないのに、
本番の試合でフォークボールを投げれる訳がないのです。

練習で、ジャンプサーブや回転レシーブをやった事ないのに、
本番の試合で、ジャンプサーブや回転レシーブなんか出来る訳がないのです。


ですので、フルマラソンで2時間30分を切ろう!と目標を立てた市民ランナーが、
1Kmあたり約6分前後のゆっくりしたペースでの練習だけをしていたのでは、
一生、2時間30分を切れません。

やはり、速く走る練習をも取り入れなければなりません。
1Km3分20秒、3分10秒・・・で、走る練習をも取り入れなければなりません。
即ち、100mを20秒、19秒で走る練習、
更には、それを継続出来る練習をも取り入れなければ、
決して速く走れるようにはならないのです。

・・・と、私は断固として思っているのです。

が、しかし、かく言う私も
いまだかつてこのかた一度も、2時間30分を切った事が有りませんので、
あまり、エラソーな事を言えません。
(ToT)(IoI)(ioi)
大泣き、中泣き、小泣きの涙・涙


では、フルマラソン約5時間以上掛かっている市民ランナーには、
何故、本理論〜「ゆっくり走れば速くなる」〜が、充分に当て嵌まるのでしょうか?

これも長くなってしまいますので、次回に記したいと思います。


ちなみに、ご主人さまが執筆されたその

ゆっくり走れば速くなる―マラソン・マル秘トレーニング

の続編として、奥さま〜浅井えり子さん〜も

「新・ゆっくり走れば速くなる」―マラソン・トレーニング改革

という書籍を執筆されております。



どちらも、興味深い書籍でありますので、立ち読みでも良いので、一読を。
(・・・と、立ち読みする程、新刊ではないので、本屋に置いてないかな?)

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば

posted by らんたろう at 23:49| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シ書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

見てござる



ランニングの練習を走友と一緒にやっている時、
或いは、独りで練習していても、
その場所で、野球やらサッカーやら誰かしら何かプレーしている人が居る時、

こういう時には、
特に、“孤独”を感じる事は、ないかと思われます。

しかし、
早朝とか、
仕事を終えて夜も深まってからとか、
或いは、夕方からだとしても、山間部の中を走るとか、

こういった人影が少ない時間帯・場所を走る時には、
“孤独”を感じる事が多いランナーは居ませんか?

“孤独”を感じると、練習にも身が入らないというランナーは居ませんか?


一昔前の名作

長距離走者の孤独
アラン・シリトー著
丸谷才一, 河野一郎訳


と言うショートストーリ−をご存知でしょうか?


この書籍のタイトルでも思いっきり、

長距離走者の孤独

と謳っていますね!(^o^)

この書籍の概略は、(感想は、)
感化院(少年院の旧称)で、
長距離走をやらされている少年の大人達への反発。
しかし、やらされているにも関わらず、この少年が韋駄天と来ている。
毎日早朝から、感化院の裏林の小径を走り、数Km先の切り株を触って戻って来る。
この俊足に目を付けた感化院の大人達は、
ある日、少年をマラソン大会に出場させようと考える。
勿論、優勝するだろうと推測する。
そして、感化院の評判も上がるだろうと期待する。
実際、そのマラソン大会へ出走した少年は、
大人達の期待通りの走りをし、独走するのだが、
競技場に入って、ゴール直前で。。。

・・・、あとは、実際読んでからのお楽しみぃ〜。。。と言う事で。。。
ショ−トストーリーですので、直ぐに読めてしまうと思われます。


まぁ!私の感想なんてどーでもよくて、

この書籍でも思い切り、

長距離走者の孤独

と謳っていますね。
謳ってはいますが、私は決してそうは思いません。

先程の
人影が少ない時間帯・場所を走る時でも、
決して孤独ではありません。誰かしら見ています。

早朝、
犬を散歩している人が、あなたのJoggingを見ているかも知れません、
通学の学生さんが、遠方からチャリンコをこぎながら見ているかも知れません。
通勤途中のリーマンさんが、運転する車内から見ているかも知れません。

仮りに、人でなくてもいーでは有りませんか?
この時期、鴨が川辺で水浴びしています。
鴨が見ているではありませんかっ!
(実際は、襲われやしないかと見ているのですが。。。(ーー;))


では、深夜:
犬の散歩も誰もしていない。
車も通っていない。
チャリンコなんかも、とーぜんこいでいる人は居ない!

そういう時はどうか?

大丈夫!見ています!

星が、月が、
あなたの地道なJoggingを見ています。練習を見ています。


では、星も月も出ていない曇っている時はどうか?

大丈夫!見ています!

工事現場で注意を喚起する
黄色いランプがクルクル回って応援してくれています。(^.^)

黄色と黒の斜線で塗られた看板が風に吹かれ、かすかに動いて、
「キーキー」と、声援を送ってくれています。

今、自分が走っている道路や小道も見ています。
(「今日はボクの顔を踏んで行ってくれないのかなぁ〜!」と、
  あなたが、走らない時は、寂しがっています。(^.^))

そして、何と言っても、
電柱の照明で照らし出された自分の陰が見ています!
後ろから照らし出されれば、陰が前にでき、陰を追うよう力(リキ)が入ります。
前から照らし出されれば、自分の前に陰は出来ませんが、
後ろから陰が付いて、追い掛けて来まっす!(o^^)b♪


6月の梅雨時は、かえるの合唱です。自分の走りに声援を送ってくれています。

7月頃は、塩辛トンボがわずかな距離ながらも、自分の前を飛び先導してくれます。

8月頃は、今度はセミです。ミンミンゼミ、ツクツクホウシ。。。物凄い声援です。

9月頃は、種で重くなり垂れ下がったひまわりの花が自分の走りを見下ろしてくれています。
朝顔は朝顔で、下から見上げてくれています。
また、この時期は、赤トンボです。
赤トンボが、わずかな距離ながらも、自分の前を飛び先導してくれます。

・・・・・

・・・・・と、こう言うふうに考えると、

必ず何処かで誰かが何かが、
自分のJoggingを
自分の練習を
見てござり、決して、孤独では無いっ!


と思いませんか?

こういうふうに思えば、練習にも身が入ると思うのですが、如何でしょうかぁ〜?


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シ書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

野口みずき選手!加古川マラソンへオープン参加!

皆さんご存知
2004年アテネ五輪・女子マラソンの金メダリストの

野口みずきさん(27)
〜医療機器メーカー・シスメックス(本社・神戸市)所属(*1)〜

が、昨日、23日(金)に兵庫県加古川市で開催された

第17回加古川マラソン

の10Kmの部にオープン参加したそうです。(36分01秒)

プラス、ファミリー2Kmの部にも。。。


(*1)
前所属のグローバリーは、
基幹業務である商品先物取引業の業績が思わしくなく自主廃業した模様。
その為、陸上競技部も廃部。
藤田信之監督さん達、陸上部全員での移籍先を探していて、
この12月1日にシスメックスに決定。



新規所属先も決まり、
徐々に徐々に練習環境などにも慣れ来ると思います。

そして、又、本腰を入れて走り込みをし、
自らの日本記録(2時間19分12秒(*2))を
是が非とも、塗り替えて欲しいですね。

(*2)
・世界歴代3位&アジア記録&日本記録


いや、自らの日本記録にとどまらず、

キャサリン・ヌデレバさん(33)の2時間18分47秒、
そして、
ポーラ・ラドクリフさん(32)の世界記録2時間15分25秒

をも塗り替えて頂きたいと切望致します。

同じ、日本人として。。。


まだ、27歳で非常に若いですからねぇ〜。
仮に35歳迄に記録追求したとして、
まだ8年もあります。
充分に可能と思います。

故障には充分に留意しながら、
ガンガン攻めて行く事を望みまっす!(o^^)b♪
(故障には充分にご留意されながら、
ガンガン攻めて行かれる事を望みまっす!(o^^)b♪)
 ・・・・・どちらの文章が正しい言い方ですか?(?_?) 


でも。。。
高橋Qchanのほうが年齢的にも上で(33)、
記録追求期間も野口みずきさんよりは短いと思われますので、
Qchanにもう一度、日本記録を樹立して頂きたい
と言う気持ちのほうが、今は強いですね−。

同じ、30歳代として。。。
同じ、5月生まれとして。。。


でも、両人ともガンバレッ!! ファイトモリモリp(`´)qムンッ!



話しが、元に戻りますが、
本大会の5Kmの部には、早狩実紀(*3)さんも出走し、5連覇を果たしたそうです。

(*3)
早狩実紀〜みのり〜(京都光華AC)
先月の29日で33歳。(高橋Qchanと同い年)

私が早狩さんの事を知ったのは、
まだ彼女が800mなど中距離を専門にやっていた時。
確か800mの日本記録も樹立させた時があったよーなー。。。

最近の活躍は、
今夏のフィンランド・ヘルシンキ世界陸上で初の種目となった
女子3000メートル障害の日本代表選手 → 
→ 本番予選で、アジア記録&日本記録樹立(9分41秒21)

又、先月11月27日に開催された
神戸全日本女子ハーフマラソン大会にて、
1時間12分27秒で走破し初優勝!
(速っ! 私の自己ベストと殆ど変わらないっ!)


フルマラソンには、まだ出走していなかったかと思いますが、
弘山晴美さんと同じ、オールマイティーな選手ですねっ!

30歳代女子選手!ここにも健在!顕在!!ガンバッ!!!



<関連記事>
神戸新聞

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

第24回山陽女子ロードレース大会

本日23日岡山市にて、

第24回山陽女子ロードレース大会

が開催されますね。

最近、日本各地で、

何十年振りの積雪!
(名古屋で58年振りに23cmの積雪!
 鹿児島で88年振りに11cmの積雪!
 先日、全日本実業団対抗女子駅伝大会が行われた岐阜でも粉雪乱れ舞い・・・)
・・・・・)

報道がなされていますが、
岡山は大丈夫なのでしょうかね?
(ここ栃木は、まだ雪なんて降っていませんので、全然、暖かいっ!?)


フルマラソンレースでは有りません(ハーフと10Kmです)ので、
今日は簡単にしますね。〜有名(と思われる)主な出場選手を記しますね。〜

【ハーフマラソン】
先ずは、昨日も日記しました

キャサリン・ヌデレバさん(33:ケニア)

調子はとても良いそうです。

ヌデレバさんのインタビュー応対記事

その他
 ソニア・オサリバン(アイルランド)
 クラウディア・ドレハ−(ドイツ)
 ナタ−ニャ・ベルクト(ウクライナ)
 エバリン・キムエイ(サニックス)

など、外国人選手が出走するようですが、
あまり詳しく有りませんので記せません。(ToT)


日本勢では、当初

天満屋の坂本直子さん(25)
(2004 大阪国際女子マラソン優勝 →
→ 2004 アテネオリンピック・女子マラソン7位入賞)

もエントリーしていたようですが、
先日の全日本実業団女子駅伝も欠場していましたから、
本大会も見送ると思います。


【10Kmロードレース】
先日の全日本実業団女子駅伝最長区・5区(11.6Km)を
まつ毛、鎖骨、頭髪に雪を乗せながらも、14人抜きの爆走劇を演じた

自称・えがおの爆笑娘  まちがえたっ!
自称・えがおの爆走娘 福士加代子さん(23:ワコール)

が出走予定だそうです。
先日の快走がありますから、調子はとても良いと思います。
今回もどんな快走劇を見せてくれるか楽しみです。

雪国〜青森〜で育った選手ですので、雪が好きらしく、
また雪が降れば大暴れするのではないでしょうかぁ〜!


ゆきはゆきでも、“雪”ではなく、“有紀“子さんはホクレン所属。

同じく先日の全日本実業団女子駅伝に出走していた
(3区・10Km:区間10位 32分29秒)
ここ栃木県の芳賀町出身で、
全日本大学女子駅伝などで大活躍していた城西大学出の

赤羽有紀子さん(26:ホクレン)

の走りも楽しみですね。

何でも、もうミセスだとかっ!
最近、ミセスランナーが多くなって来ましたね。


皆様のご快走を祈念致します。

      
      
      
      
      
      
      

たった今、速報が入りましたっ!

ヌデレバさんは、
Topと26秒差の2位だったそうです!(1時間11分13秒)

期待の福士加代子さんは、
Topとたった2秒差のこちらも2位だったそうでっす!(32分28秒)
最後、競技場で、振り切られてしまったのでしょーかぁーねぇー。
ン残念っ!(><)

みなさぁ〜ん!お疲れ様でーす。

<関連記事>
時事通信

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 13:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

キャサリン・ヌデレバさん姉妹らが出走!〜大阪国際女子マラソン〜

この度、
来年2006年1月29日(日)に開催が予定されている

第25回大会記念 2006大阪国際女子マラソン大会
兼 アジア大会(*1)代表選考レース


(*1):2006年12月にカタール〜首都のドーハ〜にて開催予定。


への招待選手が発表されましたね。


主な選手を記します。
先ず海外招待選手。

ご存知、
2004年アテネ五輪銀メダリスト(2時間26分32秒)の

キャサリン・ヌデレバさん(33)と、
その妹さんのアナスタシア・ヌデレバさん(31)(共にケニア)。

お姉さんのキャサリン・ヌデレバさんは、
日本では比較的有名な方ですからねぇ〜。
只、日本でのフルマラソン出走経験は無いですから、

「是非、日本でもフルマラソンを!」と

大会組織委員さんか誰かが、ヌデレバさんに懇願したのかも知れませんね。

ヌデレバさんもヌデレバさんで、

「OK! But, i mo u to no Anastashia mo issyo na ra OK de su ne!」

などと言って(? 日本語が話せるか否か解りませんが。。。(^^; )
渡航費や宿泊費、レース後の日本観光費等々。。。
支出して貰うと言う条件で、「姉妹出走!」
了承を得たのかも知れませんね。^^
中々、隅に置けないですねー!ヌデレバさぁ〜ん!^.^
(あくまで、推測ですが。。。)

妹さんが居たのですね!(初耳)
何でも、自己Bestは、2時間29分03秒らしいですから、
特に
“台風の目”には、ならないかと思われます。


次に、
本大会1998年〜2000年迄、3連覇した

リディア・スラヴテアヌ・シモンさん(ルーマニア)。

確か、ここ数年は、妊娠 → 出産を経験し、
トレーニングから遠ざかっていたかと思いましたが、
来年からまた、復帰 → 復活 ですね!?

1973年生まれの32歳!
お子さん(長男・クリスチャン君(3つ))のパワーをも享受して、
益々、あぶらが乗る年齢と思われます。



次に
昨年第24回大会で優勝した

エレナ・プロコプツカさん(ラトビア)

この選手はあまり良く知りませんので、勝手ながら、詳細をカットします。(^o^)
昨年の優勝タイム2時間22分56秒が自己Bestと思われます。

ところで、ラトビア って国、何処に在るんですかっ!?(?_?)


国内招待選手に移ってみます。

先ずは、

小川清美さん(24:京セラ)

先日18日に開催された全日本実業団対抗女子駅伝では、
福士加代子さん(ワコール)が14人抜きの快走劇を演じた(36分13秒)
最長区5区(11.6Km)を9位(37分45秒)で走破していましたので、
先ず先ずの成果だったと思います。(チーム順位を1つ下げてしまいましたが。。。)

そして、
今年、3月に開催された名古屋国際女子マラソンで、
初マラソンながらも、
2時間26分02秒の5位に入っているそうですので、

今回(2回目のフルマラソン)も上位進出に期待が持てますね。



次に、
8月の北海道マラソンで2位(2時間26分14秒)に入った

嶋原清子さん(29:資生堂)

昨年11月の東京国際女子マラソンでもそうでしたが、
この選手、後半の粘走が素晴らしいと思います。

8月の北海道では、先行する千葉真子さんを最後、詰めに詰め、
結局、捕らえる事は出来ませんでしたが、28秒差まで詰め寄りました。

昨年11月の東京では、競技場手前でその千葉chanを見事捕らえ、
日本人Topの総合2位に入り(2時間26分43秒)、
何だかんだ言って、
今夏の世界選手権・女子マラソンの補欠に選出されましたからねぇ〜。

大阪でも得意の“後半粘走”を期待致します。

蛇足ですが、
茨城・勝田全国マラソン大会の大会記録保持者なんですよねぇーっ!
嶋原清子さんって!(2時間28分17秒)



次に
ベテランの

小幡佳代子さん(アコム)。

筑波大学卒業後に入部した営団地下鉄・陸上部が、
(地下鉄日比谷線脱線事故の為)休部、そして、廃部になり、
その後、所属先が決まらないまま、黙々と走り続け、
ようやくアコムにて所属先が決まり、活路を見出そうとしていますが。。。
今一つパッとしない感もしないでも有りません。

先日の全日本実業団駅伝にも最長区5区に出走していましたが、
38分17秒の区間(28チーム中)17位(チーム順位は19位と不変)ですから、
「快走!」、「会心の走り!」とは、ちょっと遠い感じと思われます。

1971年生まれの34歳ですから、
まだまだ落ちぶれる年齢ではないと思いますがぁ〜。。。

1999年大阪で、当時の自己Best2時間26分18秒で走破し、
同年のセビリア世界選手権代表切符を見事手にしたあの時の激走

〜半開きした口で、眉間に皺を寄せた苦悶の表情ながらも、
ピッチ走法で、腕は振れ、足は動いていた〜

あの走りをもう一度見たいです。

世界選手権後には、
現在の自己Best2時間25分14秒(於:2000年大阪)も樹立させていますので、

もうひと花&華、咲かせて頂きたいです。



最後に
今年3月13日開催された
全日本実業団ハーフマラソンで見事優勝(1時間9分54秒=自己Best)した

阿蘇品 照美さん(京セラ)。

初マラソンに挑むそうです。

先の小川清美さんと同様に過日の全日本実業団駅伝に出走していて、
3区(10Km)を3人抜きの32分37秒(11位)で走破していましたので、
先ず先ずの成績だったと思います。


記録的には、どの位で走破するんでしょーかねぇ〜。

  ハーフの自己Best≒1時間10分として、
  × 2 + 疲労度5分≒2時間25分

ゴールタイム:2時間25分前後!と言った所でしょーかぁー?

しかし、意外と初マラソン組みって、恐いもの知らずで、
アレヨアレヨと言っている間に、そのまま行ってしまう時もありますので、

非常に楽しみな新進気鋭の23歳ランナーと思います。



個人的には、やはり、
同年代30歳代の小幡佳代子さんの激走を期待致しまっす!

しかし、やはり見所は、
ヌデレバ(姉)さんとシモンさんの対決では、ないでしょ〜かぁ〜?


約1ヶ月後の結果は如何程に!?


<関連記事>
時事通信


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 01:20| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

大島めぐみさん!大丈夫でしょうかぁ〜っ!?

今夏のフィンランド・ヘルシンキ世界陸上・女子マラソンで、
日本人3位の総合10位(2時間26分26秒)に入った
大島めぐみさん(30)(しまむら所属:旧姓 田中さん)は、

過日18日の第25回全日本実業団対抗女子駅伝大会でも、
ワコールの福士加代子さん(23)が14人抜きを演じて快走(36分13秒)した
最長区・5区(11.6Km)を、
3人抜き区間5位で無難に纏めていました(37分21秒)が。。。

この度、
夫である大島健太さん(26)が所属する実業団チーム「くろしお通信」(高知市)が、
残念な事に、廃部になる事が決まってしまったそうです。

何でも、会社の主要製品である携帯電話販売の業績が思わしくなく、
部の存続が困難となった模様です。

景気回復の兆しが見えてきたかと思っていましたが、
不景気の波は、まだまだ押し寄せて来るのでしょうか?
くろしお通信陸上部も経費削減の波に飲み込まれてしまったようです。

まぁ!今後、移籍先を探すのでしょうけれど、
収入面では大丈夫なのでしょうかね?

それでなくとも、まだ26歳で若いので、
充分な給料も貰っていないと思われます。

又、
今年、2月に開催された「別府・大分マラソン」で、初マラソンに挑み
大いに期待されていましたが、
確か33〜4Km辺りで、途中棄権してしまったと思いますので、
精神的にも今ひとつなのか?と言った感がしないでもないですが。。。


ここはやはり、姉さん女房である、めぐみさんに
“おんぶにだっこ”状態になってしまうのでしょうかぁ〜?

そうしますと、めぐみさんも競技に専念出来ず、
成績にも悪影響を及ぼしてしまうのでは、ないでしょうかぁ〜?

あくまでも推測ですが。。。

今後のお二人方のご活躍に期待させて頂きます。


<関連記事>
毎日新聞

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 01:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

往年の名ランナー 中山竹通さん!

丁度、私がマラソン競技に興味を持ち始めた
80年代〜90年代にかけての名マラソンランナーと言えば、

 旭化成の宗茂・宗猛兄弟、
 エスビ食品の瀬古利彦さん、
 当時ダイエー所属だった中山竹通さん

と思われます。

特に、中山さんは、
1988年ソウル、92年バルセロナ両五輪で、連続4位入賞の実績を持ち、
その入賞インタビューでも、

「金(メダル)を取らなければ、2位もビリも一緒ですねぇー」

と、かの独特な甲高い声で、独自のマラソン観を発するかのように
応対していた姿が今も目に浮かびます。

そして、高速マラソンの時代とは言え、
2時間8分台を4回も樹立させている選手は、
日本ではいまだ、中山さんだけだそうです。

・・・で、何を言いたいかと言いますと、

その中山竹通さんの誕生日が、本日12月20日なのです!
(それで、本日ご紹介させて頂きましたぁ〜っ!)

上記、ソウル五輪の代表選考を兼ねた

“福岡”(*1)

(*1)
確か1987年だったと思います。
瀬古さんは、怪我の為、棄権(不在)。
(<=== この時の瀬古さんに対する中山さんの発言も物議を醸し出しましたねー。
「這ってでも。。。」)


を、みぞれ混じりの寒風の中、
35Km迄は、当時の日本記録(児玉泰介さんの2時間07分35秒)は勿論、
当時の世界記録(カルロス・ロペスさんの2時間07分11秒だったと思います)をも
上回るハイスピードで、スタートから独走し続けた27歳の全盛期から、早19年。
(個人的には、あのレースが中山さんの生涯最高のレースだったような気がします。。。)

今日で46歳になりましたぁ〜っ!(^0^)/


1995年にダイエー引退後は、
大阪産業大学付属高校や大阪産業大学の陸上部監督に就任し、
2004年4月1日からは、
現在の愛知製鋼陸上部にて、指揮を取っています。

そして、来年元旦に開催が予定されている恒例
「全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤーズ駅伝)大会」には、
その愛知製鋼が、初出場する模様です。

中山さんの実業団での指揮官ぶりが楽しみですね。


そんな中山さんも書籍を出版されています。
皆さんもご存知かと思われますが、一応、記しますと、

挑戦―炎のランナー中山竹通の生き方・走り方

宗兄弟や瀬古さんなどのようにエリ−トコースを決して歩んでこなかった中山さん。
出身地である長野県・池田町付近の山々を指導者もいなく、
ただ独り黙々と独自の走法などを研究しながら、駆け回っていた中山さん。

そうした中山さんの人生・生き方を通したゆえの
反骨精神・ハングリー精神が存分に盛り込まれた「ランナー魂の書」とも思われます。

又、指導者や教育者にとっても、共有・共感出来る箇所が多々有ると思われます。

是非、一読を。


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 12:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シ書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

元資生堂所属 寺内多恵子さん!居酒屋オーナーへ!!

今春、開催された
『第7回長野オリンピック記念長野マラソン大会』での
2時間41分03秒を最後に、現役引退表明した

資生堂所属の寺内多恵子さん
(自己ベスト:2時間28分10秒〜1999年大阪国際女子マラソン〜)

引退後は、後進の指導にあたるかと思いきや、

ナ・ナント! 

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

ナ・ナント!(くどいっ!)

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

ナ・ナント!(引っ張り過ぎっ!)

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  
居酒屋のオーナーになったそうでっす!w(゚o゚)w ビ・ビックリ


もう既に10月頃から新装オ−プンしているそうで、

居酒屋名は、 一  。

 いち  と読むそうです。

場所は、JR中央線三鷹駅の南口?だったか?
から、徒歩10分くらいの所らしいです。
詳細は、走友が、一の名刺をGetして来てからお知らせ致します。

オーナーと言う事で、
店長や料理人などを雇い、店の運営を彼等に任せている模様で、
寺内さん自身は、あまり店に居ないようですが。。。

詳細については、後程、Getしてから。。。


ここ栃木県の栃木市に在る
國學院栃木高校(今夏の高校野球 県大会準優勝)を卒業し
(高校時代はバレーボール部所属だった為、身長は168cmと長身)、
資生堂に入社してから、早、15年目。
その15年目の春に退社し、
今日、12月19日で、丁度33歳!(高橋Qchanと同い年!)


寺内さんって、そんなに運転資金を持ち合わせていたのでしょーかぁ〜?

現在、日本陸連普及委員会の一般普及部委員をも任務しているそうですが、
日本陸連から、幾等か、補助金・支援金などを援助して貰ったのでしょーかぁ〜?
(昨日18日は、
その日本陸連主催のランニング・クリニック(於:大阪・長居陸上競技場)にて、
講師も務めたそうですが。。。)



ランナーからオーナーへ!

確かに最後のひと文字 ー だけ同じですが。。。
(アッ!それで、居酒屋名 一 にしたのかな?ぬわんちゃってー)
何か個人的には、イメージつかないのですよねぇ〜。。。

確かに破天荒的な性格かな?と、見受けられた時も有りました。

例えば、
3〜4年前、谷川真理ハーフマラソン大会で、
真っ黒のサングラスを装着し、長髪を金髪に染め、
(幼少の頃に流行った)ライオン丸のような格好で、
走破している所を見た事があります。

また、第32回青梅マラソン大会(1998年)では、
吹雪の中、優勝(1時間46分37秒)し、
翌日のスポーツ報知新聞では、
故・石原裕次郎さん主演映画「嵐を呼ぶ男」に掛け合わせて、
「嵐を呼ぶ女」と大々的に取り上げられていました。
(正しく、天を打ち破り荒れ狂った天候〜破天荒〜だったっ!??)


こうした、破天荒的イメージが有りますので、

 居酒屋  一  よりは、  スナック多恵  のほうが似合っているかな?

なぁ〜んて、個人的には思ったりしています。(^^;


でも、まぁ!私が個人的にイメージつかなくとも、
その人それぞれやりたい道があるのでしょうから、
こんなヤローが、とやかく言う事ではありませんね。


商売繁盛を祈念致します。\(^o^)/


かく言う私も来年の青梅マラソンの帰りにでも、
ちょいと、立ち寄ってみよかな?等と思案しています。(^^;

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 12:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽く40分切り!驚速!ハイ・スピード・ママさんランナー!!

15日の日記で、

驚速!ハイ・スピード・ママさんランナー!!

と題し、星野芳美さんの事を記しましたが、

『2005(第36回)防府読売マラソン大会』でも、軽く2時間40分を切り、

2時間38分55秒(59位〜男女混合〜)

だったそうです。


15日にも記しましたが、
11/23にここ栃木県の大田原市で開催された
大田原マラソンで、

『自己ベスト&大会記録(自身の大会記録塗り替え!)&3連覇!』の
2時間35分58秒で駆け抜けてから、
1ヶ月も経たないうちにフルを走り、軽く2時間40分切りっ!

37歳の弘山晴美さんと言い、
39歳の星野芳美さんと言い、

どうして、こうも30歳代(しかも後半)の女性は強いのでしょうか?
只単に、効率良いトレーニングだけではないような気がします。

食事にも気を配っているのでしょうね。
規則正しい生活を送っているのでしょうね。
愛するご主人さまのしっかりしたサポートも有るのでしょうね。

「同年代のしかも女性」が、私よりも速いタイムで、
フルを駆け抜けている現実を眼の当たりにして、
気合いが入らない訳にはいきません。

私も来年1/29(日)に開催予定の“勝田”で、
少しでも、彼女達のタイムに近付けるよう今後も精進して参ります。

今後ともお手柔らかにお願い申し上げます。
(誰に言ってるの!? ・・・ 彼女達は、このブログ読んでないだろーし。。。)

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 10:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋尚子選手!「走り納め」〜富士マラソンフェスタ〜


同年代の弘山晴美選手もいーのだけんど、
やはり、同じく同年代の高橋Qちゃんも捨て難い(声援を送りたい)のよねー。

この度、高橋Qちゃんは、
「富士マラソンフェスタ(於:富士スピードウェイ)」の男女混合駅伝(21.0975Km)に、
自らが率いる「チームQ」のメンバー4人と一緒に出場し、アンカーを務め、
チームQ始動元年の「走り納め」をしたそうです。

<関連記事>
時事通信
写真は、左から、
・藤井博之さん(先日の福岡国際マラソンで12位(2時間20分11秒)に入ったQchanの練習パートナー)、
・佐藤直子さん(積水化学時代からのチームメート〜後輩〜で、現、栄養士・調理師。シドニー五輪前にQchanの練習パートナーも任務。)
今更、説明不要お馴染み高橋尚子さん
・西村孔さん(五輪メダリストの有森裕子さんやプロゴルファーの福嶋晃子さんなどに帯同した経歴を持つトレーナー。3月迄、UFJ銀行女子陸上部をサポートしていた。)

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 00:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

やはり、三井住友海上さん!優勝!!〜全日本実業団女子駅伝〜

16日の日記しました通り、本日18日予定通り、

第25回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

が、岐阜市の長良川競技場を発・着として行われました。

やはり、前評判通り、

三井住友海上さんの見事優勝! 3連覇!!
(2時間13分55秒)

凄いですねぇ〜。
プレッシャーをものともせず、危なげないレース展開!

同じく前評判で期待されたここ2年連続2位に甘んじている京セラさんは、
1区(6.6Km)で、19位と出遅れてしまったせいか?
2区(3.3Km)を任務した期待の800m・1500mの日本記録(*1)保持者

杉森美保さん


焦って/汗って?前半飛ばし過ぎたせいか、力を遺憾無く発揮できなかったようですね。
(一度、抜いたワコールの選手か?に再度、抜き返されていましたぁ〜 (^^;A)
(*1)
 800m:2分00秒45
1500m:4分09秒30


し・しかし!岐阜ってこんなに寒かったのでしたか?
粉雪舞い踊る中でのレースで、競技場のフィールド部なんて、
雪が積もりに積もって真っ白でしたね!
(ここ栃木の方が、雪なんて降っていないので、まだ暖かい!!?)

そして、5区(11.6Km)で、14人抜きの快走劇を演じてみせた
こちらは、3000m・5000mの日本記録(*2)保持者

自称「笑顔の爆走娘〜福士加代子さん(ワコール)〜」
 

が、アップで映し出された時なんて、
ユニフォ−ムやタスキは勿論、頭髪、鎖骨、そしてまつ毛にまで、
雪が乗っかり、
「冷たくないのかなぁ〜。邪魔にならないのかなぁ〜
 鎖骨の雪、払いのけてあげたいなー!」
なぁ〜んて思いながら、観戦していました。
(*2)
3000m: 8分44秒40
5000m:14分53秒22


しかし、観ている感じでは、全然無理のないフォームで、
スタスタと気持ちいー感じで走っていましたね。
知っている所で、

しまむらの田中(大嶋)めぐみさん
資生堂の加納由理さん

など、走力の有る選手ですら、付いて行く余地さえ無かったですからねぇ〜。


ところで、16日に記しましたように、個人的には、同年代の

資生堂の弘山晴美選手

の6区(6.595Km)での激走を期待していました。

いや!しかしっ!
今更ながら、期待を決して裏切らない、トテツモナイ走力を持った選手ですねぇー。
先の加納さんからタスキを受け取った時には、確か10位だったと思いますが、
ゴ−ルした時には、4位でしたから、ナ・ナント!6人抜きっ!! w(゚o゚)w

タイム的には、20分55秒か56秒でしたので、コースが平坦であれば、
キロ3分10秒前後で走破しているのですねー。
(コースが平坦でなければ、もっと速いスピードッ!)

あの粉雪舞う寒い中を!凄っ!

改めて、脱帽!でっす!

やはり、昨日も記しましたように名古屋国際女子マラソンを始め、
春先からのトレックレースでもまだまだ活躍頂きたい選手ですねー。
ファイトモリモリでp(^o^)qぐわんばって下さぁ〜い。

皆様、寒い中大変お疲れ様でした。

P.S:
三井住友海上の監督〜鈴木秀夫〜さん。
胴上げと称されながら、体重が重いせいか?女子選手の腕力が無いせいか?
全然、胴が上がってなかったんですけどぉ。。。(^o^)


<結果(上位10チーム)>
優勝 三井住友海上 :2時間13分55秒
2位 天満屋     :2時間15分46秒
3位 沖電気     :2時間15分51秒・・・谷口浩美さん率いるチーム 
4位 資生堂     :2時間16分10秒
5位 京セラ     :2時間16分14秒
6位 ホクレン    :2時間16分26秒
7位 しまむら    :2時間16分30秒
8位 ワコール    :2時間16分36秒
9位 日立      :2時間16分39秒
10位 パナソニック :2時間16分40秒


28位

<関連記事>
時事通信

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:42| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

弘山晴美選手! 名古屋国際女子マラソン出場意思表明!

昨日16日の日記で、
明日18日開催予定の全日本実業団女子駅伝での
弘山晴美選手の快走を祈念しましたが、
この度、例年通り3月に開催が予定されている
名古屋国際女子マラソン(今年は12日(日)開催予定)へ
出走する意向を表明したそうです。
(恐らく、全日本実業団女子駅伝の開会式か何処かのインタビューで、
 意志表明したと思われます。)

そして、その“名古屋”以降も来春のトラックレースにも出走し、
まだまだ現役を続行する模様で、我々30歳代に取りましては、
『同年代選手の激走!しかも女性!!』と言う事で、
良い刺激を受けられると思われますので、とても嬉しい意志表明と思います。

えぇ〜い! もーこうなったら、
2008年の北京五輪も39歳でマラソン代表選手だぁ〜っ!
その時36歳になっている高橋Qchanと一緒に、
ワン・ツーフィニッシュ!(Gold & Silver medal 獲得!)だぁ〜っ!
もうこの青写真しかないっ!

(でも、晴美さん。子作りしなくてもいーのかなぁ〜? (?_?) )


<関連記事>
共同通信

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

第25回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

12月1日にも日記しましたように、
来たる12月18日(日)には、(昨日の日記〜防府読売マラソン大会〜のほかに)

第25回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

も開催されます。

本大会は、名前の通り、“駅伝”ですので、独りで走る訳では有りませんが、
距離的には、キッチリ、フルマラソンと同じ距離〜42.195Km〜を走ります。

全国6地区の予選を勝ち抜いてきた各実業団の女子チームが、
日本一の座をかけて競い合う大会です。

今回は、四半世紀の節目を迎えた25周年の記念大会という事で、
昨年より2チーム増の28チームが出場予定だそうです。

3連覇を目指す三井住友海上さんと、
17年ぶりの頂点を狙う京セラさん(今夏のヘルシンキ世界陸上の女子マラソンで、
日本人トップの6位入賞した原裕美子選手所属)あたりが、
レースの見所となるとの事。

しかし、個人的には、(皆さんもご存知)

資生堂の弘山晴美選手(37歳) を応援したいですね。(^o^)/

今夏、ヘルシンキ世界陸上の女子マラソンで、
上述の原さんに次ぐ、日本人2位の8位入賞した事は記憶に新しいと思います。

私と年代的にも同じ30代ですし、
何と言っても、かつては、トラックの女王と呼ばれ、

1500m(4分11秒10)、3000m(8分50秒40)、5000m(15分03秒67)
(プラスあまり知られていない10マイル≒16Km(55分08秒) <== トラック競技とは違うかっ!)

同時の日本記録保持者で、
中距離から長距離迄、全てをこなすホント素晴らしい選手ですから。。。


今年で、14回目の出場になるそうです。
(ナ・ナントッ!25回の大会中、半分以上出走!w(゚o゚)w ビ・ビックリ!)


そして、夫でもあり、コーチでもある勉さんは、
ここ栃木県の真岡〜もおか〜市出身で、とてもゆかりのある人です。
(もう10年位前になりますかねぇ〜。
真中に私、両脇に弘山夫妻と言う願っても無い 3 shot! 写真を撮らせて頂きましたっ!(^o^))

ですので、
弘山晴美さんには、是非、是非、激走・爆走・粘走して頂きたいですね。


<詳細>
日時:12月18日(日) 12:00 スタート
場所:岐阜県岐阜市の長良川競技場を発・着

第1区  6.6Km   長良川競技場〜加納新本町バス停
第2区  3.3Km   加納新本町バス停〜岐阜県庁
第3区 10.0Km   岐阜県庁〜大垣市林町
第4区  4.1Km   大垣市林町〜大垣市総合体育館
第5区 11.6Km   大垣市総合体育館〜陽南中学校
第6区  6.595Km 陽南中学校〜長良川競技場


ここ東日本地区の出場チームは下記(11チーム)
(11/3に開催された東日本実業団対抗女子駅伝大会での予選通過チーム)

三井住友海上 12年連続(12)
ホクレン      2年連続(12)
第一生命     7年連続(10)
積水化学     9年連続 (9)
資生堂       8年連続(16)
アコム       2年連続 (2)
しまむら      2年振り (2)
日本ケミコン    2年振り(16)
パナソニック    6年連続(17)
日立        3年連続(12)
セガサミー    初出場
            (カッコ内数字は出場回数)


<関連記事>
毎日新聞


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 20:37| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

驚速!ハイ・スピード・ママさんランナー!!

来る12月18日(日)、山口県防府(ほうふ)市で、
『2005(第36回)防府読売マラソン大会』が開催予定であります。

外国人招待選手も出走し、ペースメーカーも付き、
昨年の優勝タイム〜2時間13分20秒〜から判断しても、
比較的レベルの高い(市民マラソン)大会です。

その大会に

驚速!ハイ・スピード・ママさんランナー!!

が、出走するのです。

誰!?

静岡県在住の 3児のママ 星野芳美 さんです。

ご存知ですか?

年齢も私より上、フルマラソンのタイムも私より上(速い)!

直接、お逢いしてお話しした事は無いのですが、
数々の大会(*1)で輝かしい戦果を残しており、必然的に知るようになりました。

その星野さんは、
先月11/23(水)に、ここ栃木で唯一(*2)開催されていた
マラソン大会〜大田原マラソン〜でも

『自己ベスト&大会記録(自身の大会記録塗り替え!)&3連覇!』

なる輝かしい成績で優勝されました。
どの位のタイムと思いますか?

2時間35分58秒!

速っ!

今春、長野マラソンで樹立させた自己ベスト2時間36分19秒を
更に更新させてしまったのですっ!

実業団に所属している駆け出しの選手と同じ位のスピードで、
42Kmを駆け抜けて行く!
全く信じられませんっ!(><)


こうした度肝を抜く走力の持ち主ですので、
18日の防府読売マラソンでも、好記録で走破しそうな勢いです。
また自己ベストを更新させるのではないでしょうかぁ〜!?
(また、私の自己ベストと差が広がってしまうぅ〜。。。(ToT))

ガンバレーッ!
驚速!ハイ・スピード・ママさんランナー!!


(*1)記憶しているところでー、
・富士登山競走(富士吉田市役所発〜富士山頂着)で、3連覇!
・富士登山駅伝競走(御殿場市陸上競技場発・着〜富士山頂折り返し)の
 山頂区(第6区)〜標高約3,100mから山頂折り返し区間〜激走!
・2004年千葉マリンマラソン・ハーフの部で、
 実業団・積水化学の岡本由美子選手(25)と、約20Km前後まで競う。。。
 25歳の実業団バリバリの選手と、10歳以上も年上の市民ランナーが、
 20Km位まで、拮抗するーっ!?普通!

・・・と、私の記憶なんかに頼るよりも、
実際、星野さん自身のホ−ムページを閲覧頂いたほうが早くて正確ですね。
ベスト記録は、殆ど最近樹立させたものばかりでっす。

星野芳美さんのHP


(*2)先日、12/4に「第1回さのマラソン大会」が開催され
唯一ではなくなりました。


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 17:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

韓国映画「マラソン」DVD化!

今夏に全国ロードショーされてから、もう数ヶ月経ってしまいました

     韓国映画「マラソン」


皆さんはもう既にご覧になりましたか?
私も試写会で観てから、もう既に半年位経ってしまったのですが、
この度、その「DVD」が発売される運びとなったようです。
詳細は文末に。
(ランニングシューズなどの プレゼント キャンペーンも実施中!(^o^))

先ずは、映画の完走をー。いや、感想をー。

          ※

韓国で500万以上の人が号泣したと言われる「感動作」らしい事と、
私の趣味の一つでもある「マラソン」と
マッチしている事もあり観て来ました。

前評判通り、確かに心、動かされ、胸、熱くなりました。
が、しかし、
それは、“自閉症”である主人公(チョ・スンウ)に対する
母親(キム・ミスク)の120%の愛情注入と言う点に対してで有り、
タイトルでもある“マラソン”競技そのものに関しては、少し期待外れでした。

マラソン練習の厳しさや辛さ、挫折感などの映像がもっと多々有り、
それ等を主人公はどの様に演じ、観衆にどの様に伝えて来るのか!?
どのようにして記録を向上させて行くのか!?・・・
・・・等と大いに期待していたのですが、
それ程、そうした映像も有りませんでしたので。。。


やはり、
(良い)期待感・先入観を持って観るのは良くないようです。。。

只、「マラソン競技」にはそれ程のめり込んでいないが、
「自閉症」については、どちらかと言えば通じている!
と言う人には、大変な感動映画になると思われます。
又、所々、受け狙いの場面も有り、笑えます。


以上の事より、
実際にマラソン競技をしている側からみますと、
タイトル「マラソン」と謳うには、仰々しいようにも思われます。
いっそ、
「息子よ!」とか、
「我が息子〜20才で5才のピュアな心を持つ〜」
なる方が妥当かな??
もっと単刀直入に、
「自閉症!」
でも良かったかな??

或いは、“マラソン”と言う言葉を使用したいのであれば、
「自閉症〜マラソンで自己表現を勝ち取る迄の過程〜」とか。。。
・・・等と勝手に思ったりしています。


「主人公の母親」と「主人公のマラソンコーチ」夫々の
マラソン競技に対する考え方の変移は興味深いです。

また、“自閉症”と言う障害の演じ方については、
非常に繊細でリアルに感じました。
演技ではないと思える程、上手っ!

更に、あるワンシーンと別のワンシーンとを関連付けている箇所が多々有り、
「今のシーンは、先程のあのシーンと結び付いてるのかっ!」と
感心させられ、構成を良く考えている凝った作品だなぁと思いました。


実話だそうです。
19歳。
(恐らく)初マラソン。
タイム:2時間57分。。。

五体満足の私。完敗ですっ!
無力になり、情けなくもなります。
(ToT)(IoI)(ioi)
大泣き、中泣き、小泣きの涙・涙
  
          ※        


◆韓国映画『マラソン』DVD 1月27日発売!◆

その韓国映画『マラソン』のDVDがついに、
来年2006年1月27日にアミューズソフトエンタテインメントより発売されるそうです。
メイキングや(主人公を演じた)チョ・スンウ&(本作のモデルとなった)ヒョンジン君の
対面シーンや音声特典(*1)など、愛と感動の特典映像(*2)満載だそうです。
2枚組。本編117分。

価格は、3,990円(税込)

が、しかし、
今、早割りで、22%(¥878分) OFF! の ¥3,112(税込) だそうです。



(*1)(*2):
音声特典や、特典映像の詳細サイトは、こちら↓
ランニングシューズなどのプレゼントキャンペーンも実施されてますよー。
〜2/28迄。\(^o^)/

アミューズソフトエンタテインメント

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 17:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シ書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

2007年大阪世界陸上での『メダリスト&日本人トップ』が五輪代表へ!

2007年に大阪で世界陸上の開催が予定されていますが、
男女マラソン代表選考に関し、その大会で、

“メダル獲得” 尚且つ “日本人トップ”と言う条件で、

2008年の北京五輪の代表選手の一人とする事が、
この度、日本陸連の理事会で決まったようですね。


2003年のパリ世界選手権で、
優勝したキャサリン・ヌデレバ選手(ケニア:2時間23分55秒)に
次ぐ2位でゴール(2時間24分14秒)した野口みずき選手は、
今回の決定と同様な形で、2004年アテネ五輪の代表権を獲得でき、
そのアテネ五輪では、
見事ゴールドメダリスト(2時間26分20秒)に輝きましたからねぇ〜。
早い時期に五輪代表に決定すると言う事は、
五輪で最高の結果を残す上では、非常に奏功するようです。

本決定には、「高橋尚子選手に有利!」との記事も。↓

<ご参考記事>
スポーツ報知

私は、野口みずき選手も好きですが、
年代的に同じで、誕生月も同じ5月である
高橋Qchanのほうが、より好きですねぇ〜 (*^3^)/〜☆

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 11:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ホノルルマラソン速報!

現地時間12月11日朝5:00(日本時間同日9:00)に号砲がなされた
「2005 ホノルルマラソン大会」の速報をお知らせ致します。

★Top 10 Male Finishers★
Place Name Age Country Time Race #

1 Jimmy Muindi 32 Kenya 2:12:00 1
2 Mbarak Hussein 40 Kenya 2:15:06 3
3 Eric Nzioki 27 Kenya 2:16:24 6
4 Solomon Wachira 29 Kenya 2:23:23 8
5 Nobuhiko Chiba 34 Japan 2:27:32 24631
6 Kaito Iwayama 23 Japan 2:28:53 12714
7 Junichi Kawabata 30 Japan 2:30:23 24805
8 Kenichi Shirakata 27 Japan 2:30:44 32122
9 Nagamasa Taira 23 Japan 2:31:25 32427
10 David Mutua 28 Kenya 2:33:22 2


★Top 10 Female Finishers
Place Name Age Country Time Race #

1 Olesya Nurgalieva 29 Russia 2:30:24 F6
2 Eri Hayakawa 24 Japan 2:32:59 F2  <===== 私が注目した選手
3 Alevtina Ivanova 30 Russia 2:38:17 F3
4 Elena Nurgalieva 29 Russia 2:38:50 F5
5 Lyubov Morgunova 34 Russia 2:40:47 F1
6 Ogawa Mina 30 Japan 2:41:27 F15 <===== 私が注目した選手
7 Mari Tanigawa 43 Japan 2:47:14 F4 <===== 私が注目した選手
8 Atsuko Sugawara 33 Japan 2:55:51 24635
9 Mitsuko Hirose 31 Japan 2:57:04 12750
10 Kazuyo Nagayama 25 Japan 2:58:45 12830

   ・
   ・

53 Eriko Asai 46 Japan 3:19:12 10886

   ・
   ・

128 Rie Hasegawa  32 Japan 3:35:49 10885



男性陣は、KenyaとJapanしか、Top10に入っていませんね。(笑)
女性陣は、RussiaとJapanしか、Top10に入っていませんね。(笑)x2
(日本人の走力があると言うべきか?
 日本人の参加者が多いから必然的に多く入ると言うべきか?。。。)


男性陣優勝のJimmy Muindiさんは、3連覇ですね!流石!
32歳!あぶらが乗っている時ですねぇ〜。

2位のMbarak Husseinさんは、40歳ですが、
2連覇した2001年度(2時間15分09秒)、2002年度(2時間12分29秒)と、
殆ど不変で安定していますね。
ちなみに、
  2003年度は、2時間15分01秒、
  2004年度は、2時間14分00秒での走破で、

我々30歳代には“希望の灯火”を照らしてくれますね!(^o^)


女性陣期待の日本人早川英里選手は、
順位的には、昨年と同じ2位ですが、タイム的には、残念ながら、
自己Best更新(28分切り)はおろか、2時間30分も切れなかったですね。
昨年より、4分程悪いですね。
初参加&初マラソンの2002年度でも2時間32分42秒で走破していましたので、
ホノルル&自己 共にワースト記録なる不名誉な記録を樹立させてしまいましたね。
まぁ!偶には、こういう時もあるでしょう!
今年は、体調が今さんくらいだったのでしょうかね?

その他、
12月5日に日記しました日本人女性3選手の(勝手ながらの)予測ゴールタイムは、
大きく、そごを生じてしまいました。(ーー;)


全体的に男女とも記録が悪い(*1)ので、天候が良くなかったのかも知れませんね。
現地で実際出走した走友からの情報をGetしましたら、またお知らせ致します。

(*1)2004年度の場合、優勝タイムは、
男子 1 Jimmy Muindi 31歳 ケニア 2時間11分12秒
女子 1 Lyubov Morgunova 33歳 ロシア 2時間27分33秒
ですので。。。

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 10:37| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

高橋尚子選手情報

先月11月20日に開催された
「2005 東京国際女子マラソン大会〜735日振りのフルマラソン〜」で、
見事!復活優勝(2時間24分39秒)を成し遂げた高橋尚子選手(高橋Qchan)が、
10日、埼玉県所沢市の「インボイスSEIBUドーム」にて、
「VAAM10周年感謝祭」 に出席したそうです。

本イベントの参加者は、高橋Qchanの他に
テニスの「杉山愛」さん、
登山家・スキヤーの「三浦雄一郎・豪太親子」さん
モデルの「森泉」さんほか、
2004年度プロレス大賞年間MVPのプロレスラー「佐々木健介」さん、
タレント「北斗 晶」夫妻なども登場したそうです。

VAAMを実際に愛飲するトップアスリート、タレントさん達が参加した
スポーツの祭典〜大運動会〜だったそうです。

記事詳細はこちら。
・ (デイリースポーツ)
・ (日刊スポーツ)
・ (スポーツ報知)

高橋Qchanも、次の大会(現時点では未定)へ向けて、
「りらぁ〜くす&充電」ができた事と思います。

北京五輪まで頑張って下さいっ! Road to Beijing Olympic!

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 22:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

いよいよ『ホノルルマラソン』スタート!

いよいよ『2005 ホノルルマラソン大会』のスタートが切って降ろされますね。

現地時間の12月11日の朝5:00スタート。
日本との時差は、約4時間位らしいので、
日本では、同日11日の朝9:00頃の時間に相当しますね。

今年も日本人参加者は、
恐らく、全体の3分の2位を占めるのでしょうね。
お祭り好きですね。日本人。(^o^)

ちなみに私は、今の今迄、一度も参加した事が有りません。(ーー;)

今迄、出走したマラソン大会と言いましたら、
茨城に住んでいた時は、県内で開催されていた「勝田マラソン」か「つくばマラソン」、
栃木に引っ越して来てからも、同じく県内で開催されている「大田原マラソン」。

そう!正しく、『井の中の蛙 大海を知らず』状態なのであります。

そんな、井の中の蛙が、
県内での開催大会を飛び出して、県外どころか、一気に国内をも通り越し、
海外のビッグイベント〜ホノルルマラソン〜などに出走できる訳がないのです。
(でもそんな 井の中の蛙 も過去に2度も、
海外マラソンを走らせて頂いた時も有りますが。。。(ーー;)
 シドニー(当選)&ボストン(招待))


でも、いつの日か私もそのホノルルへ出走し、
お祭り騒ぎでとても楽しいらしいその大会を
この肌で感じ取ってみたいと望んでおります。


私が勝手に注目する日本人女性3選手につきましては、
12月5日の日記をご参照願いますね。


皆さぁ〜ん!ファイトッ!p(^o^)qモリモリで、頑張って下さぁ〜い。

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ニックネーム:らんたろうの由来

私はニックネームを らんたろう として、本サイトへ登録致しました。

この らんたろう の由来は何だと思われますか?

本サイトのタイトル〜レッツ・ショートン・ユア・マラソン・タイム〜と言う事で、
どうもマラソン関係のサイトらしいと言う事と、

本サイトの登録カテゴリーが、 > スポーツ > マラソン・ジョギング ・・・と言う事で、

らん は、Run の英語から来ていて、走る ・・・と言う事だろう!と
推測される方が多いかと思われます。
そして、 たろう は、今更、説明するまでもなく、男性の代表的な名称。

だから、 らんたろう の意味は、 

「走る男! とか 走る野郎! とでも言う意味だろう〜っ!解るぜぇ〜っ!そんなのー!」
と、おっしゃる方もいらっしゃるかと思われます。

確かに、それも一理あります。


しかし、私としましては、
もう一つ評価して頂きたい理由があり、この らんたろう を命名しました。

それは、。。。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

つづくぅ。。。
  
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


・・・と、

長引かせても意味が有りませんので記します。(^o^)


皆様は、1998年〜2004年迄、レースクイーンとして活躍していた
容姿端麗&眉目秀麗な 榎木らん(えのきらん)さん をご存知ですか?
私は何を隠そう!1999年からご勇退される迄、榎木さんのファンだったのです。
(だった・・・と過去形ではなく、今もずっとファンですが。。。
 そして、ファン以上の関係も望んでいますが。。。(^o^;)(笑))


その榎木さんの幼い頃、お父上さまから呼ばれていた名称が、ナ・ナント!

『らんたろう!』

なのです。w(゚o゚)w ビ・ビックリ

勿論、可愛らしく、そして美しい“女性”、“女の子”なのですが、
幼い頃にそう呼ばれていた為か、成人した今でもそう呼ばれても特に違和感ないそうです。

そして、その らんたろう ならず RANTARO なるタイトルの
榎木さんのセカンド写真集も2002年に発売されているのです。


<こちら>


少々、説明をー。

一番上の大きい表紙の写真については、
メイクとライトで、
少しお高そうな、少し我儘そうな、少し悪女そうな、少し冷淡そうな。。。
一見あまり良い感じに撮影されてはいませんが、
敢えて、実物とのギャップ(普段見せない雰囲気)を狙ったようであります。

実際(下側2枚の写真:クリック → 拡大 可)は、
純粋で、可愛らしく、芯が強くて、気配りが出来て、笑顔がとても良く似合う
(今は流行らない言い方かもしれませんが)
まさしく、“大和撫子タイプ”的な素敵な女性なのです。

ご実家が秋田県と言う事で、まさしく、秋田美人。
身長167cmの長身で、スレンダーなプロポーション。
モデル・レースクイーンは適職。
(個人的には、アーティスト&クリエイターが天職のような気もしますが。。。(^^;
 ギター弾き語りもやるし、絵も上手いし。。。)

7月14日生まれの蟹座のA型で、固い甲羅に包まれて我が子を守る・愛する
まさしく、母性愛、溢れた家庭的な女性そのもの。

本名は、榎 蘭 さん。
やはり、「珍苗字麗人多し!」と言う諺は、的を射ているような気がします。


従いまして、
そうした素敵な女性の幼少の頃のお父上さまからの呼び名

 らんたろう 

から、本ニックネームを取った事も一理有ります。



纏めてみますと、
ニックネーム:らんたろうの由来は、


   1. Run 太郎 → 
       → 走る(Running)男! 走る(Running)野郎!

   2. 大ファンであるレースクイーン〜榎木らん〜さんの
        幼少時のお父上さまからの呼び名


・・・となります。

蛇足ですが、
榎木さんのファースト写真集は、Just For You と言う名称で下記になります。







2004年度に、一度、引退された榎木さんですが、
(最も、体調を崩され、休養の意味も含め充電されていただけですので、)
2005年度より、またタレント業に復帰するようであります。

本物の らんたろう〜RNTARO〜に負けないよう、
私:らんたろう も2006年は、全力疾走致します。
           らん らん らん ε= ε= ε =ヘ(。><)ノ

あっ!それから、榎木さんの今のニックネームは、 らんらん です。(^-^)
(残念ながら、ランニング/ジョギングには、あまりご興味が無いよーでっす!)


今後とも宜しくお願い致します。m(_ _)m




ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 23:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

DVDマラソン 〜アスリートの走り方を目指す〜

10月の末頃になりますが、川嶋伸次さん(ご存知無い方は文末ご参照)が、

『DVDマラソン 〜アスリートの走り方を目指す〜』

なる書籍+DVDを発売されました。(池田書店)

これは初心者ランナーには、お薦めです。
また、中堅・ベテランランナーも、今迄自分が行って来た方法の見直し
と言う意味で参考になると思います。
(結局、オールマイティーに役立つと思います。(^^; )

書籍には、カラー写真がふんだんに盛り込まれて、
ウォーキングから始まり、ジョギング、マラソン、メリハリ走と進み
更にレースの攻略法、ストレッチ&補強運動、ランナーの基礎知識
まで至っています。

それに併せて、
32分のDVDの動画で、歩き&走りの動きを懇切丁寧に解説しています。

最後に「イメージトレーニング:ペース走」と題して、
4分程度、側面からの川嶋さんの走る映像があります。
(背景が暗くて少し分かり辛いですが、トレッドミルで走っている?)

この4分の映像を毎日1回見た(腕振りを改善するようにした)走友が、
5Kmの自己記録更新につながったそうです。(18:02→17:43)

因みに私は毎日映像を見なかったせいか、記録更新の成果は出ていません。(ーー;)

また、ストレッチ&補強運動の頁で、
小川ミーナさんもモデルとして出ている所は、ミーナchanファンには必見です。
(3日後のホノルルマラソンでの快走を個人的には期待しております。)



ちなみに、
川嶋伸次さんをご存知無い方用に簡単な紹介を下記。

埼玉の高校を卒業後、

日本体育大学へ進み4年連続で、かの有名な箱根駅伝へ出場。
キャプテンを務めた4年生時(1989年の第65回大会)には、
6区の山下りで区間賞に輝きました(1時間00分03秒)。

卒業後は、陸上競技の名門〜旭化成〜に入社し、
毎年元旦に開催されるニューイヤー駅伝などで活躍。
2000年のびわ湖毎日マラソンで、
日本人トップの2位&自己ベスト(2時間09分4秒)を樹立させ、
シドニー五輪代表に選ばれました。

13年間の実業団生活を経て、
現在は、東洋大学陸上競技部の監督として、
学生さん達に指導しています。

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 19:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シ書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

『ドタバタDiary』

ランニング歴6年のミセスランナー〜あっぷる〜さんのブログサイトです。

「たのしいランニングライフをめざして走ります(^^)」
と、サイトトップで謳っているだけあって、
写真やブログ記事を拝見、拝読致しますと、ホント楽しそうでっす!

写真をご覧頂くとお解りのように、
ミセスと言えども、ご年齢も私と同じ位では?と思える程、とてもお若く見えます。
そして、ランナーの一番大事な足&脚が非常に長く見えます。

ランニング歴6年と言う事で、あと5年位はまだまだ記録更新が望める
期待のミセスランナー〜あっぷる〜さんです。

今後とも宜しくお願い致します。


       『ドタバタDiary』
posted by らんたろう at 12:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集(ランニング 関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

2005 ホノルルマラソン大会

12月1日の日記で、国内主要大会を記しましたが、
この時期、海外でのビッグイベントを書き忘れていましたっ!

そう、(昨年の場合)参加者約2万5千人の内、
約1万6千人(約3分の2)が日本人と言う

『ホノルルマラソン大会』(12月11日(日))


ちなみに、私は一度も出走した事は有りません。
有りませんが、
私が注目する日本人女性3選手を下記したいと思います。
(「何故、女性なのか!」と言う突っ込みは無しの方向で。。。(^^; )


●先ず一人目は、『早川英里選手(アミノバイタルAC)』

2003年度の本大会で2回目のフルマラソンながらも、
2時間31分57秒で、見事初優勝!
しかも、31回のホノルルマラソン大会史上、初の日本人選手の優勝!!

昨年2004年度も優勝を期待されていましたが、
給水所か?何処かで、あいにく転倒し胸部を強打!
止む無く、2位に甘んじてしまいましたが、
それでも、自己ベスト樹立!(2時間28分11秒)
ゴール後は胸部が内出血していて青色となり、
表彰式には、車椅子で参加したそうです。。。

更に今年の10月9日アメリカ・シカゴで開催されました
シカゴマラソン!
2時間28分の自己Bestを上回る、25分切りを目指し、
前半から積極的に飛ばし、非常に期待されましたが。。。

やはり、前半の飛ばし過ぎが後半のスタミナを
奪ってしまったのかも知れません。
又、給水所での給水ボトルのキャップも固く締まっていて、
上手く外せず、スペシャルドリンクを飲めなかったのも、
後半、体が動かなくなってしまった要因の一つかも知れません。

ゴール直前では、ここでもやはり転倒してしまい、
ゴール後は、(安堵の気持ちも有ったかも知れませんが)
立ち上がる事が出来ませんでした。
完全なるエネルギー枯渇状態のような感じを受けました。
(2時間28分49秒)

転倒・飛ばし過ぎ・給水トラブルなる経験を経て一回り大きくなり、
早川英里選手は今大会では、また自己Bestを更新してくれる事と思います。

27分46秒を切れば、コーチである中島進さんのBest記録をも上回り、
正しく、“出藍の誉れ”ですね。(^o^)


●2人目は、『小川ミーナ選手(アミノバイタルAC)』

小川ミーナ選手も昨年の本大会で、日本人女性選手2位に入る
2時間38分34秒の好記録で走破しております。

更に、今年の4月18日アメリカ・ボストンで開催されました
ボストンマラソン大会!

先のホノルルでの記録を更に上回る
2時間37分34秒で日本人女性選手トップでゴールッ!!
(早川英里さんは、選手村で発熱の為、欠場)

小川ミーナ選手は、高校卒業後は、
日立製作所女子陸上競技部で慣らした実業団上がりの選手で、
2000年シドニー五輪の代表選手になるか?ならないか?と
注目された選手の一人でしたので、元々、走力は有りました。
(自己ベスト:1998年大阪国際女子マラソンの2時間28分47秒)

しかし、実業団引退後のホノルルは、

 2002年 2時間45分38秒
 2003年 2時間47分34秒

でしたので、市民ランナーとして充実期に入ったか。。。と思いきや
上述しましたように、最近、また走力を付けて来て、
まだまだ発展途上の感がうかがえます。

今夏は毎週末、長野県は蓼科の女神湖畔にて早川英里さんと
合宿を張った噂も聞いていますので、
今回は、35分切りを狙って来るものと思われます。
非常に楽しみです。

余談ですが、
小川ミーナ選手の身長・体重・誕生月日って、
今夏のフィンランド・ヘルシンキ世界選手権女子マラソンで、
日本人トップの総合6位に入賞した
原裕美子選手と全く同じなのですね!(^o^)

ですので、世界大会へ出場したランナーと同じ条件を兼ね備えている
小川ミーナ選手も世界大会出場をまだまだ諦めて欲しくないですね。


●最後になってしまいましたが、
3人目は、『谷川真理選手(アミノバイタルAC)』

1991年の東京国際女子マラソンで見事優勝(2時間31分27秒)し、
市民ランナーの星と注目をされ、
1992年には、バルセロナオリンピック女子マラソンの補欠選手として選ばれました。

そして、ランニングの楽しさ・素晴らしさを一般市民に普及させようと、
現在も尚、華麗に走り続ける現役マラソンランナー。
テレビ・雑誌などにも良く出ていますので、皆さんもご存知かと思われます。

谷川真理選手も毎年ホノルルマラソンへは出走していますが、
ここ数年は2時間50分台での走破!で、
1991年時の記録と比較してしまいますと、
輝かしい記録での走破はしておりません。

その背景には、ハードトレーニングによる左膝痛が原因ともされていました。

しかし、月刊誌ランナーズ2005年10月号37頁の記事によりますと、
「持病の膝痛が快方に向かった。。。」と。

本当か否か疑念を抱いていたところ、
先月11月20日の東京国際女子マラソンで、

「2時間40分46秒!」

と招待された市民の部では、堂々の優勝!
国際の部と合わせても、日本人8位と言う輝かしい戦果!

ですので、今年のホノルルマラソンは、非常に期待が持て、
40分を切って来るのではないか?と言う勢いです。

左膝痛がホント完治したものと思われます。
(良かったですね。(^o^))



纏めてみますと、

  早川 英里選手:2時間27分前後の自己Best樹立!
  小川ミーナ選手:2時間35分前後の市民ランナーとしての自己Best樹立!
  谷川 真理選手:久々の2時間30分台(後半)



以上、「2005 ホノルルマラソン」での注目の日本人女性3選手の
勝手ながらのゴール予測タイム&エラソーなコメントでしたっ!
(熟考してみますと、皆、所属が「アミノバイタルAC」だぁ〜っ!)


あっ!
早川、小川、谷川と来れば、もう一人、“川”が付く人を忘れていました!

芸能界でもマラソン旋風を起こし、最近また俳優の石田純一さんと復縁か!?
と騒がれているモデルの長谷川理恵さん!

長谷川さんの自己Bestは、
やはり本大会での3時間15分36秒(2003年)と
記憶していますので、是非、15分を切って、
国内の国際大会出場権を獲得して頂き、
女性のマラソン人口増大に尚一層貢献して頂きたいと思います。(^o^)

ちなみに、谷川真理さんのマネージャーさんの名前は、
中川さんと言うらしく、ここでも“川”が付く人が居ましたぁ〜っ!(^^;


ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 19:31| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『夢』

今迄、TBを頂いてばかりでしたので、
今回、初めて私からTBさせて頂きました。

箱根駅伝出場を夢見て走る大学生さん〜あつしさん〜のブログサイトです。
大学一年生さんと言う事ですので、まだ10代と思われます。

非常にお若いので、今後の日本学生陸上界をいやいや、
日本陸上長距離界を背負って立つ新進気鋭の長距離ランナーと思われます。

特技がピアノと言う事で、今日も“リズミカル”に
トレーニングを励行されている事と思われます。

今後とも宜しくお願い致します。


     『夢』



posted by らんたろう at 19:04| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | リンク集(ランニング 関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

第59回福岡国際マラソン選手権大会

今年もまた国内最高峰のレース〜福岡国際マラソン〜の日がやって参りました。

いつの日か私も
(緩和された出場資格ではなく)正規の出場資格
(http://www.asahi.com/fukuoka-marathon/information/index.html
を得て、出場してみたいと、虎視眈々と狙っている日々であります。
(無謀な試み!?(^^; )


さて、今大会で私が注目していた国内選手は、下記3人。

1. 5年振りの復活なるか?マラソン元日本記録保持者の『藤田敦史選手(富士通)』

2. 一作年本大会で悲願の優勝を果たし、アテネ五輪代表権を獲得しながらも、
五輪ではその力を存分に発揮出来ず、本大会でそのウップンを晴らすか!?
『国近友昭選手(エスビー食品)』

3. 先月11/20東京国際女子マラソンで見事復活優勝を成し遂げた高橋尚子選手の
練習パートナーを務めていた『藤井 博之選手(ファイテン)』


藤井選手に関しましては、
高橋Qchan(〜日本のTop Runner と言えども、女性ランナー〜)の
練習パートナーと言う事で、
日本男子Top選手並みの練習を充分に積めていないのでは?
と思っていましたが、 何処迄、粘走出来るか楽しみでした。

    ・
    ・
    ・
     
結果、藤田選手の粘走&激走! \(^o^)/

残り5Km位から、
背後霊のようにピタリと藤田選手に付いていたフリオ・レイ選手(スペイン)が、
競技場手前で、藤田選手を交わし猛然と前に出たっ!

3位に落ちた藤田選手は、
残念ながらその差を縮められずにそのまま止む無くゴール!

しかし、日本人選手Topの総合3位!

2時間10分を切る2時間09分43秒で、堂々の復活レース!

だった事と思います。

5年前の本大会〜第54回大会〜で、
当時の日本最高記録で優勝し(2°06′51″)、
今、尚、大会記録として保持している藤田選手!

その後はアテネ五輪出場 → 金メダル獲得を予期されながらも
怪我に泣き、アテネ五輪選考レースのスタートラインにさえも
立てなかった藤田選手!


そんな藤田選手が、今回、

「2時間09分台で日本人Top!の総合3位」なら、

見事な復活レースだったと思います。

北京五輪に向けて、良いスタートが切れた事と思います。
今後の更なるご活躍に期待させて頂きます。

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『石丸怪鳥のムキムキ30分』

ブログを立ち上げた翌々日に、またもや発見されてしまいトラックバックを頂きました。
有り難うございます。
しかし、皆さんどうやって見付け出すのでしょうか?(?_?)
ブログ初心者に取っては不思議な事です。

今後とも宜しくお願い致します。


『石丸怪鳥のムキムキ30分』
posted by らんたろう at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | リンク集(ランニング 関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

『スチャラカランナーの日々』

ブログを立ち上げた翌日に、すかさず発見されてしまいトラックバックを頂きました。
流石!と言った感じです。
有り難うございます。
今後とも宜しくお願い致します。

『スチャラカランナーの日々』


posted by らんたろう at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | リンク集(ランニング 関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール



簡単にプロフィールを記載致しますね。

1.ニックネーム:らんたろう
2.性    別:男 性
3.在 住 地:栃木県
4.年    齢:30代
5.走    歴:15年目(2005.12.1現在)
6.初マラソン:26歳
7.自己ベスト:フルマラソン;2時間38分25秒
          (最近は停滞気味。。。(^^; )
8.   夢   :フル2時間30分を切って、東京国際マラソン出場!
          (欲を言えば、フル2時間26分を切って、
           国内最高峰のレース〜福岡国際マラソン〜出場!(^^; )
9.そ の 他:陸上経験有りません。
         (陸上部に籍を置いて走っていた。。。と言う経験は有りません。)

以上です。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

ブログランキングに参加してまぁ〜す!p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

2005年!早くも残り1ヶ月

12月の師走に入り、
2005年も残す所あと1ヶ月になってしまいました。

本当に月日の流れるのは、早いものです。

この1年を振り返ってみて、皆さんはどう過ごされましたか?
充実した年でしたか?まだまだ遣り残した事がありますか?
そして、ランニングの練習は、充分に積めて来れましたか?

師走の時期に入り日々忙しくなるとは思いますが、
ランニングのシーズンには、持って来いの季節になりましたね。

これから、ランニングの大会が目白押しです。
(国内主要大会を記します。)

 ・福岡国際マラソン(12/4)
 ・全日本実業団対抗女子駅伝(12/18)
 ・防府読売マラソン(12/18)

そして年明け早々、元旦から、

 ・全日本実業団対抗駅伝(1/1)、
 ・東京・箱根間往復大学箱根駅伝(1/2〜3)
     ・
     ・
     ・
と続きます。

皆さんも体調を整えて、照準大会へ向けてベストの状態で望めます事をお祈り致します。

私も1/29の勝田マラソンへ向けて、
トレーニングを再開しようかな(?)と思っている所です。(^^;



ブログランキングに参加してまぁ〜す! p(^o^)q がんばるんば
posted by らんたろう at 14:31| Comment(1) | TrackBack(2) | ジ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。